<   2004年 11月 ( 20 )   > この月の画像一覧
おじいちゃんへ。

おじいちゃん。
7日経ちましたね。今日は満月です。知ってますか?

お葬式が終わって、今はおじいちゃんの荷物を片付けています。
寂しい作業だけどみんなもくもくとやっています。
ぶーが「わたしは姉よ」っていうのを前面に出すのでわたしは辟易していますが、お父さんは「元気になったからいい」と言っています。

テーブルクロスとか、手品の道具とか銃の模型とか、知らなかったおじいちゃんの楽しみが明らかになってきました。テーブルクロス、お正月におじいちゃんちで宴会するために買ったんでしょ? 来年はないかと思っていました。

年賀状も見たよ。お正月になったらおじいちゃんに届いた年賀状と今まで届いてた手紙や荷物の送り先の人におじいちゃんのことを伝える手紙を出します。それで大丈夫ですか?

みんなへの言付けなどがないので、ちょっと困っています。
でも、全部お父さんが代表ってことでいいよね? 喪主は彼がしました。そして今、おじいちゃんの財産のことでちょっと困っています。
わたしはI弁護士にすぐ会おうって言ったんだけどみんなは内輪で解決したいみたい。でもともこおばさんがうるさくて、わたしはもめると思う。
小夜さんも弁護士つけた方がいいって言ってた。そしてそれは「日本的な考え方じゃないから」って。おじいちゃんだって日本人じゃないんだからわかるでしょ? おじいちゃんはどう思いますか? わたしはみんなに内緒でI弁護士とアカウンタントにこのことを相談に行きます。また勇み足って言われるかもしれないけど、お父さんはお金に明るくないので誰かが冷静に見てないと。
なんだかぶーも重要な仕事をしたいみたいで、いろいろ言って来ていやです。

桑木さんがおじいちゃんのことを見つけてくれました。
今日旦那さんにお礼渡したよ。伊勢丹で商品券を買いました。
見つけてくれた介護の人には、おじいちゃんが好きだったヨックモックの一番大きいセットを送っておきました。それで大丈夫ですか?

おばあちゃんですが、あそこの病院に今入院してます。
おじいちゃんとおばあちゃんが大嫌いだったあそこ。ごめんね。
誰もおじいちゃんみたいに24時間世話できないの。一旦あそこに入ってもらって、介護の老人ホームを探してます。誰もあそこには満足してないよ。
三喜おじさんも嫌がってる。ごめんね。わたしも悲しいです。
わたしたちじゃおばあちゃんにご飯を食べてもらうことが出来ないの。
知ってるかもしれないけど、鼻から管を通して流動食です今のご飯。

そう、安さん来てくれたんだよ。お店休みだったの。
おかみさんも、娘さんも一緒に。目が赤かったよ。
お父さんたちが安さんに行って、おじいちゃんのこと知らせたらおかみさん腰抜かしちゃったんだって。それくらいおじいちゃん元気だったんだよね。

戒名見ましたか?
みんなでとってもいい戒名だね、って言ってます。深厚っていう言葉も入ってるし。おじいちゃんにぴったりです。長いけど。(長いほどいいらしいね)

あ、歌舞伎の人たちも来てくれたよ。
国立劇場に戻らなきゃいけないからってすぐ帰っちゃったけど、来てくれた。
見てましたか?

わたしは、これからおじいちゃんといろいろ話すの楽しみにしてました。
伊藤塾に戻ったらまたいろいろ聞かれるんだろうなあ、とか、お父さんの新しいお店の話とか。たくさん喧嘩もしたけど、もっといろんなことを話したかった。わたしのことを理解して欲しかった。

財産のこと、どうしたらいいですか? おじいちゃんはどうして欲しかった?
おばあちゃんに何をあげてたかもおじいちゃんは自己管理で何も書いて残していなかったので、誰にもわかりません。でも何がどこに入ってるか、全部書いてあって部屋も綺麗だったので助かりました。ありがとう。
株のこととか、どうしよう。財産分割協議書も作ってません。相続税のこともみんな知らない。彼ともいろいろ相談してるんだけど、わたしはまだ子供だと思われてるから専門的なことを言っても誰も聞いてくれない。それに今冷静な人がいないから耳に入ってすぐふわっとどこかへ消えてしまうみたい。だからプロに助けて欲しいのに。おじいちゃんの財産を守るために。わたしの考え方は間違ってるのかな。
わたしの周りは外人ばかりだけど、みんな弁護士つけろって言うよ。日本人の男の子もそう言ってた。小松家ではわたしだけ。

