「ほっ」と。キャンペーン
Blogも引っ越しました。
みなさまこんにちは、小松りんでございます。
Blogもゆっくりと引っ越し、現在Bloggerで「表参道Journal second.」を細々と書いております。

ご興味ありましたらご覧くださいませ。
[PR]
# by rinkomatsu | 2011-10-27 11:52 | 日々の生活。
自立への道。
お久しぶりです、小松りんです。
しばらくご無沙汰しておりましたが、みなさまいかがお過ごしでしょうか。

わたくしはこの度、10年一緒に住んでいた彼の家を出て、初めて1人暮らしをすることとなりました。つまり「自立」です。
10年も生活を共にした人とお別れするのは、婚姻関係を結んでいなくても「離婚」のような感じがいたします。

常に人の気配がしていた家から、1人+猫の生活に。
当然さびしいこともあるでしょう。もちろん楽しいこともあるでしょう。
いろんな自分の感情の変化を記しておきたい、と思ったのでまたブログを再開することにしました。
「小松りん自立日記」です。

自分のための、自分の日記。
ブログを持っていたことで、たくさんの素敵な方々と知り合うことが出来ました。自分のための媒体ですが、ここからまた新たなご縁ができればとってもうれしいです。

今日は新月。
今日から新たに始めたことは上達、お願いごとは叶いやすいと言われる日。
素敵な一日となりますように。
[PR]
# by rinkomatsu | 2011-06-02 08:24 | 日々の生活。
恋?
今日の音。「REM」 "Loosing My Religion"

どきどき。
「心臓おかしいのかな?」と思ってしまうような鼓動を最近感じていなかった。

その鼓動がひとたび起きると、景色が変わって見えたり、ものの見方がポジティブになったり。
そして、ある1人の人に対しての感情が変わったことに気づく。
それを恋と呼ぶのだろうけれど。

ずいぶん前から知っている男友達とまる1日一緒に出かけたら、気づいていたのだけれどちゃんと認識していなかったやさしさなどに触れ、妙にどきどきしてしまった。
「男の人」なんだな、と、当たり前のことに今更納得(苦笑)。

メイルの返信がなかったりすると「忙しいのかな」なんて気になる始末。
こ、恋なのでしょうか。
どうしたんだ、わたし。。
[PR]
# by rinkomatsu | 2010-08-15 01:15 | 日々の生活。
サマソニ。
今日の音。「Stevie Wonder」 "If you really love me"

1つは楽器演奏を習得しなければならないという家訓がある小松家。
物心ついた時、わたしの1番身近にあった楽器はハーモニカだった。
もう覚えていないほど小さい時から聴いていた、スティービー・ワンダー。
4歳の時「この人に弟子入りしたい」と真剣に考え、手紙を書こうとしたのだけれど妙に現実的な母親に「世界的に有名な人が凛からの手紙なんて読むわけがない」と言われて、なんだかとてもショックを受け、ずっとファンでいたけれどもただ、それだけだったスティービー。
ライブにも、コンサートにも行かず、ただファンだっただけのわたし。

「知識よりも体験」と昔お付き合いしていた男性に言われたことをふと思い出し、今年初めてサマーソニックに参戦してみた。

観たかったのは、「30 Second to Mars」とスティービー・ワンダー。
30STMのステージは通訳としてお客さんをステージに上げちゃったり、自分から客席に飛び込んで行ったりとかなりやんちゃなものだったけれど、とっても楽しかった。

スティービーのステージは、20分くらい遅れて始まったのだけれど「そんなの問題じゃないよ」というくらいのステージだった。
あんなに簡単に、心の琴線に触れることのできる声、音は、どんな心から生み出されるのだろう。

気持ちいい風が吹くほぼ満席の球場、素敵な音。
ほぼ真正面で音を受け止めることができて、とても幸せだった。
目をつぶって深呼吸。
1つ年を取る前日に、彼と同じ空間でその歌声を聴くことができて、本当によかった。

