ターミナル試写会。(THE TERMINAL)
今日のゲーム。「ドラゴンクエストⅧ」

『ターミナル』の試写会に行った。
うるんだ目のトム・ハンスクが街やテレビに溢れている、あれである。
嫌味なアメリカ人の彼は「あれ、アメリカじゃあんまり流行んなかったんだよね」とぼそり。
「お前は何でもアメリカと比べすぎだ! 嫌われるぞ」と心の中で叫びながら「情報通ですこと」と言ってやったのだが聞いていなかった。

さて。
映画であるが、飛行機&空港好きのわたしには楽しかった。
ゼタ=ジョーンズも可愛いし。(ただアップになるとあんまり可愛くなかったりした。何故だ)
設定はJFKなのだが、全然違う。が、New Yorkerはピュアな人好きで、それが映画にも反映されていて、第二の故郷はNew Yorkだと思っているわたしはにこにこしながら観てしまった。(一応空港に勤める人たちをNew Yorkerだという前提で。そうでない人もいるけどその街で生活してゆくとその街に合った人になってゆくと思うので)「ハートフルな映画」と言われているが、それは本当。だけれどゼタ=ジョーンズとのことで納得行かないことがあり、そこだけ残念。
主人公が段々英語がうまくなっていくところや、見知らぬ人には冷たい空港で機械的に働くアメリカ人が彼の行動を目の当たりにして心を溶かしてゆくところなどは可愛い。そう、可愛らしい映画なのだ。

最近寝れば悪夢ばかり見て、生理も始まり(男性の方ごめんなさい。でも女の子ならわかるこのため息)頭痛もするし胃潰瘍は治らないし、不調なこの頃のわたしにちょっとほっとさせてくれた映画であった。
彼の「約束」が何なのかはあまり問題ではなく、人間模様が面白いので、ぼうっと観ていても大丈夫。Jazz好きの人はにやっとしちゃうけど。


ああ、今も眠いのに眠れない。
引っ越したいのにいろいろあってまだ物件も見ていない。
喪服に『JIL SANDER』の黒いスーツを買ってしまってお金もない。
段々落ち込んでしまう。
また『バッチフラワーレメディ』買いに行こうかなあ。

メイルなどでも「興味あります」との声が多かったレメディ、サイトを載せます。
レメディを発明したバッチ博士のセンターのサイト。
ここが日本の。
表参道では、『ナチュラルハウス』の化粧品コーナー(入り口を背にして左側の奥)にあります。簡単なパンフレットもあり。東急ハンズ各店にもあるそうなので、どうぞ。
ペットに応用するための本はこちら。

医学の薬では治せない部分を、上手に自然の力で補っていって、自然に微笑がある生活を送ってゆきたい。
[PR]
by rinkomatsu | 2004-12-09 03:31 | 日々の生活。
<< 六本木ヒルズのオフィス。 いらいら→まあいいか、の日。 >>