昨夜。そして恥ずかしい朝。
今日の音。「JAMIE O'NEAL」 “ALL BY MYSELF”

昨日、何も食べず区役所へ赴き所用を済ませ、父を掴まえてお茶でもしようと道を歩いていたら、阿佐ヶ谷に「ラーメン プータン」を発見! 
わたしは『魁! クロマティ高校』(週刊マガジン連載中)のファンなのだが、そこに「プータン」というキャラクターが出てくる。
しゃ・写真に撮りたい…。と思ったのだが、カメラを持っておらずしみじみ看板を見つめていたら、道行く人に変な顔をされた。みんな何も思わないのかなあ、「プータン」なんてすごい名前なのに。

いい日ダビダビ。」のbbfryさんおすすめ、『ダンテ』という喫茶店に行きたかったのだが父はギネスが飲みたかったようで、いつものバーへ。
そこで法学部での彼と憲法改正について熱く語り合った、のだが、
彼の「憲法」の解釈はわたしと違っていて「国が国民を守ってくれる法、だろ」。
そういう言い方もありますね、お父さん。
2人の共通項は「国民が守る法ではない」。

わたしの、「憲法改正したいなら“今の憲法はこうなんです”って国民に教えるべきだ」
に彼は「23条の“学問の自由”があるだろ。だから学んでないやつらが悪いんだよ。教える必要ないだろう」
国民からじゃなくて、公務員から改正案が出たことについて(それが代表民主制だからしょうがないんだけど)
「だってそういう仕組みにしたの俺たちじゃん。任せてるんだから仕方ないだろ」
「でも今の政治の仕組みっておかしいよ!」
「それ言ったらなんだっておかしいだろ」
と彼。

いつも通り、熱いわたしと年の功ゆえ普通の彼。
「やっぱ、変えていくのは若い世代だよね」
で終結。あとは近況とか読んでる本とか最近どんな音楽を聴いているか、などなど。
1日何も食べていなかったわたしは、fish & chipsなどをもぐもぐし、帰宅。
彼を原宿まで引っ張り出し、最近出来た『山頭火』へ。
わたしはどうしても「種田山頭火」を思い出してしまうのだが、若い世代には「山頭火」と言えばらーめんらしい。じぇねれーしょんぎゃっぷを感じる。

わたしは特製とろ肉塩らーめんで、彼は味噌と何やら食べていた。
「美味しいね」ともぐもぐしながら憲法について語る男女。夜も遅いのに…。
気分がいいので歩いて帰ろうとしたら彼が「僕タクシーで帰りたい」といつものタクシー病。
仕方なくタクシーで帰り、わたしは『bookoff(ブックオフ)』で本を売るため、(宅本便というやつ)身分証明書のコピーが必要。パスポートを近所のコンビニエンスストアでコピーし、ダンボールに必要な書類を入れ、明日に備えた。


本日。
先ほど見たことのない番号から電話があり
「小松様のお宅ですか?」
「はい」
「あのう、パスポートをお忘れではないですか?」
わたしはまだ住民票を港区に移していないので、パスポートで住所証明をしている。
ここの住所と、電話番号、名前も記載され、19歳くらいの時の写真つき。
ひええ、恥ずかしすぎる。
「後ほど取りに行きます」
と電話を切ったが、忘れ物ぐせがここまで来たか…。
ここが日本で良かった。アメリカだったらもう盗まれてて、カナダまで行かないと再発行出来なかったよ…。

とほほ。取りに行くのが恥ずかしひ。

------------------------------------
彼から電話があり「早く取りに行けよ!」と叱られた。
「ドラミが膝の上に座ってて…」
「そうか。それは仕方ないね」親ばか2人。
「でもここがアメリカだったらさあ、家に帰ったら変なタイ人とか中国人とかが住んでて、“誰だお前!”って聞いたら“パスポート見ての通り、小松凛です”とか変な訛りで言うんだよ」
と彼。
「す、すぐ取りに行きます」
「そうしてください」
彼は「君に、首に下げるポーチかなんか買ってあげるよ」とださいことを言っていた。
そんなものがないと、わたしは駄目なのだろうか。かなしい。
[PR]
by rinkomatsu | 2005-05-12 13:40 | 日々の生活。
<< 男子禁制! ある身体的悩みを持... 伊勢丹美容コーナー。→どらいぶ? >>