生存確認。
今日の音。「Journey」 "Any Way You Want It"

京都氏のことが心配だったので、2日熟考した後彼の友人であるドンさま(ドン・ジョンソン似だとわたしは思う)の会社へ電話。
京都さんの会社へは電話できないし、プライベートのメイルも返ってこない。
今はお友達だけれど、わたしのような立場だった人間は彼に何かあっても知るのは最後の最後。

意を決した電話に快く対応してくれたドンさま。
「生きてるよ」と言って下さり、泣きそうになりました。
ただ、ドンさまにも最近連絡を取っていないらしい…。

わたしと京都氏のことをリアルタイムで知っているのは火鉢くん(親友)なので、忙しいのを知りつつ電話したのだが打ち合わせ中とのこと。
出張から戻った新人さんと18時30分からオフィスで会わなければ行けなかったのだけれど、どうしても行く気になれなくて骨董通りの『Starbucks Coffee』で音楽を聴きながら1時間ほどぼうっとしてしまった。

誰かにただこの話しを聞いてほしかったのだけれど、誰もいない。
年上のお友達にメイルを送りかけ読み返し、取りとめがなさすぎる内容で送れないなあ、わたしは何を伝えたいんだろう、とため息。

ただ無事で、まっすぐ前を見ていてほしい。
元気になったら連絡をくれればいいなあ、と思う。
[PR]
by rinkomatsu | 2007-11-29 14:42 | 日々の生活。
<< ぱらっと。 おとこをみるめ。 >>