あと、おばあちゃんにはおじいちゃんのことまだ誰も言っていません。
勘の鋭い人だからもうわかってるかもしれないけど、まだなの。

あまりに突然で、みんな今も信じられないと思う。
お父さんは上手に1人にならないようにしてる。わたしも信じられない。

お骨を拾うのためらったのは、ともこばばあが思ってるように気持ち悪いとかいうことじゃないよ。おじいちゃんが元気だった時の思い出を骨の映像で塗り替えたくなかったから。
最後にお花を周りに置く時顔を見なかったのは、笑顔だけを覚えていたいから。
逃げかもしれないけど、わたしはおじいちゃんがばしっとわたしの肩を叩いた時の力強さや水割りを飲んで笑ってる顔だけを覚えていたいの。

みんなのこと、見守ってください。
間違ってることをしそうになったら、止めてください。
お願いします。

そして、お父さんのこと、気にかけてあげてください。
よろしくお願いします。
今までありがとうございました。
[PR]
by rinkomatsu | 2004-11-26 22:10 | 日々の生活。
さようならおじいちゃん。

19日の夜、ヨガに行こうと思っていたのだが疲れていて家で『ぽちたま』を観ていたら父から電話。「親父が倒れたって」。
西荻窪に行こうとしたのだが、「いい」と言われ、心配しながら明日お見舞いに行こうと考えていたら、また父から電話があり「親父死んだって。ぶー(姉)に電話してから西荻に来て」と。
一瞬何のことかわからなくて、言葉がなくなってしまったが、姉に電話し接待され中だった彼に電話をし、念のためにお金を下ろして西荻へ行った。

おじいちゃんは寝たきりになったおばあちゃんの世話を24時間ほぼ1人でしていた。
この日は入浴サーヴィスの人が来てくれることになっていて、おじいちゃんと9時に話した時は元気だったらしい。14時の約束で、家に行っても電話をしても出ない。変だということで18時頃次男のおじさんに電話があり、鍵を壊して入ってもいい許可を得て入ったらおじいちゃんが台所に倒れていたらしい。

わたしが着いた21時前にもおじいちゃんはそのままだった。
警察の人が来るまで動かすな、と言われていたのだ。

発見した介護の人、お隣の仲が良かった人、野次馬(むかつく)などがいる中、鑑識の人が来ていろいろ見て聞いて、おじいちゃんを運んで行った。

遺言もなし。互助会に入っているかもわからず、スクラップしかけの新聞、書きかけの手紙などが置いてあったテーブル。本当に突然だったらしい。
まめな人だったので、部屋はきちんとしていた。

今も親族ばたばたしていて、言葉は悪いが家を家捜ししている。保険証や通帳、印鑑などがないといろいろな手続きが出来ないからだ。

隣の部屋でおばあちゃんは寝たきり。ちょっとぼけてしまっているのでおじいちゃんがもう2日顔を見せていないのには気がついていないかもしれない。

人が死ぬ時、心残りのある人のところへふうっと会いに行ったりすると言うが、何もなかった。
朝、いつもよりしつこくドラミが起こしに来たくらいだ。
居間には年賀状の準備が。
とてもせつなくなった。
[PR]
by rinkomatsu | 2004-11-20 21:57 | 日々の生活。
シャトーレストラン Joel Robuchon. (ジョエル・ロブション)
今日の音。「ELSA」 “T' EN VA PAS”

1週間ほど前、元『タイユヴァンロブション』からお手紙が届いた。
『ジョエル・ロブション』というレストランのオープンのお知らせ。
彼はソムリエだった若林さんと懇意にしていて、お店にも非常によく通っていたのでパーティに呼ばれたのかと思ったら違った。お店に行った人みんなに送られて来ているものらしい。

