ものぐさまとめ日記、その5。
今日の本。「福田恒存」 “マクベス”

□最近観て良かったDVDは、『オー! マイキー』と『Wimbledon(ウィンブルドン)』。
マイキーは1stからDVDを持っているのだが、今回HMVのDVD売り場に行ったらレイザーラモン氏が画面の中で踊っている。
何だろう、と思っていたら、マイキーのDVDの宣伝のため!
彼がレイザーラモン氏のファンであり、『花宵修行日記』の素敵女子、花音さまもファンらしい…。
わたしはよく知らなかったのだが、画面で踊っている彼は「普通の」人ではなく、かなり目立つ位置だったので、ひったくるように『OH! Mikey HARD CORE(オー! マイキー ハードコア)』と7thを持ちレジに向かった。
横には、レイザーラモン氏を食い入るように見つめるおじさまが。
彼はちらっとわたしが何のDVDを取ったかチェックしていたが、また画面の激しい腰つきに視線を戻していた。
b0012979_2154671.jpg
HMVのお兄さんが、おまけだと言ってマイキーのHARD COREと書いてあるうちわを2つくれた。
家に帰り、レイザーラモン氏登場なのか? どんな人なんだろう、とどきどきして観ていたのだが、全然出てこない…。
どうやらここだけレイザーラモン氏登場らしい。ファンの方はこちらへどうぞ。
その後、レイザーラモン氏のことをちょっと調べてみた。
彼、「ふぉー!!!」とか言っているだけなのだが、何だか面白い。わたしもちょっとファンです。えへ。花音さまと彼が「ファン」と言うのがちょっぴりわかった気がします。
ふぉー!

『ウィンブルドン』、主役の男優さんがなんか素敵、と思って借りた。
b0012979_2205685.jpg
だんすとはどうでもいいのだが、初めて「イギリス訛りって素敵」という女子の気持ちがわかった。
彼の英語はとってもわたしの女心をくすぐり、DVDを本気で買おうか考えている。
一緒に観ていた彼は「ありえない話しだよー!」と叫んでいたが、いいのだ。
イートン訛りとか、一般的に「素敵」と言われる訛りは別に関係なく、彼の英語が好き。
それにやっぱ、『フレッドペリー』よね!
うふ。あんな人と一緒にいれたら嬉しいだろうなあ。
かなりファンです。なんとかコネリーの旦那さんらしいが関係ないのだ。
たまにはこういう映画を観て、女心力をupさせねば。


□あまりにも、リバーサルミラーで見た自分の顔が鏡のものと違っていたので、西麻布に看板の出ている某整体系サロンに行ってみた。
とあるオーディションに受かってしまったので、秋までに美人にならないといけないのだ。
確かにわたしの目と眉は右側の方が少し上がっており、また目の大きさも少し違うのだが、
「ここまで目がはっきりされていると、大きさが変わるのは長くかかるかもしれませんね」
と。うう。
この間伊勢丹の『アルマーニ コスメティックス』にて購入したアイシャドウ(なんか限定のやつ。それくらいの認識)などを駆使し、優しい感じの目にして「目力強い」とか言われないようにしようと思っている。
あるまーにの、いつもお願いしているお兄さんはわたしの「美人にして下さい」とか「可愛くして下さい」などの無理なお願いにかなり答えてくれ、あそこに寄って帰った時の顔はとても評判がいい。
また、自分で買ってきたものを使って自分で化けても評判がよろしい。

ごまかさず、なるべく目の大きさと顔のゆがみがなくなって、普通になればいいなあ。


□某英語系メディアのインターンであるが、no payであった!
がびーん。
じるさんだーの、ぶかぶかになったスーツで参上したどう見ても場違いなわたし。
世間話をして終了。
目をつけている某メディアに応募してみようと思う。


□ほりえもんの立候補について。
会社の社長が政治家になった場合、アメリカでは持っていた株などを他の人に「預け」、その人の意向で動かせないようにする。
conflict of interest(コンフリクトオブインタレスト。相反する利益)と言い、政治家になると自分の会社に有利な法案を作ったりすることが可能なので、そういうことをさせないため。
しかし、どこのメディアもこのことについて何も言っておらず、疑問。
普通に考えたっておかしいでしょ、会社の社長が政治家なんて。
ちょっと調べ中。法に抵触しないから出てるんだろうけど、わたしのモラルでは彼の立候補はおかしい部類に入る。


□昨日は彼と大喧嘩をし、ホテルをとろうかと本気で考えたのだが(って何度言ってるんだ、わたし。そろそろほんとにとらないと)、今日は昔同じ証券会社だった人(以前お花屋さんをしていて、「あの時は儲かった」と言っている、かわいい人である。今その何十倍貰っているんだか)と接待という名の飲み会。
今日、とある人に「blogを作りたいから手伝って」と言われていたのだが、その人に予定が入り、保留。
21時まで待ったのだが、連絡がないので一人で『火頭山(さんとうか)』へ行った。
その途中、何かのロケ。
テレビの人って、なんであんなに横柄なのだろうか。
ヴィトン前で道をふさぎ、急いでいるこっちに謝りもせず通せんぼ。
車道を歩いて先を急いだのだが、「ありがとうございました」とか「すみません」とか何にもない。
ほーんとすごい。雑誌にもこういう人がたまーにいたが、テレビってほとんどこういう人たちばかり。だから誰も見ないのだ。
あほ。
それを囲んで嬉しそうにしている人たちも信じられん。
普通怒りませんかね、道をふさいで大きな顔してるやつ見たら。
わたしだけ?


