六本木ヒルズのオフィス。
今日の映画。「レディキラーズ」

お友だちのまさえさんがお誕生日だったので、驚かしにプレゼントを持って六本木ヒルズのオフィスに行った。(ちなみにblogトップの写真はうちから見た景色。右側は六本木ヒルズです。朝焼けの図。)
忙しくて死にそうになっている彼女のオフィスが移る前に1度『桃林堂』の小鯛焼きを持っていって以来。(むちゃくちゃ喜んでくれた)

ビジネス系物書きになったお客さんが六本木ヒルズの上に貸しオフィス(と言っても1坪くらいの区切られたスペースと共有部分に大きなソファなどがあるとこ。見得っぱりか人に知られず仕事したいか六本木ヒルズにオフィスを持っていてサブオフィスとして使いたい人くらいしか借りないと思うとこ)を構え(自慢してた。そういう輩なのだ彼は)、「小松遊びに来いよ」と言われたので訪れて以来。だが本当のオフィスは初体験。

あそこは複雑だ…。
偶数階と奇数階で乗るエレベーター違うのね…。
受付のお姉さんに「○○に行きたいんですが」と告げると、「○○は別の受付になりますので」と道を教えてもらった。

てくてく歩いて行って受付を見つけ、お姉さんに「○○部のまさえさんにお会いしたいんですが」(ちゃんと名前言ったけど)と告げるとにこやかに電話してくれ、visitorカードと「エレベーターを降りられましたら電話がありますのでこの番号を押してください。本人につながります」番号のポストイットを貰い、エレベーターへ。

なにやら2基あるらしく、バランスをとるためか止まる。
「下かご上昇中です」だか妙な日本語が画面に映り、度々止まる。
やっと目的の階につき、電話しようと電話機に向かうと
「小松さんじゃありませんか?」
と声をかけられ、こんなところで日本語、誰だ? と思ったらまさえさんだった。

某証券会社専用のカフェに行こうということになったのだが、中を見たいわたし。嬉しそうにきょろきょろしていたら「入って待ってて」と言われ。
みーんな『アーロンチェア』だ。金持ち。こういう人達がここの証券会社で働いてるのね、と見ていたらTシャツにジーンズ、へび革の靴でにこにこしているわたしはやっぱり奇異だったようで、みんなが見ていた。
「上司が会議室使っていいよって言ってるから、中で話そうか」
と嬉しい展開に。ホットチョコレートをおごってもらい、彼女の上司に挨拶をし会議室へ。
六本木ヒルズの高層階はやっぱり景色が綺麗。
New Yorkに行った時、某投資顧問のオフィスに行ったのだが、そこの会議室でもヒトデみたいなマイク(証券会社の人だったらわかると思う)があり、sell side独特の雰囲気の会議室。
「みんなが“おお”とか言って、ふと見るとすっごく夕焼けが綺麗だったりするんだけど、わたしは全然堪能してないんだよね」
という彼女。偉い人なのでむちゃくちゃ忙しく、最近体調を崩し気味なので『AVEDA』のスパチケットをあげた。

ちょっと話して、彼女は仕事へ、わたしは下へ。
しかし出る場所を間違え締め出されてしまい、他の会社の人にこっそり付いてロビーへ。
某証券会社専用受付へ戻ったのだが警備員の人に「ここは警備が違いますので次回からは専用出口でお願いします」とやんわり咎められ、受付のお姉さんは自動改札みたいなとこにつっかかって入るのに難儀し、帰りもまたやらかしてしまったわたしを温かく迎えてくれた。

『tsutaya』でビデオ借りて帰ろうと歩き出すと、彼から電話。
某証券会社のオフィスに入って会議室でお茶したぞ、と話すと大笑いして「君はfield tripに行ったみたいな感じなのね」と言われた。確かにそう。わたしは会社のオフィスに入るの大好き。
博報堂にも電通にも入ったし、Bloomberg、彼が前にいた証券会社、今の彼のオフィス、New Yorkの某投資顧問にも遊びに行った。(わたしは遊びに行ったのだが彼は仕事しに行った)
出版社は結構入っているけれど、みんな似てる。証券会社や代理店は、それぞれ雰囲気が違って楽しい。
「証券会社の人じゃないのにブローカーとかトレーダーとかたくさん知ってて結構オフィスに入ったことある女の子って君ぐらいだと思う…。それに楽しそうだし」と彼。
今度は是非Deutsche(ドイチェ。ドイツ銀行)に行ってみたい。
この間開かれたドイチェのパーティにもぐりこもうかと思ったのだが、関係者のみだったらしいので泣く泣く断念。そこまでしてなぜ行きたいかというと。

噂では、すごい「魔女」がいるのだ。
40歳くらいなのだけど、どう見たって200歳くらいらしい。(イメージでは、宮崎駿氏のアニメに出てくるおばあちゃんって感じ)この間彼の大学の先輩でドイチェの人に会って
「魔女がいるって本当?」
と聞いたら「魔女っていうか…。確かに40歳には見えないねえ」としみじみ言っていた。見たい。(結構証券会社からのアクセスがあるのにこんなこと書いていいのだろうか…。ドイチェからのアクセスもあり。「魔女」情報求む。是非会って話してみたい。ご迷惑はおかけしません。静かにしてます)

普通にお仕事されてる方は、オフィスに行ってきゃあきゃあにこにこしているわたしを冷めた目で見るであろう。でも楽しいのだ。
もっと色んな会社に行ってみたいぜ。
[PR]
by rinkomatsu | 2004-12-09 19:47 | 日々の生活。
<< 気が付けば。 ターミナル試写会。(THE T... >>