のんびりドラミ。
今日の音。「COLD BLOOD」 “I JUST WANT TO MAKE LOVE TO YOU”

昨日やっと杖を買った。
彼は「pimp stickがいいなあ」と伊勢丹メンズ館で持ち手が純銀で出来た15万の杖を手に取り、『クロムハーツ』とかで買いたい、と言っていたが、これから引っ越す身。たかが3週間くらい持つものだからいいの! と安い杖を買った。が。
「やっぱりpimp stickのほうがかっこいいなあ」と言うと
「そうでしょそうでしょ。いいよ買っても。僕も買おう」とのりのりの彼。
pimp stickとは、売春婦を統括している人(大抵黒人)が持っているデコラティブで高そうなステッキのこと。ミュージシャンでは、『エアロスミス』のギタリストが持っているらしい。(彼情報)
ただ、pimp stickと彼が呼ぶ素敵な杖は、去年盗まれてしまった『Paul Stuart』のマホガニーと銀色の柄の傘に似ているのだ。

ちょっとソーシャルイベントが多いので、銀座『タカゲン』で良い杖でも買おうかと思っている。

さて。ドラミであるが、昨日の朝服を脱いで、ブラシをかけ開放してあげた。
もうずうっと毛づくろいをし、夜になったらばたばた駆け回り嬉しそう。
先生は「体格もしっかりして、落ち着いた性格になりますよ」と言っていたがドラミには当てはまらなさそう。おてんば姫復活で、服を着ていた時にチェックできなかった場所に侵入、きちんとチェックしていた。今は窓際で毛づくろい。
b0012979_1235377.jpg

b0012979_12353673.jpg

↑なんだか「病後」みたいな写真になってしまったが、ドラミはとっても元気。
あまり傷跡も気にしていないみたいだし、手術は上手に終わった、ということであろう。
あとはストレスのない生活を送ってもらうようにして、コロナウィルス値が上がらないように気をつけるだけである。

みなさま、ご心配ありがとうございました。ドラミ元気に復活です。
[PR]
by rinkomatsu | 2005-01-17 12:40 | 猫。
<< 表参道物件。 無事抜糸終了。が。 >>