一部転載します。

---------------------------------

つきましてはオープンを記念して世紀の晩餐“ヘドニスト・ディナー”を開催いたします。世界で最も優れたシェフであるジョエル・ロブション氏による特別ディナーと、世界で最も影響力のあるワイン評論家、ロバートM.パーカーJr氏の選ぶ歴史的ワインの初の組み合わせによる究極のディナーをお楽しみいただければと存じ、ご案内申し上げます。

ガストロノミー ジョエル・ロブション“ヘドニスト・ディナー”

日時 12月15日(火) 19時~(18:30受付開始)
場所 シャトーレストラン ジョエル・ロブション
参加費用 お一人様 105万円(サービス料10%別)

限定20名様でございますので、満席の場合はご了承下さい。


---------------------------------

105万。さて、ワインリストを見ていただこう。(仏蘭西語は英語入力になります、フラ語に長けている方ごめんなさい見にくくて)

---------------------------------

□The Welcome Chanmpagne

Bruno Paillard's Special Created Cuvee

□The first Course Aperitifs
First Course (White)

1999 Hermitage l' Ermite Chapoutier
1989 Chateau Haut Brion Blanc
1989 Le Montrachet Domaine de la Romanee Conti

□Main Courses and a Trio of Great Bordeau Vintages
Second Course (Red Bordeaux Vintage 1990s)

1990 Chateau Montrose
1990 Petrus
1990 Chateau Cheval Blanc
1990 Chateau Latour

□Third Course
(Red Bordeaux 1989s)

1989 Chateau La Mission Haut Brion
1989 Chateau Clinet
1989 Chateau Le Tertre Roteboeuf
1989 Chateau Lynch Bages

□Fourth Course
(Red Bordeaux 1982s)

1982 Chateau Mouton Rothschild
1982 Chateau Certan de May
1982 Le Pin
1982 Cheteau Leoville Las Cases

□Historical Wines
(Old Vintage Red Bordeaux)

1961 Chateau Latour a Pomerol
1900 Chateau Margaux The Cheteau Bottling Magnum Bottle
1990 Cheteau Margaux B&G Bottling's Magnum Bottle

□Dessert Chateau d'Yquem
(Old Vintage Dessert Wine)

1929 Chateau d'Yquem

---------------------------------

ディケムは1928年の方がいいんだけど…。このワインとご飯(内容は送られてこなかった)で105万。15万だったら考えた。
あんまりいいワインではないと思う。1900年のシャトーマルゴー シャトーボトリングマグナムは気になるけれど、20人いたら1口くらいだろうし。

まだ先だけど、行った人に感想を聞きたい。
[PR]
by rinkomatsu | 2004-11-18 20:14 | レストランなど。
□コメントについて□
exciteのblogで書かれた記事は検索でもトップに上がることが多く、いろんな人がここを見てくれています。
わたくしの勝手な視点に基づいて構成されるblogなので、いろいろな意見を持たれる方がいらっしゃると思います。わたしの意見を不快に思う方もいらっしゃるかもしれません。

一時コメントをログインユーザーに限っていたのは、非ログインユーザーからのあるコメントがきっかけです。

その方はもういらしていないのでコメントを解放しますが、
これ以後論旨のない批判・非難コメント、荒らし的行為をした方はIDを警察、exciteに通報し、法的な手段を講じます。
また、悪意を持ってここにコメントする人が発生した際には、予告なくコメントをログインユーザーのみに変更することがあります。

一個人の視点からいろいろ書いているblogなので、お気に召さない方は他へ遊びに行っていただいたほうが有効に時間を使えると思います。


今まで非ログインユーザーでコメントしていただいていた方、ありがとうございました。これからもよろしくお願いいたします。
[PR]
by rinkomatsu | 2004-11-17 19:01 | コメント・リンクについて。
ペット共生型仮設住宅への署名。
署名のお願い

kuu0905さんのところからトラックバックです。
東海直下型地震がいつ来てもおかしくないと言われる今、わたしも地震が来たらドラミ(飼い猫)とどうなるのだろう、と不安です。是非一緒の場所に避難したい。

早くペット共生型仮設住宅が出来るといいのですが…。
[PR]
by rinkomatsu | 2004-11-17 17:24 | 動物愛護。
Lauburu(日本語読み ローブリュー、英語読み ラウブル) 
今日の音。「The Young Rascals」 “Groovin'”

