命日。
おじいちゃんの命日でお寺へ。
朝から肩がおかしかったのですが、早稲田のとんかつ・すき焼き屋さん『はせがわ』へ行き(姉の旦那さんおすすめだがわたしには六本木にある旧とんか亭『かつや』のほうが美味しいと思えた)、吉祥寺の『DEUX LIMONS(ドゥ・リモンズ)』でケーキを食べた頃にはかなり痛くなっていた。

実家でのんびりした後はもう最悪で、恵比寿のマッサージ『東洋治療院』へ駆け込んだのだが鍼は予約がいっぱい。
とりあえずマッサージをしてもらって、明日の鍼予約をしてきた。

「肩のぎっくり腰」と言われたくらい、肩が上げられず、タクシーの振動でも痛い。
肩甲骨と背骨の間に、直径3cmくらいの錐を入れられているように痛い。
息が止まるし、深呼吸しても痛い。

命日にこれって…。
わたし、呪われたりしてる? って思うくらい、痛い…。
[PR]
by rinkomatsu | 2006-11-19 21:38 | 日々の生活。
<< 信じられない。 浅草その2. >>