カテゴリ:日々の生活。( 481 )
Blogも引っ越しました。
みなさまこんにちは、小松りんでございます。
Blogもゆっくりと引っ越し、現在Bloggerで「表参道Journal second.」を細々と書いております。

ご興味ありましたらご覧くださいませ。
[PR]
by rinkomatsu | 2011-10-27 11:52 | 日々の生活。
自立への道。
お久しぶりです、小松りんです。
しばらくご無沙汰しておりましたが、みなさまいかがお過ごしでしょうか。

わたくしはこの度、10年一緒に住んでいた彼の家を出て、初めて1人暮らしをすることとなりました。つまり「自立」です。
10年も生活を共にした人とお別れするのは、婚姻関係を結んでいなくても「離婚」のような感じがいたします。

常に人の気配がしていた家から、1人+猫の生活に。
当然さびしいこともあるでしょう。もちろん楽しいこともあるでしょう。
いろんな自分の感情の変化を記しておきたい、と思ったのでまたブログを再開することにしました。
「小松りん自立日記」です。

自分のための、自分の日記。
ブログを持っていたことで、たくさんの素敵な方々と知り合うことが出来ました。自分のための媒体ですが、ここからまた新たなご縁ができればとってもうれしいです。

今日は新月。
今日から新たに始めたことは上達、お願いごとは叶いやすいと言われる日。
素敵な一日となりますように。
[PR]
by rinkomatsu | 2011-06-02 08:24 | 日々の生活。
恋?
今日の音。「REM」 "Loosing My Religion"

どきどき。
「心臓おかしいのかな?」と思ってしまうような鼓動を最近感じていなかった。

その鼓動がひとたび起きると、景色が変わって見えたり、ものの見方がポジティブになったり。
そして、ある1人の人に対しての感情が変わったことに気づく。
それを恋と呼ぶのだろうけれど。

ずいぶん前から知っている男友達とまる1日一緒に出かけたら、気づいていたのだけれどちゃんと認識していなかったやさしさなどに触れ、妙にどきどきしてしまった。
「男の人」なんだな、と、当たり前のことに今更納得(苦笑)。

メイルの返信がなかったりすると「忙しいのかな」なんて気になる始末。
こ、恋なのでしょうか。
どうしたんだ、わたし。。
[PR]
by rinkomatsu | 2010-08-15 01:15 | 日々の生活。
サマソニ。
今日の音。「Stevie Wonder」 "If you really love me"

1つは楽器演奏を習得しなければならないという家訓がある小松家。
物心ついた時、わたしの1番身近にあった楽器はハーモニカだった。
もう覚えていないほど小さい時から聴いていた、スティービー・ワンダー。
4歳の時「この人に弟子入りしたい」と真剣に考え、手紙を書こうとしたのだけれど妙に現実的な母親に「世界的に有名な人が凛からの手紙なんて読むわけがない」と言われて、なんだかとてもショックを受け、ずっとファンでいたけれどもただ、それだけだったスティービー。
ライブにも、コンサートにも行かず、ただファンだっただけのわたし。

「知識よりも体験」と昔お付き合いしていた男性に言われたことをふと思い出し、今年初めてサマーソニックに参戦してみた。

観たかったのは、「30 Second to Mars」とスティービー・ワンダー。
30STMのステージは通訳としてお客さんをステージに上げちゃったり、自分から客席に飛び込んで行ったりとかなりやんちゃなものだったけれど、とっても楽しかった。

スティービーのステージは、20分くらい遅れて始まったのだけれど「そんなの問題じゃないよ」というくらいのステージだった。
あんなに簡単に、心の琴線に触れることのできる声、音は、どんな心から生み出されるのだろう。

気持ちいい風が吹くほぼ満席の球場、素敵な音。
ほぼ真正面で音を受け止めることができて、とても幸せだった。
目をつぶって深呼吸。
1つ年を取る前日に、彼と同じ空間でその歌声を聴くことができて、本当によかった。

サマソニ参加アーティストのみなさん、スタッフのみなさん、そして同じ場にいたみなさん。
ありがとう!楽しかったです。

幸せな理由はもう1つあるのだけれど、それは今度。。えへ。
[PR]
by rinkomatsu | 2010-08-12 02:45 | 日々の生活。
モノより心にぜいたくを。
今日の音。「植村 花菜」 "トイレの神様"

ファストファッションが街を席巻し、「不況」「株価低迷」の文字が出版物のタイトルに躍る近頃。
ちょっと前まで女性誌を飾っていたのは「セレブ」「リュクス」などの文字。
わたしの印象では、ブランド物をたくさん持ち、素敵なレストランにごはんに行く外資系女子、未婚。みたいな人が「かっこいい」ともてはやされていた気がするのだけれど、
今や「シック」だの「上品」などの文字が目に付く。「Vogue」や「Precious」などはまだまだいけいけどんどんな感じだけれど、それでも変化が見受けられる。

