さが。
今日の音。「Hootie & The Blowfish」 “Time”

「アルコール中毒になっちゃうぞ」
と彼に揶揄されるくらい家におらず、外でグラスを傾けています。




もう大丈夫だもんねー、なんて思っていても、頭と心が乖離しているみたいで、鍵を忘れたり思いっきりお酒の名前を間違えたり(ここで酒が出てくること自体問題かも)、ドラミのご飯を注文し忘れたりしております。はは。

だからお酒飲むんだろうなあ。
もともとお酒は好きで、1人酒大丈夫派なのですが、好きなバーが閉店時間になると、その近くに住むお友達に電話して一緒に飲んでもらったりします。さみしいようです。
というわけで、土曜日22時外出→日曜日朝10時帰宅、でした。

恋に傷ついた女を見ていると男の人は「かわいい」と思うそうですが、ちっともうれしくありません。

関係のない人からしたり顔でいろいろ言われましたが、その関係の中でしかわからないことって必ずあるので。
それがわからない、または経験したことがないようなら口を出すのは間違いだと思います。
その一般常識を飛び越えてまでその人に言いたいことがあるならもうちょっと言葉を選ぶべきだと思いました。

いろんな人の、いろんな事情を見たり聞いたり経験したりすると何も言えなくなります。
わたしはそれがモラルで常識、マナーだと思うのですがそうは思わない人って結構いるのね、とお酒を飲みながら思いました。
そしてそれを飛び越えていいのって、大切な友達とか助言を求められた人だけだと思うのですが。

黙っていると畳み掛けてくるし。
わたしは黙っているとこわいそうなので、静かな怒りを感じたお友達が東京弁「イケズ」を発動したのですが、そういうマナーのない人はそんなかわいいもんじゃわからないらしく、また元気になっていて大変疲れました。
元気なら舌鋒鋭く何か言っているのですが、お酒も入り
「そんなことなぜおまえにいわれないといけないのだあほめおまえはほそきかずこかよだれもおまえにこたえもとめてねえよしかもよんでないのに」
お経のようにこの台詞がぐるぐるしている心の中、「はあ」と大きくためいきをついたらそいつはそれを「図星ゆえのためいき」だとうけとめたらしく、筆舌しがたい下品な顔で「やった」的笑顔をしておりました。あほ。

こういう時に人の本性というか、さがって出るわねえ、とお店を移動する間月を観て考えていたら、車に轢かれそうになり、友人にがしっと手をつながれて六本木を歩きました。
全然知らない人なのにいろいろ言ってくる人あれば、黙っていてもあったかい気持ちで見ていてくれる人もいるんだなあ、と妙なところでまた涙腺が緩みました。
[PR]
by rinkomatsu | 2005-09-20 02:50 | 日々の生活。
<< おいしいものと美酒の秋。 林真理子 対 小松凛。 >>