人種差別。

物件探し中のわたしたち。
友人の住む有名外人アパートを管理する会社に電話をかけた。
友人から聞いた、住みたいと考えているので内覧したい、と言うと
「日本人ですよね」と担当者の女。(すごく横柄なの)
「彼は外国人です」
「それなら…。予算はおいくらですか? 会社はどちら?」
質問攻め。初めての経験に、ちょっとこの人じゃ駄目かもしれない、と思いつつ質問に答える。
「会社の最終日でいろいろあって遅くなるかもしれません。16:15でいかかでしょう。あ、彼のお名前は?」
名前を告げた途端、「オーナーに確認してみます」
と言って1時間電話がなかった。

彼の国籍はアメリカ人で、アメリカの税金と日本の税金を払っている。(日本に居ても、アメリカの税金は払わないといけないのだ)外人登録証も持っている、法的に認められた外国人である。
が、名前が「日本名 洗礼名(英語) 日本名」なのだ。

やっぱり彼が英語で問い合わせた方が良かった、と思い彼に電話。
担当者から「以前日本人に貸してトラブルがあったのでオーナーが貸したくないと言っている」と言われたそうな。(英語で)「僕は日本人じゃない、アメリカ人だ。法人契約だしアメリカ人、お金も安定している。条件は満たしているはずだ。何が駄目なのか」
「名前が…」
「それは人種差別じゃないのか。オーナーは誰だ」
「言えません」
「名前だけで書類も見ずに却下ってなんなんだ。人種差別だ! こんな屈辱受けたことないぞ。人種差別だろう」
「言えません」

の繰り返しだったそうだ。
日本人が駄目、ならば。友達の奥さん2人以上日本人、住んでるんですけど…。


明日、わたしは担当者に会う。

多分、オーナーは日本人。結構いるらしい、外人好きの日本人で不動産オーナー。しかも堅物。
登記簿見ればわかるんだし、もしわからなかったら不動産会社の友達に聞いて本人にアクセスしようと思う。
彼は本当に怒っている。
法的にアメリカ人なのに駄目ってすごい。法人契約なのに。

わたしは物書きだ。ペンは剣より強い。
そして彼は証券業界での有名人で友達も多い。そのコミュニティの口コミを使って糾弾するそうだ。
きちんとした答えが彼らから出ない場合、法的な処置も考えている。
[PR]
by rinkomatsu | 2004-12-28 01:45 | 日々の生活。
<< snowing! 引越し。 >>