不安定。
今日の音。「Led Zeppelin」 "Stairway To Heaven"

どうにかいいところを探そうとして、でもいやなことを思い出してしまって、いいことでまた打ち消そうとして心がぐちゃぐちゃになる、ということを繰り返し放心状態が続く最近。
わたしにとって母方の祖父はそういう存在で。

この関係と感情はちょっと異常なんだろうな、と理解しているのだけれど、わたしと彼は既にそういう人間関係を築いてしまい、もう再構築は出来ない。残念ながら。

去年summer schoolでカウンセラーの資格を持っている先生に
「凛は家族の問題を乗り越えるべきよ」
と言われた。わかっているんだけど。ネガティブな感情はわたしの代で終わりにしたい。
ただ、されたこと、起こってしまったことはもう変えられないから。
そして、いろんな事情を知らずそう言った先生に少しいやな感情を抱き、またそのことで自己嫌悪になったりした。

わたしはおじいちゃんの正確な歳を知らないし、夢が何だったのかも、おばあちゃんのどんなところを好きになったのかも、今まで生きてきて何を得たのか、座右の銘が何なのかも知らない。
人生は自分が得たものを後世に伝えていくということなんじゃないかなあとぼんやり思うわたしは、おじいちゃんが今まで得たものを受け取らずに別れてしまうことを残念に思う。

家族でも、親戚でも相容れない人がいるという悲しい事実に気が付いたのはもういつだったか忘れてしまったけれど、おじいちゃんの笑顔や優しかったところを必死に思い出そうとしているわたしを客観的に見ている自分がいて、何でそんな複雑な感情を抱くのかなあと思っている。
明日、おじいちゃんにさよならを言ったら何か変わるのだろうか。
[PR]
by rinkomatsu | 2008-07-09 01:51 | 日々の生活。
<< ぱらっとさくっと日記。 分岐点。 >>