ドラミのごはんについて。
今日の本。「CECILY VON ZIEGESAR」 “YOU'RE THE ONE THAT I WANT”

わたしは「日本はなしことば検定」の3級を持っていたのだが、検定自体なくなってしまったらしい。今調べていたら判明。履歴書の「資格」欄に書けないじゃん。とほほ。
秘書検と、漢字検定と、免許と、あとなんだろう。忙しい。

さっき『kinko's』に行って、ブック(モデルの履歴書)と今まで書いたものをコピーしてもらいに行ったら奥でスタッフがわたしの持ち込んだ雑誌や写真を見て盛り上がっていた。あのう、そばに本人いるんですけど。「わー、○○だあ。あの人が書いた記事かな?」そうです。そこに名前載ってます。「この写真いいね」ありがとうございます。
超恥ずかしかった。君たち、人にわたしのペンネームとかブックの内容話さないでね。


ああ、あまりに忙しいので本題から外れてしまった。
最近わたしのところへ「安全なキャットフード」で検索に来る人が多いので、ちょっと載せようと思っていたのだ。

わたしがドラミにあげているフードは、主に「ソリッドゴールド」(ウエットと乾燥フード)「Azmira(アズミラ)」(ウエットと乾燥フード)、「DENES(ディーンズ)」(ウエット)である。
が、彼女(ドラミ)はアメリカの猫おやつが大好きでもある。この子は西武の上にいた5ヶ月まで、市販の添加物の多いフードを食べていたので味濃いめが好きである。
悪いとは思いつつ、彼のお母さんが日本に来るとたくさん持ってきてくれる猫おやつ、まあたまにマクドナルド食べるようなもんだな、と思ってあげているのだが、台所にわたしが立つと、もうそこにフードがあるのをわかっていてねだる賢いドラミ。

大抵キャットフードはネットで買っている。わたしが今主に買っているのはここ。
エンジェルズハート。購入すると、「免疫について考える」「安全な成長ホルモン産生を促すには」「猫の性格を調べる」などのプリントをつけてくれる。(誤字が多いが結構真面目な内容)
以前は須崎氏の著書「ナチュラル派のためのネコに手づくりごはん」を読んで自分でも作っていたのだが、ドラミは強情でなかなか食べてくれず、わたしも忙しくなったりしたためにまた缶詰へ。どうせ缶詰を食べるのならいいものを、と思い現時点で一番いいんじゃないかとわたしが判断した3種類をあげている。たまにハツや砂肝をゆでていれたり。これに日々アメリカで買った猫用ビタミンを加えているのだが、ドラミはごはんをあげてすぐ台所へ行くとすぐに甘えた声を出しついてきておやつをねだる。

これがドラミを夢中にさせているアメリカのおやつ軍団。(実はもっとある。1種類ずつ出してみた)ごそごそしていたら気がついたのか、バイオライトの下で寝ていたドラミ控えめに乱入。
b0012979_0371512.jpg

これが『WHISKERS』(ウィスカーズ)という結構有名なペットフードなどを売っているお店お勧めの猫ビタミン。
b0012979_0391023.jpg

彼は「毎月ドラミにかかっているお金っていくらなんだろう。アメリカでもこんなにお金かけてる人っていないと思う」とつぶやくが、健康には代えられないのだ。

リンクはお知らせしていないので控えますが、お勧め手作りご飯サイトはこちら。
コテツの手作りご飯日記。
http://www.cotton-dou.com/cotton/degi_menu/gohan/start.htm
写真も綺麗で、コテツ君もかわいいのでお勧めです。「うちの猫はこれ嫌いだけど、こんなに食べてくれるようになるんだ!」と感動します。わたしもずいぶんレシピを参考にさせていただきました。
[PR]
by rinkomatsu | 2004-11-02 00:44 | 猫。
<< SKULL AND BONES... ふふふ。 >>