ぼうっと新宿の午後。
今日の音。「4HERO」 “Les Fleurs (radio edit)”

杉並区役所に引越し用の住民票を取りに行くはずだったのだが、火鉢君とランチに変更。
伊勢丹の上の、空いているところに入ったらおかゆがまずくて食べられない。うう。
彼と伊勢丹を徘徊し、先生のことで相談に乗ってもらった。

(New Yorkの彼のお母様は無事。ふー。一安心)

わたしは寝不足で、目の下にくま。
普段ファンデーションを付けないので、蛍光灯の下だと、目立つ。うう。

人は何故、恋に悩むと自分の容姿を気にし始めるのだろうか。
わたしは先生に、「以前某有名モデルと付き合いかけた」と言ったら「ほんとかよ!」と言われた。それって、
1. わたしはそのモデルと釣り合わないほど駄目な女である。
2. わたしはそのモデルに似合わない。
3. わたしが嘘をついていると思った。(何故そんな嘘を!)

のどれかであろう。全部同じような理由だけど。
こんなことを言われたら、女の子は容姿を気にする。普通以上に。

わたしの髪は黒く(ちょっと茶色めの黒髪だが)、まっすぐである。ので、今日はちょっと貞子みたい。まとめたり、くるっとさせる技術がないので困る。

「あー。わたし自分からアプローチってしたことないんだよお」
「でたでたでた。でもさ、そんな殻は破ってさあ」
と火鉢君。
占いのことを話したら「そういうのって、うまくいくんじゃないの?」と。珍しいご意見。
全然わからないけれど、やっぱり火鉢君も言っていた「いけいけ!」しかないみたい。

来週、あるブランドのパーティがあるのだが、先生を誘おうか迷っている。
友達のアメリカ人が、ちょっとサイコっぽい元ミス○○とデートしているのだが、恋には落ちていない。彼によい女の子を紹介したいので、パーティはよいかもしれない、とも思っている。
ううむ。
が。
先生をパーティに誘って、先生がokと言ってくれたら着物で参上しようと思っているのだが、どうだろうこの案。
あまり自信がないのでいろんな人に聞こうと思っている。(弱気凛)
日本の男の人は着物に弱いらしいので。が、わたしの着物は黒地なのよ…。
もっとかわいい色のを作ろうと思っているが、間に合わない。うじうじ。

おまけ。
彼(アメリカ人)がわたしの微妙な変化に気がつき焦っている。
「大丈夫なの?」とか「平気?」とか言ってくっついてくる。うう。
今は放っておいて…。
[PR]
by rinkomatsu | 2005-03-02 01:57 | 日々の生活。
<< 枕。後日談。 動物実験について。 >>