サマソニ参加アーティストのみなさん、スタッフのみなさん、そして同じ場にいたみなさん。
ありがとう!楽しかったです。

幸せな理由はもう1つあるのだけれど、それは今度。。えへ。
[PR]
# by rinkomatsu | 2010-08-12 02:45 | 日々の生活。
モノより心にぜいたくを。
今日の音。「植村 花菜」 "トイレの神様"

ファストファッションが街を席巻し、「不況」「株価低迷」の文字が出版物のタイトルに躍る近頃。
ちょっと前まで女性誌を飾っていたのは「セレブ」「リュクス」などの文字。
わたしの印象では、ブランド物をたくさん持ち、素敵なレストランにごはんに行く外資系女子、未婚。みたいな人が「かっこいい」ともてはやされていた気がするのだけれど、
今や「シック」だの「上品」などの文字が目に付く。「Vogue」や「Precious」などはまだまだいけいけどんどんな感じだけれど、それでも変化が見受けられる。

お金があっても、品や人間性は買うことができない。
いわゆる「成金さん」が増え、素敵なお洋服を着ているのに幸せそうでないお顔立ちの人が多くなった。
やっぱり、家族やパートナー、ペットなど、誰かを愛したり愛されている人は本当に素敵な表情をしていると思う。
会社でいくら成功していても、家に帰って1人になれば、ただの人。
そこに自分をまるっと愛してくれる存在がいなければ、かなしいんじゃないかしら。


いくらBergdorfで好きなだけお洋服や靴が買えても日常が乾いている人より、なんでもない日常が充実していて、それを大事にしているほうが素敵だな、と思った。
モノより心にぜいたくを。
そんなことを、考えました。

そんなことを思っているわたしが最近はまっていることは、
1. ベランダ菜園のお手入れ
2. うちの上に巣を作ったすずめたちにお水を毎日あげること

でございます(笑)。
[PR]
# by rinkomatsu | 2010-07-29 01:40 | 日々の生活。
WWF.
毎月寄付しているWWF。この間ブログパーツを頂いたので、貼り付けようとしてみたら、exciteには貼れないらしい…。

○green safari
http://greensafari.wwf.or.jp/

なんでも、exciteで許可しているブログパーツは6こらしい。
少なくないかしらん。。

一時アクセス解析のninja toolsも動かなくなっていたexcite。
ちょっと使い勝手が悪いかも。
引越しを検討中。
どこがいいのかな。
[PR]
# by rinkomatsu | 2010-07-25 19:34 | コメント・リンクについて。
photo reading.
職業柄、プレスリリースを読んだり資料を読まなくてはいけないことが多く、読むのが速めなわたしは助かっていたのだけれど、なにぶんその数が多く
「あんまり内容を覚えていないかも…」という危機感に駆られたのと、勉強にいかせるかも、と思い受講したのがフォトリーディング。

その頃ネットでは「NASAの調査で意味がないと言われたらしい」とか、「眉つばもの」といわれていたのだけれど、NASAの件はwebでさっと調べ、発表された論文がNASA公式のものではないこと、また、その論文に公式インストラクターの名前が掲載されていないことなどから、あまり信憑性はないと判断。
(ちなみに論文サイト http://csep.psyc.memphis.edu/McNamara/pdf/photoreadingpaper.pdf)
「眉つば」は、試したことのある人による意見ではなかったので、今回は参考にせず。

情報収集をした後フォトリーディングのサイトを見ると、残席があったので申し込んだ。
結果。10万円はちょっと高いけれど、わたしの役には立っている。

役に立っているという理由は、
拾い読みで効率よく知りたい単語を拾えるところ、何度も目に通すため、むずかしい論文などでもあまり抵抗感なく読めるところ。そして、マインドマップ拒否反応がなければ、そちらに落とし込め、記憶力upにつながるところ。

