靴修理について。
今日の音。「Sade」 “By Your Side”

『グランピエ』の隣にある『Union Works』にマノロを出したわたし。
あれから何も書かなかったが、ひどいのだ。

わたしのマノロはややポインテッドトゥ。
後ろにひも(というのか?)がついている、パンプスであるがポインテッドのところに折り目が薄く入り、靴自体も内側へ湾曲していた。

受け取る際「一体これは」と絶句してしまったわたし。
あれだけ確認したのに、これってないだろう。
「何度もマノロ扱ってます」と誇らしげに言っていたお兄さん。これ、アメリカだったらお金返してもらえるよ? 真っ青になって彼を見ると、もう作業に戻っていた。最悪。
今月の、おじさんwanna be セレブマガジン『Brio』にここのことが書かれていて「とても良い」と評されていたが、笑っちゃうね。さすがBrioさん。
「職人になりたい」という括りで同じ特集ページに出ていたクリーニングのお店は『Donna Karan』のお姉さんに紹介してもらい、スパンコールのニットも出せ、信用出来るが『Union Works』は良くない。
少なくとも女性靴に関しては。

靴フェチの彼に「見てよこれ、ひどいよね」と靴を見せると、「すっごく下手だね、これはすごい」としげしげ見ていた。
靴修理、靴を曲げて修理するなら誰にでも出来るよ。
出してもらったままの、履きなれた状態からとても履きづらく、気に入らない折れ目までついてしまったわたしのマノロ。
以前書いた、スパイラルの手前の『靴修理 鈴木』さんはまだお店を開けていない。
まだ修理して欲しい靴があるので、今度は『銀座ワシントン』に出そうと思っている。

同じく靴フェチの父にそれを話すと「買ったところで出すのが一番いいんだけどね」と。
マノロ日本にお店ないんだってば。

表参道近辺で靴を修理したい方、早目を望むなら渋谷西武の下しかないです。
早さに適した仕上がりですが。
『Union Works』はひどい。もう絶対出さない。
あまりのひどさに写真を撮ったが、折れ目などちょっとわかりづらいので掲載しません。
大事な靴は、あそこに出されない方が懸命。
ピーコックとかで靴修理屋さんの上手なの出ればいいと思うんだけどなあ。
[PR]
by rinkomatsu | 2005-02-03 16:03 | 日々の生活。
<< 清水湯。 365Cats. >>