いろいろ。
今日の音。「Artur Rubinstein Selections from The Chopin Collection」
 “Polonaise in A-Flat, Op. 53 ("Heroic")”

風邪をアメリカの薬で治したつもりになっていたのですが、月曜日の夜中、大雨の中を歩いて帰り、オーストラリアで買った『House Of Cashmere(ハウス・オブ・カシミア)』のストールをかぶっていたため、ストールはびっしょり。
でもいいものってすごいもので、すぐに乾き(パシュミナはすぐ乾くし結構水を弾くので)次の日は使える状態になっていましたが、わたしが駄目で、オフィスにふらふらで辿り着くも、約束した時間に取引先からの仕事結果が来ておらず、お熱の頭で冷静に対応、13時には、というので『北里研究所病院』へ。
受付時間ぎりぎりに入ったので診察からお薬が出てくるまでの間1時間と、結構早かった。(じゅうぶん遅いのだけれど、慣れてしまった)

毎年行っていた『カンヌ広告祭』の発表会に出席できず(チケット売り切れ)、事務局に電話したところ「当日券の販売があるかもしれません」と言われていたのだが、仕事で行けなかったのだー。ぐすぐす。

また、「みえるひと」のところに行きました。
今度は悩める美女、よんよん(韓国美女)を連れ。わたしは『飛露喜』の1升瓶を抱え、先月誕生日だった「みえるひと」へのプレゼントを持って行ったのだが、常連の中に馴染むよんよん。
「みえるひと」にいろいろ聞いて、そして気に入られていた。
朝の2時まで。ふ…。風邪薬を飲んでいるわたくしはお水で酔っ払いの中におり、みんなから
「酔っ払ってる中に冷静な奴がいるのってやだ」「記憶力のいい女ってこわい」などと言われていた。1年前にちょっと会っただけの人を覚えているわたしって、変なのか? なぜその記憶力が条文に反映されないのだろう。
「あ、えっと○○がだめな奴でしょ? 3年くらいだっけ、刑」
なんていう覚え方をしていてはいけないと思うのです。
その場に先輩(役者)、そしてわたくしの先輩にもあたり、先輩の友達でもある女性弁護士もおり、「やっぱり勉強しなきゃなあ」としみじみ。
最近仕事も落ち着き、自分の中で立ち回り方が確立されてきたので「読書の秋」+「勉学の秋」にしたい、と思っております。がんばるぞ。えい。(←やる気なさげ…)
[PR]
by rinkomatsu | 2006-10-05 01:30 | 日々の生活。
<< ぱらぱらぱら日記。 杞憂くん。 >>