最近またフォトリーディングに関して「効果あるの?」という声が多く。。
向き、不向きがあると思います。

いろいろな速読があり、わたしは目を動かすタイプの速読をやってみたけれど、目が疲れてしまい、わたしには合わなかったよう。
目で見たものを忘れにくいタイプの人は、フォトリーディングに向いていると思う。

受講してから読んだ本は、5ヶ月で100冊ほど。
テキストなどを含めれば、もっと多い。
試験勉強を挟んだりしていたけれど、前よりもたくさん本を読むようになり、本屋さんによく行くようになった。
これはうれしい変化。

ただ、ぱらぱらページをめくっていく「フォトリーディング」過程は、書見台などを使ってもページが長いとちょっとつらい(苦笑)。
それを加味しても、授業などで理解度upを感じているので、受講してよかったと思っている。
[PR]
# by rinkomatsu | 2010-07-23 17:37 | 素晴らしいもの。
疑問。
久々TVを見ていて思ったのだけれど、今度始まるらしい「GM~踊れドクター」って、米ドラマ「Dr. House」にコンセプトが酷似していないかしら…。
観ていないからわからないけれど、今公開されている情報によると、

asahi.comより

QT「ドラマも、文字通り「総合的に」患者と向き合い、病名を突き止めるまでのプロセスを丹念に追う。演じるのも医師というより、まるで探偵のような医療ミステリーだ」

一方、Dr. House(wikipedia)

QT「診断医としての評価は高いが一匹狼で捻くれ者のハウスとそのチームが、他の医師が解明出来なかった病の原因をそれぞれ専門分野の能力や個性を生かして突き止めていく姿を描く医療ドラマ。」とある。

しかしDr. Houseは観た人はわかる通り患者さんの病名や原因がわからず、医師たちが力を併せて
解明していく「医療ミステリー」と言ってもいい内容。


Houseファンからすると「似すぎじゃあない?」と思ってしまうな。。。

*Houseは通常踊りません(笑)
[PR]
# by rinkomatsu | 2010-07-18 01:59 | 日々の生活。
no music, no life.
軽くお酒を飲んで、おいしいご飯を食べて。星が見える夜遊びにぴったりな夜、「明日もあることだし」と大人な選択で帰宅し、本を読みつつ音楽を聴いていたら、いろんな気持ちを喚起させる曲が。

今日の「曲」たちは、U2の「Where the street have no name」とAlicia Keysの「Try Sleeping With A Broken Heart」。

最近クラシックばかりで歌詞のある音楽を聴いていなかったのだけれど、自分の好きな曲というのは歌詞にも大きな意味があって、その時々でいろいろなことを思い起こさせてくれる。

この3年くらい、New Yorkに行ってないな、とか、自分は小さいなあ、とか、あの時好きだった人は元気かな、など、一貫性のない考えがあふれる。
考えたって、どうしようもないことも。

思えばこういうふうにぼけっと自分の思考に目を向けること、久しぶりで。
自分が何を感じて、何を考え、何に向かっているかをきちんとつかまえないと進む方向がぶれてしまうんだろうな。

なんて、あたりまえのことを思った。
[PR]
# by rinkomatsu | 2010-07-13 01:49 | 日々の生活。
日本版ボートマッチ。
今日の音。「Herbert Von Karajan」 "Beethoven: 9 Symphonien (Disc5)"

明日(本日)の選挙、どの党に入れようかしら、と今更ネットでお勉強していた非国民のわたしに驚きなサイトが!

日本版ボートマッチ

これは「日本版ボートマッチはあなたの政治的立場や意見に最も近い政党を知ることができる投票支援ツールです。政治的、社会的に重要な25の争点についてご意見をお尋ねします」というもの。

早速やってみたら、びっくりの結果に。
え、わたし、そうなの…?

お試しされると楽しいかもです。
[PR]
# by rinkomatsu | 2010-07-11 01:51 | 面白いもの。