ばたばたの一日。
今日の音。「Chicago」 “Questions 67&68”


Chicagoはやっぱり1枚目だと思います。


それはさておき。


校正のバイトの面接→西荻窪にて傘捜してますの貼り紙交渉→原宿で買い物→表参道帰宅。

□校正のバイトでは「せっかく某雑誌社でライターをしてらしたのに、何故辞められたんですか?」。鋭い。わたしは以前銀座にある、とある出版社(雑誌社かなあ)でものを書いていた。編集会議の編集者・ライター養成講座を卒業したわたしは、その時付き合っていた某広告代理店のおじさま(扶養家族付き)の紹介で某雑誌社に入った。
みんなからは羨ましがられたが、ボスが女性で早稲田出身。それゆえなのか、わたしが銀座の女だったから(6年いた)なのか、お給料が半年払われないとか、モデルで同期だった男の子と取材で会って笑いあってたらとがめられたりと、ちょっといろいろあったのだ。
でもそんなこと、言えない。

選考テストがあり、内容は知能テストみたいなのとか、言葉で「家事:洗濯」と同じ部類に入る言葉を探せ(答えは「昆虫:蟻」)とか、1時間以上もかかるもの。(ちゃんとした機関が発行しているみたい)
そこまでして、1人しか雇わないってすごい。倍率10倍以上か。
テスト好きのわたしには楽しかった。


□西荻では、ちゃんとJIL SANDERのスーツを着こんで「わたしは本気です」アピール。
単に面接の後だったっていうのもあるけど。
名刺を渡す前に「貼り紙しても大丈夫です。ずっと貼っておきます」と言ってもらえた。
いえい。あとは新聞に広告載せるだけだぜ。


帰って来たら隣の外人のお手伝いさんがごみ捨て場の場所がわからなくて困っていた。
うちもお手伝いさん雇うはずだったのに・・・。
引越しのため、貯金なのだ。同居人に早くボーナス出ればいいんだけど。



ふー。ちょっと興奮気味だ。
明日はパーティに「先生」と行くのである。
その「先生」とは誰か。
それは後ほど。

20:00から本の企画の打ち合わせ。
忙しいけど「先生」のせい(おかげか?)でどきどきだ。
[PR]
by rinkomatsu | 2004-09-30 19:02 | 日々の生活。
<< DonnaKaran Part... りんく考。 >>