easy Rider…。
今日のDVD。「easy Rider(イージーライダー)」


この映画を観たことがあるだろうか。
60年代だか70年代(もう調べる気力もない)の名作、と言われていて、ドン様(某広告代理店社長)も引き合いに出していた映画である。

最初から「ちょっと合わないかも」と思っていたのだが…。


観る予定のある方は読まないでね。
















何故みんな死ぬ!

あの時代のことは父から聞いていて、ジーンズを履くと不良だとか、ビートルズを聴くと不良になるだとか言われていた時代。アメリカもそうだったの?
何で死ぬの? 殺すことないじゃん!
わたしだったら絶対に許さないし犯人を引きずり出してやるんだけど。

絶対納得できない。
死ぬ必要ないじゃん。ただバイクに乗ってマルディグラに行くだけなのに、彼らを見て不快に思った人たちが彼らを殴打したり、ガンで撃ったりする。
なによその悪意。必要ないじゃん。

びっくりしてしまった。
こんな映画、あり?
確かに関係がなく、何も被害を受けていないのにその人のことを攻撃する人はいる。
でも、それを映画に滑り込ますことによってライターは何を告げたかったのか全くわからない。

ただ「むかつくから」の理由で人を殴っていい訳が無いし、人を撃っていい訳がない。
わたしはそういう輩が大嫌いだ。
のでこの映画の結末には納得できない。

非常に憤慨。
センスも衰えたか。
『Sex and The City』や『friends』などで口直しする気力も無く、ただただ悲しくむかむかする。ふー。
みんな別に悪い人じゃなかったのに。ひどい。
眠れなくなった。
[PR]
by rinkomatsu | 2005-03-08 01:50 | 日々の生活。
<< 表参道の伝説が消える日。 しゅ・ら・ん。 >>