お金があっても、品や人間性は買うことができない。
いわゆる「成金さん」が増え、素敵なお洋服を着ているのに幸せそうでないお顔立ちの人が多くなった。
やっぱり、家族やパートナー、ペットなど、誰かを愛したり愛されている人は本当に素敵な表情をしていると思う。
会社でいくら成功していても、家に帰って1人になれば、ただの人。
そこに自分をまるっと愛してくれる存在がいなければ、かなしいんじゃないかしら。


いくらBergdorfで好きなだけお洋服や靴が買えても日常が乾いている人より、なんでもない日常が充実していて、それを大事にしているほうが素敵だな、と思った。
モノより心にぜいたくを。
そんなことを、考えました。

そんなことを思っているわたしが最近はまっていることは、
1. ベランダ菜園のお手入れ
2. うちの上に巣を作ったすずめたちにお水を毎日あげること

でございます(笑)。
[PR]
by rinkomatsu | 2010-07-29 01:40 | 日々の生活。
疑問。
久々TVを見ていて思ったのだけれど、今度始まるらしい「GM~踊れドクター」って、米ドラマ「Dr. House」にコンセプトが酷似していないかしら…。
観ていないからわからないけれど、今公開されている情報によると、

asahi.comより

QT「ドラマも、文字通り「総合的に」患者と向き合い、病名を突き止めるまでのプロセスを丹念に追う。演じるのも医師というより、まるで探偵のような医療ミステリーだ」

一方、Dr. House(wikipedia)

QT「診断医としての評価は高いが一匹狼で捻くれ者のハウスとそのチームが、他の医師が解明出来なかった病の原因をそれぞれ専門分野の能力や個性を生かして突き止めていく姿を描く医療ドラマ。」とある。

しかしDr. Houseは観た人はわかる通り患者さんの病名や原因がわからず、医師たちが力を併せて
解明していく「医療ミステリー」と言ってもいい内容。


Houseファンからすると「似すぎじゃあない?」と思ってしまうな。。。

*Houseは通常踊りません(笑)
[PR]
by rinkomatsu | 2010-07-18 01:59 | 日々の生活。
no music, no life.
軽くお酒を飲んで、おいしいご飯を食べて。星が見える夜遊びにぴったりな夜、「明日もあることだし」と大人な選択で帰宅し、本を読みつつ音楽を聴いていたら、いろんな気持ちを喚起させる曲が。

今日の「曲」たちは、U2の「Where the street have no name」とAlicia Keysの「Try Sleeping With A Broken Heart」。

最近クラシックばかりで歌詞のある音楽を聴いていなかったのだけれど、自分の好きな曲というのは歌詞にも大きな意味があって、その時々でいろいろなことを思い起こさせてくれる。

この3年くらい、New Yorkに行ってないな、とか、自分は小さいなあ、とか、あの時好きだった人は元気かな、など、一貫性のない考えがあふれる。
考えたって、どうしようもないことも。

思えばこういうふうにぼけっと自分の思考に目を向けること、久しぶりで。
自分が何を感じて、何を考え、何に向かっているかをきちんとつかまえないと進む方向がぶれてしまうんだろうな。

なんて、あたりまえのことを思った。
[PR]
by rinkomatsu | 2010-07-13 01:49 | 日々の生活。
ぱらっと日記。
今日の音。 「Alicia Keys」 "Try Sleeping With A Broken Heart"

試験前ということもあり、だいぶおとなしく生活しています。
そんな中でも、いろんな変化が。


○「やさしい」人へ。

知り合った人が、はちみつにも負けてしまうというお肌の持ち主で美容についていろいろお話し。
やっぱりケミカルこわいわあ、とシャンプーや歯みがき粉、アフターバストリートメントなどを見直しし、シャンプーは「La Casta(ラ・カスタ)」から「シャボン玉シャンプー、リンス」に、アフターバストリートメントは「十六油」から「大島椿 EX EXCELLENT」へ。

最初にアフターバストリートメントから変えたのだけれど、大島椿はすごい!
自分に合った分量さえわかれば、本当にすばらしいつやと、シリコン含有ものにはない軽さ、さらさら感が。
美容院でも「ヘアケア何に変えたんですか?」と言われるくらいの効果。

シャボン玉は「きしきしする」「すごくばさばさに」という意見を聞いていたのでどきどきでサンプルを取り寄せて試してからの購入。
確かにきしきしはするのだけど、リンスをすれば気にならず。
しっかりゆすげばクエン酸特有のお酢臭も消える。
香りがないのがさびしいけれど、アロマオイルなどをシャンプーに混ぜて使えばその日ごとに楽しめるし、お気に入り。動物にも赤ちゃんにも使えるらしい。そして万が一、飲んでしまってもあまり問題はないそうな。
ケラスターゼ、ilga、avedaにKiehl'sまでいろいろ使ったけど、結局シンプルなものに行き着くのかしら。

