祝杯、あげるべきかあげざるべきか。
今日の音。「Journey」 “Any Way You Want It”

まだ書類にサインをしていないのでここに書けないのだが、半年以上わたしの中で1番嫌だったことが解決しそうである。やった!
さっきほとんどupしそうになったのだが、誰が見てるかわかんないのでサインした後に。

ちょっと空が曇っていようが、わたしの心は晴れやかである。
やった!
まだご飯も食べていないが家を飛び跳ねている。うはは。
この件はblogの方々からも応援していただき、ほんとにありがとうございました。
ちなみに「本」の件ではありません。が、本もこの勢いで頑張る!

今日も塾だが、その前に原宿の古着屋でちょっと探し物をしようと思ったのだがどうしよう。
こんなに嬉しいと祝杯をあげたくなって、絶対『The Oak Door』とかで1本シャンパン飲むよわたし…。いや、それもいいアイディアだ。うう。ひ、惹かれる…。
家には『Salon(サロン)』と『BOLLINGER 1981(ボランジェ。彼は英語読みのボリンジャーと呼ぶ。ださ)』、『Veuve Clicquot(ヴーヴクリコ)』『Louis Roederer Cristal(クリスタル)』などなどシャンパンはより取り見取り。グラスも食器棚を2つ潰して、大量のリーデルとバカラがちゃんと洗って置いてある。
祝杯をあげるには完璧な状態なのだが。
彼は今日ヘッドハンターが紹介して来た会社とディナー。友達は忙しいらしい。
さあどうしよう。
[PR]
by rinkomatsu | 2005-04-26 14:28 | 日々の生活。
<< 1人の祝杯。 欲しいものと、食べたかったもの。 >>