恋心。
今日の音。「Chicago」 “Questions 67 & 68”

同じ曲をずうっと聴きだす時、わたしは落ち込んでいるか嬉しいか恋に落ちているかである。

先生のことを1度諦めた時、2週間くらい落ち込んだ。
恋に落ちている間も、「絶対無理」と落ち込んでいたのだが、火鉢君と会い、「言ってみた方がいいよ」と前向きの発言をされ、すっかり洗脳。占い効果もあり、「恋っていいなあ!」と今は楽しい日々である。
しかし、このことを一番話したい相手は彼、つまり一緒に住んでいる日系アメリカ人である。

彼は最近、わたしとデイトしようと試みているのだが、恋により食欲が減り、また、彼に恋心を悟られたくないわたしは綺麗なレストランで一緒に食事を摂りたくない。
美味しいご飯に美味しいお酒、気分が良くなったら先生のことをうっかり相談してしまいそうなのだ。それくらい、わたしは彼の物の見方を信用している。
が、そんなことをしたら…。

「彼とどうするんですか?」とか、「彼とは現状維持で先生と頑張れ」などなどメイルなどでもいろいろコメントをいただきありがとうございます。
ほんと、どうなるんでしょうかね。わかりません。
無責任ですけれど、心動かされているのは事実で。
わたしも別れた方がいいかなあ、と思っているのだが彼は一生懸命続けて行こうとしていて、痛々しい。ごめんね。
でもわたしにもどうすることも出来ない。


そもそも、今は片思いであって、先生がわたしのことを憎からず思っているかなんてわからず。
憎からず思っていても、お付き合いしてもよろしいレベルかは不明。
わからないのであります。

ただ、わたしは久々のどきどきで、また、男の人のことをここまで色っぽいと思ったことはない。(ほんとに素敵なのだ)
火鉢君は「男って女の子のことそう見るのは普通だけど、女性がそういう風に言うってことは、諦められないし本気だよね」と言っていた。そうかも。

こんなに嬉しくうきうきする気持ちを殺してしまうのはもったいないので、どうにかして優しく生かしていきたいと思います。
[PR]
by rinkomatsu | 2005-03-02 22:13 | 日々の生活。
<< 「顔だけはやめて!」と言う人も... 枕。後日談。 >>