歯みがき粉は「Frantshila(フランシラ)」のものに。
キシリトールが20%も含まれているそうな。
でもこれが終わったら、シャボン玉本舗の「せっけんハミガキ」に移行。
やっぱり少しでも身体に悪いものは入れたくないもん。

リップクリームもフランシラの「オーガニックハーバルキッス」に。レメディも入っているリップクリーム(バーム)ということで、バッチの資格を持っているわたしには妙に親近感が。パッケージもかわいいし。
しかも、3時間30分間の模試前に塗っておくとその間大丈夫というすんごい効果。
出会えてよかった…。

あ、そしてお風呂に入れたりパックに使える泥(ピート)「Humic(ヒューミック)」もすごい。
お風呂に入れればとってもあったまり、パックにも使えてしまうというできる子。
お風呂に入れると薄い烏龍茶色になりますが、しっかりあたたまる。200種類以上のミネラルが含まれている、と伊勢丹フランシラコーナーのおねえさんに説明された。
お姉さんに聞くと「お肌ぴかぴかのミイラ写真」も見せてもらえるのでご興味のある方はぜひ。


シャボン玉石鹸もそうだけど、自然なものは環境にも人にもやさしくてうれしいわあ。


○気がついたこと。

恋愛において、悲しい、とか傷ついた、という事象の原因は「大切にされていない」と実感したからでは? と最近やっと思い至った。
恋愛がうまくいく秘訣はとってもシンプルな「相手をどれだけ大切にしているか」と、「どれだけ大切にしているか、相手にわかるように伝えること」なんじゃないかしら。

その考えに至るまでに、生まれてきてから12000日以上を経ました。。。
[PR]
by rinkomatsu | 2010-04-25 02:24 | 日々の生活。
使命…?
今日の音。「Alicia Keys」 "though it all"

先日、ひょんなことから超有名手相観さんに手相を観て頂く事に。
いきなり手相を観るのかと思いきや、世間話や雑談をしてから鑑定に入るリラックススタイル。
とっても落ち着いて観て頂きました。

1番びっくりしたのが「あなたは物を書いて人に何かを伝えていくのが使命」と言われたこと。
さんざん某○chでもこきおろして頂きましたが(苦笑)、某出版社で物を書いていたのは真実で、その時の女性上司とトラブルがあったため、お金をもらって文字を綴ることに実は今でも抵抗がある。
銀座の前はまた違うメディア系でお仕事をしていたのだけれど、そこに入社した際も
「物を書くのは好きだけど、また以前のような思いをするのはいやだな」と思っていた(幸いなことに杞憂に終わったけれど)。

今までのことをお話しし、同情して頂いたり励まして頂いたりしたのだけれど腑に落ちない顔のわたしにその先生は「使命なの」とにっこり。
そうなのかなー。。。

ブログがあるんですけれど、と言うと「それでもいいのよ。とにかく自分が思ったことやいいな、と感じたことは発信すること」。
ではこれまでのままでいいってことですよね?


好きなことや夢を追いかけていると、おっきな山が出現するらしい。
そこをいかに超えるかで、その好きなことや夢が自分にとってどれだけの思いが詰まったものか、またどんな形で成功するかが決まるそうな。
これはいろんな人がいろんな表現で言っていることだけれど、わたしが経験したトラブルも「山」だったのかなあ。


今年はちょっとずつ、ブログ更新頻度も上げていければいいかな、と思いました(単純)。
[PR]
by rinkomatsu | 2010-01-14 15:39 | 日々の生活。
New Year's Resolutions.
今日の音。「Alicia Keys」 "try sleeping with a broken heart"

今年の抱負は「自分が愛し、愛してくれる人と楽しく過ごす」。
31にもなって、これが1番大切だと実感しました。

どんなお金持ちでも、パートナーとの関係が破綻していたらさみしい。かなしい。
周りを見ていて、愛とお金は両立しないのかも、、、と思っていたけれど、それは違うみたい。
両立している幸せなカップル、いる。
いろんなものを取り除いた時、その人の素の姿を本当に好きかどうか。
お金持ちになると、その余分なものが多すぎて、本質が見えなくなってしまうのかもな、と思った。

お金うんぬんじゃなくて、好きな人とにっこり楽しく過ごしていれば幸せで、そこから幸せは広がっていくんじゃないかな。
ディズニー映画みたいですが、そう実感することがあり。

厄年なのに、1人暮らしを始めようかな、と考えています。
わたしも余分なものが付き過ぎちゃったみたいなので。
少しずつ、身辺整理をはじめています。


音楽に感動したり、四季の移り変わりに心動かされたり、夜の表参道を散歩したり。
そういう、以前普通にしていたことを忘れてしまっていたわたし。
やっぱり自分が1番軽やかに動ける環境に身を置かないといけない。


他にも新年の抱負はたくさんあるのですが、自分が気持ちよくいられる環境に身を置くこと。
これは絶対。これからの人生で、徹底しようと思いました。
[PR]
by rinkomatsu | 2010-01-11 00:37 | 日々の生活。