反省の朝。
今日の音。「New Order」 “KRAFTY”

起きたら、足に傷が。爪も折れている。
「わたし、何したっけ、昨日…」
思い返してみた。

昨日、『THE CONRAN SHOP(コンランショップ)』からカーテンが届いた。
同じくらいの時間に『無印良品』で買った棚も。
「何で日本って、すっごく高くてださい家具か、すっごく安いのしかないんだろう」
とわたしと彼は疑問に思っているのだが、ほんとに何で? いいな、と思った本棚100万もするのだ。あ、あのう、New Yorkでそれ30万くらいでしたが…。
手ごろな本棚、全然ない。いろいろ探したのだが、結局無難な無印良品に決定。
(キリ、に行き過ぎ?)
わたしは浅草に住んでいたころ、部屋の壁一面ペンキを塗った無印の本棚にして、ばあっと本を並べててかっこ良かったよ、とあまり納得していない彼に言ったのだが、彼はあまり好きでないらしい。
もうすぐ『IKEA(イケア。英語読みだとアイケアと発音)』が上陸するが、それまで待てないのと、本当にださくて高い本棚しかない日本では「買わないと思う」と彼。

えっと、話は戻ってこのカーテン。
リビングとマスターベットルームの窓、計3つ用に作った。セカンドベットルームは六本木ヒルズなどなどを見ながら勉強出来るよう、カーテンはつけたくないんだそう。
もう5年くらいカーテンがある家に暮らしてないなあ、(わたしはあまりカーテンが好きではない)と思いながらつけていったら、一番大きなリビングの窓に、カーテンが足りないのだ。

お友達の不動産エージェントが金属製のメジャーでいろいろ長さなどを測ってくれていたのだが、この窓だけは何故か測っておらず。わたしがお裁縫用のメジャーで測ったのだが、150cmまでしかないメジャー、多分足し間違えたみたい…。
電話で彼は「ええっ? 向こうのミスじゃないの?」
測り間違えなんてミス、すると思っていないらしい。

わたしはまた銀行へ。いろいろ手続きをし、原宿でお買い物。
そうそう、交差点でニッキーヒルトンを見た。ボディガードが傘をさしていたが、彼女はださい布をかぶっていた。いや、ほんとに生で見るとエアブラシとか効かないからきついね彼女…。
パリスは整形したと言われているが、やっぱあの姉妹目寄り過ぎ。あるアメリカ人は「血が濃い(つまり近親)とああいう顔になるんだよ」と言っていたが、そうなのかな。
何で人気あるのかわからんが、彼女を見る時は是非写真でお願いしたい。

その後、『theory cafe(セオリーカフェ)』でご飯なんていうOLっぽいことをし、(ランチは3つの種類からしか選べず…。わたしがしぶしぶ頼んだのは「ほたるいかとトマトのパスタ」だったが、トマトは湯むきしていないし…。何故ギャルが集うのかわからん)あまり満足しないまま『Changes』でおっさんくさくてかわいいチェック(ちゃんと名前がある伝統的チェックなのだが度忘れ。うう)のパンツ、スタッズ付きのベルトを購入。その後『Armani Casa(アルマーニ カーサ。カーザと表記してある雑誌も)』だと知らず、インテリアのお店へ。
大人気でカタログもないそうだ。へえ。
わたしがスタッフのお姉さんと話している間も、30代くらいの夫婦っぽい人がしきりに値段をチェックしていた。
気になったものの商品説明コピーを貰い、新しい『azuma』でちょっとお買い物。スタッフも「慣れない」と言っていた。あのだささが良かったのに…。

最近いろんなヘッドハンターが3つくらいお仕事の話しを持って来ていて接待されない日は大抵インタビューが入っている彼、某証券会社とのインタビューをぶっちぎって早々に帰宅。
「ほんとだ。足りない」
とメジャーで測ってみると、約1mくらい足りない。
CONRANに電話して聞いてみるとやっぱりわたしのミス。隣に住む人が決まったみたいなので、早めにカーテンは必要なのでもう1枚ここに足すことに。
彼は「またお金かかるのかよ」とかなりいらいらしていた。いや、多分3万くらいだよ…。
アメリカではカーテンに10万もかからないらしい。「これくらいの面積で1000ドル? おかしい」とぷんぷん。あの、ここ、日本なんですけど…。
「もう1個ここにカーテンつくの? ださいよ」。そ・そうかな。わたしは別にいいと思うんだけど。
いらいらする彼をタクシーに乗せ、丸の内へ。タクシーの運転手さんもひやひやするほど、彼は不機嫌。むりやりガムを食べさせ、落ち着いてもらう。

CONRANでカーテンをいつものお姉さんにオーダーしつつ、彼は超合金などを入れる箱を6つ、わたしは『Stephane Pompougnac(ステファン ポンポヤック)』のCD、ボールペン(むっちゃ書きやすいのが売っている。丸の内店だと下のレジの前のケースの中。カードのサインの際下の階で使われているもの)を購入。欲しかった、hotelなんとか、は売り切れ。金曜日入荷らしい。

その後、『ENOTECA(エノテカ)』の丸の内店で『Ch. Latour(シャトーラトゥール)』2000年ジェラボエム59万円也に心惹かれ、『LOUIS ROEDERER(ルイ ロデレール)』のジェラボエム7万也をほとんど買いそうになり(いつ飲むんだ!)元『長慶棲(ちゃんきんろう)』のスタッフがいる『丸の内カフェ』のバーの方へ。そこで長慶棲にいつもいたお客さんに遭遇、ちょっとびっぐびじねすの予感。
企画通ったらすごいことになるかも。
また、そこで岡本太郎氏の娘さんで美術館の館長だった、岡本敏子さんが亡くなられた、と聞く。わたしは2、3日前うちの前ですれ違ったばかり。また、パーティでお会いしたりご飯屋さんでお会いしたりしていて、ファンだったのだ。
お風呂で何かがあったらしい。ご冥福をお祈りします。悲しい。

夜ご飯は『鮨えん』で食べ、日本酒を飲みすぎたわたし。(この辺から怪しくなってゆく)
雨でCONRANの袋の底が抜け、大笑いして帰って、また棚を組み立てて…。
そこまでは覚えているのだが、怪我…。
恐る恐る彼に電話すると「覚えてないのかよー」とびっくり。うう。
新居で初めてわたしは酔っ払い、彼にいろいろいちゃもんつけたらしい。ごめんね。そして組み立ての際、ぶつけて怪我したそうな。

今日彼の会社の全世界お偉いさん集まっちゃったディナーがあるのだが、「僕帰ってくるよ」と彼。
い、いいのか? わたしにいろいろ言いたいことがあるらしい。お偉いさんディナーのほうがあなたの人生に絶対プラスよ? 「でも、家がぐちゃぐちゃだって昨日怒られたし、僕もやだから」
わたくし、夜、ちょっと怒られる模様。昨日はごめんね。

しかし。
宿酔いの朝ってなんでこう、昨日の夜の失態を誰かに話したくなるのだろうか。
朝からドラミに襲われ、また傷だらけ。とほほ。ドラミも怒ってたりして。
[PR]
by rinkomatsu | 2005-04-21 12:47 | 日々の生活。
<< 今日の予定。 だめだめみずほ銀行。 >>