いらいらをblogにぶつけてみました。
今日の音。「椎名林檎」 “正しい街”

今渋谷の漫画喫茶にいるわたしってさびしい女なのだろうか…。


ちょっとメイルチェックをしなければならない用件があり、渋谷までやって来たのだが、こんな夜中に渋谷にいるのは酔っ払いと変な外人と帰りたくない若者たちばかり。
すっぴんで『adidas』の新作ちびパーカーとASPCAのロゴちびTシャツにジーンズ、コートに『VANS』のスニーカー、『GREGORY(グレゴリー)』のウエストポーチを斜めがけにしている女はわたしくらいなのだが、漫画喫茶に到達するまでのセンター街で酔っ払いの、明らかに年下の男の子に「かわいい!」と叫ばれ漫画喫茶まで3人連れだって(仲間らしい)に後をつけられ、エレベーターでは怪しげな若者にじいっと(ほんとにじいっと)見られ、やっぱ渋谷って怖いなあ、と実感。ありえないことの起こる街、渋谷。
怪しい若者とは雑誌コーナーでまた再会してしまい、そうっと見ると彼はわたしの背後に立ち、何の雑誌を取るのかチェックしていた。こわ。


今日野暮用で学校に行ったのだが、図書館前でいきなり韓国語で話しかけられた。
まったくわからん。「あにょはせよ」と言うのも忘れ、サングラスを取り英語で「何でしょう」と丁寧にお聞きしたら「Are you Korean?」
生まれて初めての質問に絶句していたら、後ろにいた友達らしき女の子が日本語で話しかけてきた。
何やら、さっき話しかけてきたのは韓国人の留学生で、修士課程にいるらしい。この2人は教会に所属しているらしく、今日韓国人の子が来る、と聞いていてわたしだと思ったそうなのだ。
「あのう、生まれて初めて韓国の方と間違われたんですけど、わたし、そう見えますか?」
「サングラスしてたから。でも取ってもあまり日本人ぽくないですね」
と彼女。わたしのナショナリティって一体…。そして、韓国人にサングラスは必須アイテムなのか? と疑問が。
イースターのイベントがあるので、日曜日ぜひいらして! と半ば強引に誘われ、名前と連絡先と何学部か聞かれ。ちょっと無理だと思う日曜日、と言うと「なぜなぜ!」これがKorean wayなのかしら…。急いでいるのに。
日本人のお友達も積極的で、理由を言わざるを得ない状況になってしまい、友達が韓国で結婚式を挙げるので、と話したらまた盛り上がってしまい。ふー。
竹島問題のことを聞こうと思ったのだが、やめておいた。
そして切り上げるために嘘をついた。わたくしもう通っていないのでありますのよ。関係ございませんの。が、「卒業生」と偽る。だって急いでたんだもん。

その後歩いて六本木ヒルズに出向き、雑誌をぼうっと眺めていると、いきなりふぇらがものバッグが狭いソファの隣にぼすっと置かれた。
どう見たってゆったりした2人がけのソファ、片方には荷物が置いてあり、片方にはわたし。
見上げると、全身マリンブルーで統一した白髪のおばあちゃんが。何も言わずに座る彼女。
手にしていた雑誌は伊太利版『Vogue』で、わたしの『Bloomberg magazine』をちらっと見やると狭い中にすぽっと納まり読み読みし始める彼女。
周りの人も「なんだろう」と見ているが、奴はおかまいなし。
結局わたしが隣の空いたソファへ移動。
帰りのタクシーは「墓地から」と言ったのに「西麻布からでいいですか?」と頓珍漢な答えをし、妙なところで曲がらないのに指示器出してほかの車に迷惑をかけていた。
降りる時すっと「エコーカード」を抜いたのを彼は目ざとく見つけ、態度を硬化させていたがお前が悪いのだ! とまあいらいらする日でした。

銀座時代のお客さんで「付き合え俺と」と言っていた方は捕まってニュースに出ちゃうし、名前は伏せるがお友達はいきなり「妊娠しました。6ヶ月です」なんて報告してくるし(彼氏がいなかったので、「誰? 相手は誰なの?」と波紋を呼んでいる。しかも超高齢出産…)、火鉢は相変わらず女の子ひっかけてるし、京都氏は「3月末に連絡する」とか関西訛りで言っておきながら連絡してこないし。どうすんのよ。

肝心の彼は毎晩接待。
この間はlivedoorのdeath spiral CBを発明した人(もちlehman以外の証券会社。そこにもlivedoorは打診していてやはり「リスクは取れない」とそこも断ったのだそうだ)と会い、「いろいろ聞いちゃったよお。メディアは嘘ばっかりだからこれは君のblogで書くべきだ!」と言いながら服のまま寝ちゃうし(これについては後日詳しく)、昨日は彼の大学と他のIvy leagueの某大学との飲みに参加し、帰ってくるなり
「もう俺の大学はだめだ! 馬鹿ばっかりだあああ」と玄関で叫び、どすどす廊下を歩いて裸になりながら愚痴っていた。かなり失望したらしい。
「証券会社にいるくせに、ヘッジファンドのこととか、証券業界の常識とか、なーんにも知らないんだよ。ほんと馬鹿」
と怒っていた。今日は金融に欠かせない情報を提供してくれる会社のパーティに参加中。
彼は毎晩いない。のでわたしがunpack。
火鉢君と付き合っていた頃の手紙やら京都氏からの手紙、彼が用意してくれて2人で飲んだわたしの生まれ年のデザートワインのラベルなどが出てきた。
AAのレポートやら、今まで実家においていた本やら、出てくる出てくる。
かなり懐かしく、しみじみしてしまう。

ドラミは引越し前からレメディを使っていたせいか、ちゃんと前に1度新居に連れて来たせいか、かなりこの家に馴染んでいる。
が、キッチンにある備え付けの洗濯機の異臭には慣れないらしい。
かびているらしく、くさい。そして時間かかりすぎ。
洗濯が趣味のわたしには許しがたい洗濯機である。外資のって使いづらいんだよね。
日本の新しいのが良かったのに。
管理会社は某有名不動産会社の子会社で評判が悪いのだが、ちゃんと2人で住んでいることになっているし、外人の多いマンションなので英語表記もしてある。彼が英語で文句言って、だめなら出るとこ出ちゃうもんね、と思っている。

旧マンションだが、わたしは既に『原状回復をめぐるトラブルとガイドライン』を東京都のとどっかの省庁の、2冊購入済み。ふ。負けないわよあんたたちになんて。
いざとなったら社長に手紙書いてやる。絶対に許さない。
また妙なことを言ってきたら、本当に敏腕弁護士I氏に依頼しなければ。(彼は「友達だから」といつもお金を受け取ってくれない。しかもわたしが伊藤塾に通っていたことを知っていて、何かと法務をさせようとするのだ。)
もう条文とか覚えちゃったわたし。不動産専門弁護士っていうのもありかも。
絶対負けん。

引越しでの手続きで、彼の国籍のことやわたしのことなど、いろいろめんどくさいことがあり、最近どうもいらいらしている。このいらいらとフラストレーションを、某財閥系不動産会社にぶつけようと思っているのだ。
よって、こんなに投稿が長いのよ。

あら。今なぜか拍手。
何やらサッカーやってるみたい。
カップルで観てる人たちもいるみたいだ。
先生もサッカー好きだよなあ。観てるかなあ…。
未だ進展なしだけれど、春なのでわたしはがんばる。
[PR]
by rinkomatsu | 2005-03-26 00:09 | 日々の生活。
<< 日々。 新居での生活。 >>