夜空酒。


無事ワインオープナーも見つかったので、この間のデザートワインを外のデッキ(ルーフバルコニー)に持ち出し南極探検隊のような格好をして外で飲みました。
片手には『リーデル』のデザートワイングラス、そして『iPod』。
月も見えてきれいでした。
b0012979_429223.jpg

ドラミは心配したのか、ずっとドアの入り口で座って待っていました。
もう寝ていいのに。

お酒をどかーんとした景色の中で飲みたいと思うのは不思議でしょうか。

お酒の味はともかく、『Park Hyatt』のPeak Lounge、あそこは景色がベストだと思います。
あれで音楽がもっといいといいのですが。
最近行ってないなあ。

お酒が美味しくスタッフを知っているという点で『Grand Hyatt』の『The Oak Door』、『MADURO』にばかり行ってしまうのですが、どかーんとした景色の中美味しいお酒が頂ける(決して『Le Bar』的ではないところ)があったら行きたいなあ、と思います。
が、場所は都内で。

外に1時間強いて、ワインをハーフボトル空けたら飲みに行きたくなりましたが明日は一応オフィスに行かないと。三味線のレッスンもありますし。

でも、地下や窓のないバーでは味わえない気持ちよさが、外にはあるのです。
空気によってワインの味も変わるし。

いろんなことを考えました。

お友達が言った「1人ではない」ということ、実感したり。
わたしは周りにいる素敵な人たちによって生かされ、楽しく日々を過ごしているんだな、と。
困っても極力連絡しない理由は、彼らによって「大丈夫」なメンタリティが保たれているから。
その人たちが作用しているおかげで、わたしは頑張れるのだな、と思いました。

うーん、うまく言えないけれどわたしは周りに恵まれていて、見えない支えをたくさん頂いているからつらいことがあっても大丈夫なのだ、と思ったのです。
月と一緒に飲んでいる時は「お」と思う言葉が浮かんだのですが。

そろそろ寝ます。
おやすみなさい。
[PR]
by rinkomatsu | 2006-12-08 04:37 | 日々の生活。
<< 働きマン。 違い。 >>