なにゆえ日本人でも一定時間外国で過ごすと汗っかきになるのか。(男の人の場合)

意外に反響が大きかった「何故一定時間外国で過ごすと男性は汗っかきになるのか」であるが、たとえ血は日本人でも、海外で生まれ育った人(帰国子女を除く)はほとんど汗っかきである。

わたしの彼(血は日本人だが国籍はアメリカ人)も例外ではなく、こんなに寒い冬なのに、ハロゲンヒーターをつけセーターを着、分厚い靴下を履いているわたしを尻目に、彼はぱんつで家を歩き回っていたりする。(わたしは冷え性ではありません。比較的暑がりです)

帰国子女の場合、何故か彼らは汗っかきではない。5年くらいじゃ駄目なのだろうか。
ちなみにわたしの彼の場合はアメリカの教育を受け、アメリカの大学を出、アメリカで就職したら「日本語喋れるんだね」と日本に送られてしまった人。
「僕ずっとアメリカにいるつもりだった」そうな。
彼は22年間アメリカにいた。それくらいの月日を経ないと、汗っかきにはなれないのだろうか。

友人達を見てみると。
韓国系アメリカ人も、汗っかき。
イギリス・フランスで育ったアイルランド人も、汗っかき。
ニュージーランド出身の子も、汗っかき。
オーストラリア出身の人も、汗っかき。
あ、シカゴの人は汗っかきではないな。ボストンも。

寒いところで育った人は、日本の寒さがそこに比べゆるいせいか、冬でもあまり厚着をしない。日本人から見れば「何でこの寒いのにコートとシャツだけなの?」な着こなしで参上したりする。

これから鑑みると、寒い地域は除き、外国で一定時間以上そこで過ごした帰国子女以外の男の人は汗っかきになる、ということになる。
ので、寒い地域で一定時間以上過ごした他国の血をひく人を除いて考えてみたい。

わたしの疑問は、血的に言えば他国人なのに、一定時間以上そこで過ごすと体質も変わってしまうのだろうか、ということである。
例えば、彼の場合、お肌もすべすべなもち肌で日本人の血を感じるのだが、汗の量ははんぱではない。お酒も強いし(標準的なアメリカ人よりも強い)よく食べる。身体も日本人標準よりも、かなり大きい。(平均的なアメリカ人よりも大きいかも)

外国出身で汗っかきというのは理解できるのだが、血は他国人なのにその土地の人みたいなくらしをしているとそこの土地の人の体質になってしまうのか?

また、外国の血が混じっていると、汗っかきになるのだろうか。
わたしは一昨年の冬(暖冬でした)はTシャツとコートで、暑くなるとTシャツだけで歩いていた。女の子にしては暑がりである。が、日本育ちで顔も日本人が見ると「そう言われれば、そうだね」らしいが外国人が見ると「どこの出身? 何人?」と言われる。
納豆も好きだがギネスも好き。シェパードパイやガンボらぶな人間だ。食だけ見ると、何人かわからない。

論点が変になってきてしまったが。

・血は日本人でアメリカで、アメリカ人として育ったりと、血的には他国人でもそこの土地で現地人として生活しているとそこの土地の人と同じような体質になるのか。
そしてそれは食べ物が原因?
また、上記の条件で過ごした女子は、男子に比べ汗っかきではないのは?

・何故帰国子女は違うのだろうか。
時間の問題?

・外国の血が入っていると、汗っかきになる?

以上の疑問を持っている。


ドラミを病院へ連れて行く時間なので、コメントなどは後でお返事します!
[PR]
by rinkomatsu | 2005-01-15 13:33 | 日々の生活。
<< 無事抜糸終了。が。 外国人と付き合うということ。 >>