初 表参道ヒルズ。
今日の本。「入江 敦彦」 “イケズ美人”

あんなとこ、もう2度と行くもんかと思った。

今日は『資生堂』の新シャンプー『tsubaki』のキャンペーンが渋谷・表参道で行われていて、運悪く『新生銀行』に口座を作りに行ったわたしはB3までなかなか降りれず、降りても
「ここは関係者のみです」
と白痴のごとく繰り返す小鼻に脂の浮いた若いお兄ちゃんに
「新生銀行に行きたいんですが」
と伝えたのだが
「関係者のみです」
「銀行は営業中ですよね、銀行に行くだけなんですが」
「銀行あるんですか」と正面のエレベーターに視線を動かす。
温厚な(ということにしておく)わたしでさえ、怒りのあまり殴りたくなった、奴。
「銀行利用者は通れないんですか? 他の通路はないんですか?」
お前はあほか、たかがキャンペーンで銀行使えないわけないだろうというニュアンスをぷんぷんさせて言ったのだが、『丸井』で買ったと思われる『takeo kikuchi』の安シャツにスーツの小鼻脂くんは無視。
あのさ、態度悪いと資生堂のキャンペーンにもけちつくよ? 女優が来るからって何なの? あほかよ。お前ごときがスタッフとして出入りできるイベント程度でえばるなっつうの。
『イケズ美人』でわたしの言葉なんてかわいいもんだわ、と学習したわたし、早速学習の成果を、と思ったらエレベーターを降りて来た髪がぷりんでピンクのパーカー、ジーンズ、ピンクのミュール(サイズはあっておらず、歩くたびけたたましい音が)を身につけた女性が「関係者のみです」の言葉に
「小林さんに呼ばれてるんだよ! 小林さん出せよ! 出せねーのかよてめえら!」と激怒。
(そういう言い方したら動く岩も動かんよ、と思ったのだがすごい声で怒鳴り散らす彼女。女の人で、人がたくさんいる中怒鳴り散らす人を、わたしは初めて見た)
小鼻脂にかまっていても時間の無駄だわ、とそばで話しを聞いていたくせに無視をしていた『資生堂』タグの女性に新生銀行に行きたい旨を伝えると、問題なく行けると言う。
「警備の方に伝えてください」
と言われたのだが、警備員に何も聞かれず、問題なくスルー。
プレスのたまり場に拠って知り合いを探そうかと思ったが、あまりに小鼻脂に腹が立ったので、そのまま新生銀行へ行った。


わたしは日本の(ほぼ海外も)芸能人に黄色い声援を送る人が理解できない。
向こうもわたしがグリーンスパンにきゃあきゃあ言うのが理解できないであろうが、人の通行を阻害して、しかもカップルで、そしていらいらして人に八つ当たりしながら一応美しいとされる芸能人という呼び名で呼ばれる特に芸のない人たちを見て楽しいのだろうか。

楽しい、見たい、と思う人たちが、「ヒルズ」と呼ばれるコンセプトも変わらないモールに足を運び、流行という名を冠したメディアに作り上げられたものを喜ぶのだろう。
わたしは小さい頃からそういう業界にいたので、視線はシビアだ。
誰かを好きになったり、応援する気持ちは素敵だと思うが、周りの人に危害を加えたり嫌な気分にさせてまで、自分と何の関係も持たない有名人を見ようという気持ちがわからない。

吹き抜けをぐるっと囲む人たち。
怒鳴る警備員たち。
普通に生活し、そこを使う人たちに迷惑をかけてまで、企業って儲けたいんだ、というのと、芸能人を見たい、という気持ちで何時間も場所をとって不愉快な雰囲気を撒き散らしながら佇む人たちを見てわたしは宗教に似たものを感じた。

こういうことを書くと、IDなしで論点のない素敵なコメントを残す人がいるが、ただわたしが理解できないというだけ。

表参道ヒルズ、建築的にもつまらない。
安っぽい、ただのビルやで。
坂道の勾配と同じ、へえ。車椅子の人は苦労するね。
ショップが点在する、坂道のあるただのモールって感じ。
外に小川というより排水溝的な川もどきなんて作って、夏になったらぼうふらわくで。
近隣住民はマナーの悪い人たちに大迷惑で、駅は切符を買うのに5分並ぶ始末。
パスネットが切れたら最悪である。

個性のないショップたち。
デパートに行けばどこにでもあるブランド。
ただ場所が移っただけ。
こうして東京の街は没個性化が進む。
森ビル、自分たちの都市計画が東京を変えると自負するならもうちょっと考えて欲しい。
六本木も儲からなくて大変だし。某有名レストランはお客が入らないので撤退したがっているのだが、そこがなくなるとブランドが下がってしまうと彼らは大慌てで(ただのモールのくせに)、家賃を安くし、撤退しないでもらっている。

どこのヒルズもわかりにくいが、障害のある人やお年寄りに優しく(彼らに優しいということはみんなに優しいということだとわたしは思う)、なおかつデザインも素晴らしく綺麗な建物を作れる建築家が、わたしはすごい人だと思う。
忠雄もいろいろ注文をつけられああいう建物をひねりだしたのかもしれないけれど、吹き抜けの巨大なモール。カハラと大差ない。

すごく残念なのは、訪れる人のマナーがとてもとても悪いこと。
ごみを何で自転車のかごに入れるの? 植え込みの中に飲み物捨てる? 植物死ぬよ?
ばらばら広がって歩くのも、いきなり止まるのも、ぶつかっても謝らないで携帯電話で友達に何色のサイズ何の服が欲しいか聞くの、やめて欲しい。
タクシーの運転手さん曰く、「あの辺は前より運転下手な車が増えて怖いんですよ」。

あまり原宿のほうには行きたくない。

もう表参道ヒルズには行かないであろうが、本当に今日体験した人ごみと雰囲気の悪さはすごかった。
ああいう雰囲気が好きだったり、我慢してでも体験したい人が世の中にいるのだなあ。
[PR]
by rinkomatsu | 2006-03-30 21:36 | 日々の生活。
<< Bostonの日々。その1。 近況。 >>