世田谷連続猫虐待について。
試験は9日なのですが、またニュースで見て悲しくなったのでup。

○毎日jpより。4/27のもの。

猫虐待:相次ぐ 現場見たら110番! 警視庁、愛護法違反容疑で調査 /東京

 世田谷区や八王子市で、刃物で切られて傷を負うなど、虐待を受けた猫が相次いで見つかった。動物愛護団体が保護して分かった。警視庁は動物愛護法違反容疑で調べているほか、動物保護団体は「虐待の現場を見たらすぐに110番してほしい」と呼び掛けている。

 世田谷区中町では21日ごろ、背中がただれた野良猫1匹が保護された。同区では昨年春から断続的に、薬品や熱湯をかけられたように皮膚がただれた猫が見つかっている。

 同区のNPO法人「ねこの代理人たち」の中村光子さん(53)は「傷をつけられた後では犯人を見つけることが難しいので、虐待を見つけたらすぐに警察に知らせてほしい」と話している。
------------------------------------------------

八王子も先日ニュースになっていましたが、世田谷は次々猫が被害に遭っているようで(涙)。
ネットで調べたら、どうやら玉○警察や上○毛交番の方は一般市民から見ると、あまり積極的に動いてくれている様子ではないよう。
日本にはSPCA(動物警察)がないもんね…。


猫が被害に遭っている地区の住民の方は、こわくないのかしら。
動物好きの人には知られている「動物虐待は凶悪とつながっている」という事実。
凶悪犯罪者として収監されている人の犯罪歴を見てみると、犬、猫、うさぎなどの小動物を虐待し、それから人という段階を踏んでいっていることが多い。

訳す時間はないので、動物虐待と犯罪の相関を表す調査結果、論文サイトを貼り付け。

○PETA←けっこう過激な活動で知られる動物愛護団体。
動物虐待と虐待。
http://www.peta.org/mc/factsheet_display.asp?ID=132

○suite101.com
動物虐待と人の犯罪
http://www.suite101.com/article.cfm/animal_cruelty/13995


日本語サイトは以下。
○地球生物会議ALIVEサイトより引用
http://www.alive-net.net/world-news/wn-pet/85-2.html

アメリカのある研究では、動物虐待で有罪宣告を受けたことのある153人の若者の70%は、他者への暴力を含め、動物虐待以外に、少なくともひとつの犯罪歴があることを示しており、これらの若者は、財産関連や麻薬関連の犯罪に関わる率が高かった。
------------------------------------------

と。ALIVEのサイトのものは、凶悪犯罪にまで言及したものではないけれど、英語のものはエド・ケンパーというシリアルキラーなどにも焦点をあてているので、お時間があればご覧下さい。

これらの調査結果や論文から見ると、猫を虐待している犯人は凶悪犯罪者予備軍ともいえる。
猫が被害に遭っている地域は、予備軍である虐待犯が出入り・もしくは生活している地域ということになる。
それって、こわい。

わたしだったら町内会でパトロールしたりと、地域で何か始めたい。
もし猫被害地区の町内会の方が行動を起こされていたら、お手伝いしたい。


30分も熱くタイピングしてしまいましたが、試験が一段落したら被害に遭っている猫を保護されているNPO法人「ねこの代理人たち」さんへ何か協力できることはないか連絡してみよう、と思っている。

早くにゃんこ、そして地域の方が安心してにこにこ生活できるようになりますように。
[PR]
by rinkomatsu | 2010-05-05 22:45 | 動物愛護。
<< ボランティア。 ホテルにかんづめ。 >>