春の風。
今日の本。「三島 由紀夫」 "春の雪(豊饒の海・第一巻)"

父と遠出をするために、7時起きだった昨日。
夜中いろいろ作業をしていたら興が乗り、寝たのは3時頃。

ぽかぽかした1日、いつも肌には日焼け止めとパウダーしか塗っていないわたくしの肌が寝不足のため日焼け止めに負け、父と別れ久々に『伊勢丹』参りの途中、化粧室に行った時「なんじゃこりゃあ」とお肌の一部が真っ赤なのを発見。
がーん。
お風呂でのんびりしたら治りましたが、ちょっとこわい…。
肌に優しい日焼け止めも持っているのだが、わたしの基礎化粧品との相性が悪いためほとんど使っていない。
今後は少し考えないと。

愛用している某化粧品ブランドのお兄さんが某化粧品ブランドへと転職、出世し有名メーキャップアーティストとして活躍していることがわかったり、いつも伊勢丹に行くと買う『崎陽軒』の『特選シュウマイ』が売り切れていたり、下着売り場でいつも担当してくれる方がお休みだったりと、今回の伊勢丹参りはちょっと悲しかったのだが、ちゃんと目的のものは購入。高校生の時5本くらい持っていた『シマロン』のパンツを新調し、くたくたになってタクシーで帰宅。

久しぶりに明治通りを通ったのだが、春になりかけの街っていいな、と思った。
実家からおばあちゃんが使っていた象牙のばちなどを持って来ていたため、かなりかばんが重く、お買い物も立派にしてしまったためくたくた。
やっと座れたー、と車窓を見ながらうとうと。
ちょうど夕方だったので、家に帰る人やこれから遊びに行くであろう人、待ち合わせの男女などがいる『ラフォーレ原宿』と『GAP』の前はほほえみや夜への期待などが幸せそうな雰囲気を作っていて、「えーもん見たわあ」な気分に。
身体はくたくたなのに、心はほかほか。

わたしは季節の変わり目に敏感で、夜どきどきしてどこか遠くへ出かけたくなってしまうのだが本当にレンタカーしてどっか行っちゃおうと思う。
父に「あのさ、ブレーキってどっち? A、B、Cだから、こっち?」(とブレーキを踏む動作をする)
「オートマにすればいいじゃん。でもオートマのほうが危ないか」
「そういうことじゃなくってブレーキ教えてよ。どっち?」
と電車の中で話すおおぼけ親子。
「あんた危ないわよ車は」と父に揶揄(いや本気?)されたのだが、絶対ドライブ行ってやる。
甘い夜の風を浴びながら、好きな曲をかけて車を運転するなんて贅沢、久しぶりにしていない。
今度友人が開催する「ポーカーナイト」のためにポーカーのhow to本を買うついで、運転の本を購入してからドライブに行こうと決めました。
ブレーキは右側ですよね???
[PR]
by rinkomatsu | 2007-02-22 00:58 | 日々の生活。
<< 「雑草」。 楽しいことしかしたくない。 >>