10月。
今日の音。「Wings」 "Maybe I'm Amazed (Live)"

10月は、わたしにとってものごとがはっきりする月らしい。

長年あった家の確執が表面化、やっぱり法的に解決をする方向になったり。
知人の紹介で出会った、あらたなみえるひとに過去から続く、わたしの心にあるトラウマを指摘されたり。
クリエイターさんと別れてしまった彼女の間にあったことを聞いたり。
同居の彼と、ますます法的に離れにくくなってしまったり。


落ち込んだり、考えすぎて頭痛になったり、下を向いて歩くくせがついてしまったり。
それでも、これでも前向きな気持ちを保っていられるのは周りにいる人たちのおかげなのだと思う。

そして、わたしが決めたことが進んでいて、あとは交渉次第というところまで来たこと。
これが今、わたしの中にある明るい希望。


2日ぶりに会ったわたしとクリエイターさんは、中目黒の某おそば屋さんへ。
お庭が綺麗で、猫も見られて大満足だったのだけれど。
クリエイターさんとのお話しの中でわたしに複雑な気持ちを与えるものがあって、それをうまく伝えられず、また伝えてもいいのかわからなくて子供みたいな態度を取ってしまった。
クリエイターさんは、物事が決まるまで言わない人。
わたしは過程も含めて話す人。
どちらがいいという訳ではないのだけれど、クリエイターさんは最近いろいろと大きなことを決定していて、それを決定後に知ったわたしは少し悲しい思いをしたのだ。
自分の立場を棚に上げて、だけれど。

クリエイターさんはわたしのことを「俺は彼女だと思ってる」と言ってくれたが、わたしには同居の彼がいる。
同居の彼は今わたしが抱える問題にいろいろ力を貸してくれて、法的にまた離れにくい関係となってしまった。


目黒川沿いの桜並木はこの季節でも綺麗だった。
ここの桜をわたしは何回見たのかな。来年の春、わたしは誰とここに桜を見に来るのかな。


桜。
家にまつわる問題が、今のわたしと父にとっての大きな課題。
「来年はみんなで綺麗な桜を笑って見ようよ」がわたしのスローガン。
それまでには、わたしの周りのいろんなことも片付いているといいな。


中目黒から表参道までクリエイターさんとのんびり歩いて帰り、送ってもらった後メイルでわたしの子供じみた態度を謝った。
クリエイターさんからの返信は「はやく色々かたして 彼女になりやがれ」。
そうなりたいですよ、わたし。
でも、なれるのかな。
[PR]
by rinkomatsu | 2008-10-26 02:06 | 日々の生活。
<< 京都。 軽井沢。 >>