□女の子に強い味方のサイトを発見。
gilrswave(ガールズウェイヴ)』。
ここで「my wave手帳」といふ、生理のリズムや骨盤の動きを知ることが出来る便利な手帳をつけられます。すんごく便利。
女子はやってみられると良いかと思います。
すんごく便利です。自分で管理してるよりわかりやすいし。


□びっくりしちゃった占いがこれ。
サビじょん』。
人に教えてもらったのですが、当たるのよ…。
びっくりするくらいに。
海外生まれの人は正確な判断が無理かもしれないけれど、日本生まれの人は大丈夫。
是非やってみて下さいませ。


□占いといえば。
昔原宿に、『オスカー』とかの女の子とばっかり付き合ってる占い師がいた。
全然かっこ良くないのだが、表参道の公衆トイレ前で占っていて、オスカーの子とかはあの辺によくいるため、占って相談に乗り、お付き合いにまで何件か発展したらしい。
その人物にそっくりの人が、本日ヴィトン側に出没。
2人くらい女の子が待っていた。
わたしの友達がその占い師によく見てもらっていて、わたしも見てもらおうと思ったのだが、わたしが見てもらおうとすると、いない。
5年ぶりくらいにその占い師のことを思い出したのだが、今のわたしには占いは必要なく、また必要となったら銀座に行くので、彼らを横目で見て通り過ぎた。
みんな悩みはあるよね。


□『A BATHING APE(ア ベイシングエイプ)』のデザイナー、NIGO氏。
わたしが前にいた雑誌では、とってもお世話になっていたのだが、すみません、どんどん常軌を逸した外見になっていっていると思うのはわたしだけでしょうか。
ファンの方、ごめんなさい。
でも、よく見かける彼、金持ちだろうが商才があろうが、人としての品性が感じられないのだ。あくまでもわたしには、だけども。

そして、青山のお店がリニューアル。
そのパーティ後、お店の前にたむろった輩の態度の悪さはすごかった。
また、お店に訪れる子たちの態度も、すごい。
お店の紙袋を人の家の駐車場(個人使用)で開け、マックで買った食べ物をそこで食べ、ベイプの紙袋にごみを入れたまま放置。
近隣住民にはえらい迷惑です。
土・日にはすごいごみが散乱する。
ベイプのお客は大抵マックを食い散らかすのよね…。
ごみをそのまま放置したり、人の家の自転車のかごに入れていったりするのが本当に嫌だ。
NIGOはお店の前にごみ箱設置したり、お客に「俺からのめっせいじ」などと銘打ってごみ捨てるな、とか言うべきだと思う。
品のいい服を売っているお店ではないので、その程度のお客なのかもしれないけれど、いくら自分がお洒落だと思っている服を着て歩いていようが、その人の品性は服をすり抜けて他の人に見えるものである。
私有地や、綺麗になっているごみ置き場を侵略してまで「お洒落な気分」を味わいたい人にはわからないだろうけれど、お洒落するならマナーも良くしろ、と言いたい。


□本。
『イケズの構造』 入江敦彦著 を読んだ。
なんでわたしが京都出身男子に惹かれやすいのか判明。
実は出版された当初読もうと思っていたのだが、その少し前に買った京都関係の本があまりにだめだめで、「これも駄目だろうなあ、ふん」なんて勝手に思っていたのだ。
が。
銀座の『教文館』で買い、銀座線で帰る間、電車の中でにやにや。
面白すぎ。
でも「いけず」って東京人もしてると思う。京都弁じゃないから結構きつく感じると思うのだが、わたしの周りには「東京イケズ」な人が多い。
芸能人で言えば、唐沢寿明氏なんて「京都弁じゃないイケズ」だと思うのだが。
嫌味とイケズの違いなんかも書いてあって、かなり納得。
明日京都氏(昔付き合っていたおじさま)と会うので、本を持参して京都人が見た「イケズ」の説明をしてもらおうと思う。


□ドラミの吹き出物。
ぽろっと吹き出物が落ちたのだが、わたしから見て右側のあごの下、はげになっている…。
また出来るのではないか。
病院に電話しようかかなり迷っている。迷うことではないのだが…。
あまりにじいいいっとわたしがドラミのあごを見つめるので、最近わたしの近くに来なくなった。
さびしい。
が、朝はやっぱり隣でおなかを見せて寝ている。
[PR]
by rinkomatsu | 2005-09-01 23:26 | 日々の生活。
<< 夜遊びし隊。 どよりん。 >>