サマソニ。
今日の音。「Stevie Wonder」 "If you really love me"

1つは楽器演奏を習得しなければならないという家訓がある小松家。
物心ついた時、わたしの1番身近にあった楽器はハーモニカだった。
もう覚えていないほど小さい時から聴いていた、スティービー・ワンダー。
4歳の時「この人に弟子入りしたい」と真剣に考え、手紙を書こうとしたのだけれど妙に現実的な母親に「世界的に有名な人が凛からの手紙なんて読むわけがない」と言われて、なんだかとてもショックを受け、ずっとファンでいたけれどもただ、それだけだったスティービー。
ライブにも、コンサートにも行かず、ただファンだっただけのわたし。

「知識よりも体験」と昔お付き合いしていた男性に言われたことをふと思い出し、今年初めてサマーソニックに参戦してみた。

観たかったのは、「30 Second to Mars」とスティービー・ワンダー。
30STMのステージは通訳としてお客さんをステージに上げちゃったり、自分から客席に飛び込んで行ったりとかなりやんちゃなものだったけれど、とっても楽しかった。

スティービーのステージは、20分くらい遅れて始まったのだけれど「そんなの問題じゃないよ」というくらいのステージだった。
あんなに簡単に、心の琴線に触れることのできる声、音は、どんな心から生み出されるのだろう。

気持ちいい風が吹くほぼ満席の球場、素敵な音。
ほぼ真正面で音を受け止めることができて、とても幸せだった。
目をつぶって深呼吸。
1つ年を取る前日に、彼と同じ空間でその歌声を聴くことができて、本当によかった。

サマソニ参加アーティストのみなさん、スタッフのみなさん、そして同じ場にいたみなさん。
ありがとう!楽しかったです。

幸せな理由はもう1つあるのだけれど、それは今度。。えへ。
[PR]
by rinkomatsu | 2010-08-12 02:45 | 日々の生活。
<< 恋? モノより心にぜいたくを。 >>