ひさびさの銀座。
今日の音。「Keri Noble」 “Talk To Me”

久しぶりに、銀座に行った。
並木通りのドイツ系飲み屋がつぶれていたり、わたしのボスが通っていた焼き鳥屋さんがなくなっていたりとだいぶ変わっていた。ZARAも出来てるし。
わたしの好きな盆栽屋『森前』や、超老舗バー『M』はまだ健在みたい。

中央通りをうろうろしていたら、「すみませーん」と声をかけられた。
前に回りこんだ人物は、テレビ局の人。
「肌年齢測定やってるんです」
それならデパート行ってSK-Ⅱででもやってもらいますが、と言おうとしたら
「お時間ありませんか? ね? ね? いいじゃないですかー。時間ありますよね」

わたしはテレビ局の輩の「テレビに出られるんだからいいじゃん」的態度が大嫌いだ。
報道番組の取材をされた時も「テレビは困ります」って言ってるのにいきなりカメラが来て質問された。「困るって言ってますよね?」と怒っても「はい、回ってますからよろしく」。厚顔無恥。
今回の人もそうで、断っているのに「肌年齢若そうじゃないですか、大丈夫そうですよー」と妙につなぐ。もしや、と思ったらもう後ろからカメラが。
「テレビは本当に困るので。事務所通してください」(もう辞めてるけど)と言うとカメラの人や他のスタッフ群が「事務所ってなんだ?」とざわざわ。
テレビ関係ならわかるだろ白痴め。と言いかかったのだが「本当に困りますから」と逃げた。
テレビ東京だか朝日の、みのもんたが司会の番組らしい。
誰も彼もが喜んで出ると思ったら大間違いだっつーの。お茶の間では「あー、やっぱりねえ。この人老けてるわあ」とか「えー、こんなに肌年齢若いかしらあ、この人」とか言ってるはず。わたしは進んで笑いものになりたくない。あんまりテレビ見ないし、出ても嬉しくないし。
ただこの5分間くらいの間に、周りに人がたくさん寄って来た事がすごい。
若い人から年配の人、おばちゃんまでぐるっと普通の人が「あら、何かやってる」と見に来たのだ。テレビの力、恐るべし。
コートを脱いで、ノースリーブニットで歩いていたからであろうか。「寒くないですか?」と道行く人に聞かれたりもした。目立ったのかしら。

その後も道を聞かれたりどう見たって銀座の時の他の女の子の担当だったお客さんがナンパしてきたり。
ゆっくり銀座をぶらぶらしたかったのだが、『BARNEYS NEWYORK』と『EPOCA』を見て終わってしまった。欲しいものがあったのに、お店の人はお客さんと話しっきりで買えなかったし。また行かねば。

『森前』の写真とか撮りたかったのだがカメラを忘れてしまった。
写真日記じゃなくなってる、と反省。
[PR]
by rinkomatsu | 2004-12-14 03:18 | 日々の生活。
<< おとこのひと。 ポブイユ。Pot Bouille >>