けっこんにまつわること。
今日の音。「KiKi」 “Yes”

わたしにはわからないのだが。
結婚をしたいがために、その「男」を選んで結婚するという婦女子がいる。
わたしの友人に、その疑惑が。

どちらも外人だが、彼はex-patなので某高層マンションの、某有名美女芸能人の隣に住んでいる。(ちなみにわたしの彼もこの美女と付き合いかけたそうな)
彼女ももう一緒に住んでいるのだが、彼女はあまりお片づけが得意ではない。が、彼は神経質な男である。

その彼女、わたしのタイプではないが世間的に「美女」に入る。
チャリティなどにも熱心で、メディアにもよく登場。
が、わたしには彼女の言動や行動が、何となくすんなり受け容れられるものではなかった。
無理してるような感じを受けたのだ。

彼女と彼は結婚する。
が、宗教上の問題から、彼が望んでいた教会での結婚式という形はとれなくなった。

彼は非常に真面目な男子で、スポーツに熱心。
彼女は夜遊びや人の前に出ることが好き。
つまり、正反対なのだそうだ。

わたしの友人は、彼のことを「苦手。なんで彼女が結婚するのかわからない」と言う。
何度か「だぶるでいと」をしたのだが、彼と彼女の場合は一方的に彼女が話し、わたしとわたしの彼は2人でも、また4人でも、きちんと話すし話題は尽きない。

彼女は彼が嫌がるから、と夜遊びを控え、なんだか「いい子」になろうとしているように見える、と友人は言う。それはわたしにも見て取れる。「いい子」を演じているように見えるのだ。

友人は彼女と親友だが「わがままだけど、そこが魅力的だった」と言う。
わたしはその友人の言葉を聞いて、「ああやっぱりなあ」と思った。
わたしも「いい子」になろうとしていた時期があり、今はそんなことないんだけども(だから駄目なのかも)無理をしていた時のことを思い出したのだ。

しかし、わたしは彼女のことが少し苦手で、それは「いい子」になろうとしていると見受けられる部分が大きいからなのだが、友人に「彼女との間にこの前起きて、少し苦手だなあと思ったこと」を話した。
それを聞いて彼女の顔が少し暗くなったように見えたのはわたしの勘違いではないと思う。
自分では愚痴や悪口を言ってもいいけど、やっぱり大事な人のことを人から指摘されるのは嫌だと思うのが普通の人間だから。

わたしはこの友人が好きなのだが、たびたび「彼女」のことを気にし、心配していることがありわたしはそれを友人から聞いて知っているので、「彼女」のことを「自分の視点」と「実際彼女が人に対してしていること」を照らし合わせ、「苦手」だと思っているのかもしれない。

ただ、友人が「すんごいわがままで、こんな子もいるんだ面白いって思って仲良くなった」と言った言葉に思うところがあって。

わたしが意地悪だろうがわがままだろうが器が小さかろうが頭が悪かろうが、受け止めてくれる人はいるのだ、多分。
無理をして自分を偽ると、いつか齟齬が大きくなり破綻する。
だからわがままいっぱいに振舞っていいということではないけれど、そのままの自分で礼儀を重んじて人と付き合い、そこで心地よい人と時間を過ごすべきなのである。

最初の「結婚のために」に戻ると、彼女と彼の関係を、とある人は「頑張って好きになった」という。
彼女はもてる女の子で、彼はわたしの周りの女子曰く、「少しださい」そうな。
わたしはハンサムだと思うのだが「どんくさい」とか「スポーツばか」とあまり評判よろしくない。
彼女はoutgoing、彼は違う。
彼女は「犬」みたいな彼に堅実さを求め、彼と結婚を決めたと周りは言う。
わたしは彼女とこの件について話していないからわからないのだけれど、わたしは友人に
「でも彼女嬉しそうに言うよね」と言ったのだが友人は「嬉しそうにわたしに言うのを見ているのがつらい」と言う。

友人の考える「彼女」は、そういう女ではないようだ。

人は変わる。
彼女がいくらわがままだろうが、今は違うかもしれない。
友人は彼を好きでないから、また、彼と会ってからの彼女の変化を知っているから「つらい」と言うのだと思うが、それが好ましい変化であれば、友人も言わないのだと思う。
少しひっかかる変化なのであろう。わたしでさえ思うくらいだから。

彼と会ったばかりの頃の彼女は、彼が海外に行った時かけてきた電話で「I love you!」と友達に聞こえるよう(海外のね)叫んでいる電話をぶちっと切ったりしていたらしい。
「そんな女が結婚するか? 金だろ金」と言う人もいる。
わたしにもそれはわからないが、お金で結婚するのではないような気がする。
あの2人には、そんな雰囲気は見て取れない。が、2年くらいで別れてしまうような危うさを感じるのだ。

「宴のあと」のかづのような感じを受ける齟齬。
彼女の輝きが少し鈍ったような感じ。彼にも他にいい人がいると思うし、彼女にも同じことが言えると思う。

わたしは知り合ったばかりだけど、こういう齟齬には敏感である。
わたしとわたしの彼の間柄にも齟齬があるから。

ただ、人は事情がわからないとすぐ「お金のため」と言う。
それは悲しい。

そして、彼は子供を望まないが、彼女は熱烈に望んでいる。

わたしは結婚願望がないのでわからないが、「結婚」ってそんなにしたいものなのだろうか。
未熟なわたしが言うのはおかしいかもしれないが、なんとなく「お互いを優しく殺してゆく」制度に思えてしまう。

結婚、かあ。わからん。
[PR]
by rinkomatsu | 2006-06-30 23:12 | 日々の生活。
<< とり。 relax! >>