のどに刺さった魚の骨的日記。


□またお姉さん(いとこで海外にてモデルをしていた方)のわんこが白血病で再入院。
何と言っていいかわからず、お見舞いに行くわけにもいかないのでわたわたしていたら退院されたそう。本当に良かった…。
ドラミも白血病になるかもしれないので、他人事ではない。

□杉並区の冠水がすごかったらしい。
実家の近辺は3度停電。
親子3代でお世話になっている着物屋さんも冠水。
日本舞踊のフロアが奥にあるのだが、そこの畳は全取替えだそうだ。
「災害見舞い」って、何を贈っていいのかわからないので、明日伊勢丹のエキスパートにお願いしに行くつもりである。

□みししっぴ。
みいんないろいろ言っていますが、政府は軍の一番偉い人をすぐ送りました。
効果はすぐ出にくいと思うし、ものすごい被害ですが、日本で訳された海外ニュースコメントをそのまま述べるコメンテーターに腹が立つ。
そして「黒人がものを奪うと疑うけど白人だと違う」とか言ってるやつ。
あそこは黒人の方が多いのですが…。

ちょっと悲しくなったのが、被害に遭われた方の発言。
「わたしたちは黒人でお金がないから逃げられないのよ! 政府はひどいわ」。
このことについて彼といろいろ話したのだが、あまり好きではない言葉、社会的弱者のケアというのがどの国家の目標でもあるけれど、
「わたしたちマイノリティ! いつもひどいめあってる! 何にもしてくれない!」というのって違う、と思うのだ。
あくまでわたしの意見ですが、それって違うよ。
彼らの後ろにあるものが何かわからないからどれだけ努力が無駄になり活かされなかったかわからないが、すぐ政府悪い、っていうのもおかしいと思う。
ここまでの事態になるってわかっていたら、お金が無くても逃げたはず。
何かのせいにして文句を言う人たちは苦手だ。
備えていて文句言うならいいけどさ。
とても大変な状況で、精神も疲弊しておられると思うのだがインタビューされる黒人の人は大抵こんなコメントで、「言い訳すんな!」と言いたくなりました。
あくまでコメントに関して、ですが、わたしは人間じゃないかもしれません。


人間はお水がないと36時間で死ぬ、とある国家諜報部の人に聞きました。
まずお水と住むところ。
フロリダとか、すごく土地があるところにおうちを作ってあげたらどうか、と思うのだが大統領くらいすごい権力を持ってしまうと、すぐ対応出来なくなってしまうのだと思う。
早くみんな普通に生活できる状態になるといい。

親を探している子供のサイトなどがあるのだが、見ていると本当に悲しくなる。
何故だか「ごめんね」という言葉が口から出て、泣きそうになってしまうのだ。
見つかるといいね。みんな祈ってます。
すぐには無理かもしれないけど、本当に早く普通の生活に戻れるといいと思う。

□かるてぃえ。
『D&G』がある通りを「みゆき通り(御幸)」と言うのだが、ほぼかるてぃえのビルが出来たので昨日パーティ(レセプション)があった。
彼は行きたがっていたが、海外から友人が来ており、また、ヘッドハンターが某証券会社へのオファーの件で接触してきているのでお出かけ。
昨日夜中帰って来て大盛りカレーを食べ暴れていましたが、今日も三井倶楽部にてパーティ。
グランドハイアットからバスが何分かおきに出される大きなパーティらしい。

彼はパーティが大好きで、プレスの方から招待状が届いていたりすると中身を開けんばかりに
「いつ? どこで?」と聞いてくるのだが、若いなあと思う。
おじさん(わたし)は好きな人たちと好きなお酒を飲んで楽しい夜しか過ごしたくないです…。
血の巡りが悪い人たちが虚栄と見栄のため集うパーティなんてつまんないじゃん。
「君は年寄りだ」と言われるが、いつまでparty boyを続ける気なのだろう。
彼は昔よりましになったが、今もパーティ好き。
わたしも好きな人だけ集まってご飯食べられるBallとかは好きですが、ブランドのパーティとかってつまらん。
それは好きな人と行っていないからという説もあるが、一番の贅沢って、好きな人たちと美味しいごはんとお酒と、楽しいお話しをすることだと思うのだが。

彼は今日も3時頃電話をして来てパーティの詳細や今日会った人、どんな仕事の話しをしたかなど事細かに報告してくるだろう…。(必ず報告してくるのだ)
わたくし、明日は早いのだが…。
[PR]
by rinkomatsu | 2005-09-09 01:30 | 日々の生活。
<< 最高裁裁判官国民審査。 昔の男の特権は、許可なく昔の女... >>