昨日の夜彼が接待される予定がなかったので『Lauburu』(以下日本語読み ローブリューで)へ。
わたしは出来たての時1度来たきりだったのだけど、彼はDanなどとBlue Noteに行く前に来ていて今回で3度目。
b0012979_138461.jpg

『Steiff』(シュタイフ)製のこぶたのぬいぐるみをBergdorf Goodmanで購入して以来、ぶた好き(残酷なことに食べるのも…)になってしまったわたしにここのインテリアはたまらん。
いたるところにぶたがいるのだ。
オリビア(ぶたの女の子の絵本。黒と赤でスタイリッシュ)の絵でトイレは男女分けがしてあり、天井の梁には向き合った黒ぶたのぬいぐるみの首に真珠。

閑話休題。
問題のお味とサーヴィスなのだが、ちょっとしょっぱいが美味しい。(バスク地方の料理。あっちは寒いのでしょっぱいんだろうなあ)
わたしは生ハムと野菜のスープ、エスカルゴ、ブータンノワール(豚の血のソーセージ)バスク風、彼は田舎風パテにエスカルゴ、あれなんだっけ、お豆の煮込みのついた豚のコンフィ。

最近ずっと、フランスのおばあちゃんが作ったようなスープが食べたかったので大満足。バターがふわあっとお皿に広がっているのが理想だったのだが、これもとても美味であった。滋味って感じ。
エスカルゴはいつも食べてるのよりも小さめだけど、野趣あふるる。
ブータンノワールは美しすぎて恥を捨てぱしゃり。
b0012979_13121897.jpg

このコントラスト。美しい。

デザートは滅多に食べない2人がぺろっとチョコレートプリンにフロマージュブランを平らげてしまった。

サーヴィスも温かい感じ。
いい人が作ってるご飯を出してるお店である。
大きくてかっちょよくしてるところだと気取ったお客さんが多くて嫌な雰囲気になってしまうところが多いけれど、ここはそんなことなく温かい感じで続いて欲しい。

美味しかった。
食べすぎ必至のお店である。
ちょっとわかりにくいところにあるけれど、ぶたマニアにはお勧めである。

Lauburu
港区南青山6-8-18 03-3498-1314 18:00から
骨董通り、『M・A・C』の路地を入り、『クラカルミネ』の向かいの路地を入るとあります。
[PR]
by rinkomatsu | 2004-11-17 13:19 | レストランなど。
お墓参り&谷中散歩。

サイモン・ラトル&ベルリンフィル公開リハーサルを見た後、お墓のある谷中へ。
わたしは何もなくてもお墓参りをする。
お父さんが田園調布に越し、店を開けてから報告していなかったのでお墓へ向かう。

いつもお墓には猫がいるのだが、広いお寺の敷地を歩いていても猫が一匹もいなかった。
何でだろう、と思ったら工事中。
お供えをして、お参りして、歩いて根津の方へ抜けようとしたら小さい頃からあった駄菓子屋さんがまだあった。変わっていない。
b0012979_1875718.jpg

かわいいお店。「ヨーグルト」(象の絵がついてる10円の。知ってる人いるかなあ)でも買おうかと思ったら、お店の人はおらず。のんびりしてていいなあ。

のんびり銀座でも、と思ったのだが伊勢丹に用があることを思い出し、急遽鶯谷へ向かう。
おなかがすいたので『カヤバコーヒー』で何か食べようかと思ったのだけれど、おばあちゃんが寝たきりになる前に来たことがあるお店なので、おばあちゃんが元気になってから来ようと思ってやめた。写真だけ。
b0012979_1811419.jpg


お寺への近道は、鶯谷のホテル街を通って言問通りへ出るのだが、いつも恥ずかしい。
バイアグラなどを売っているホテル街の入り口のお店の軒先に、黒猫。
お父さんのお店に遊びに来る黒猫よりなつっこくなかったけれど、逃げないので激写。
b0012979_18124490.jpg

女の子だと思われる。

下町に行って猫がいないと落ち着かない。
お寺に猫がいなくて欲求不満だったので、怪しいお店から出てくるおじさんたちの視線にも負けず猫と遊んで新宿へ向かった。
[PR]
by rinkomatsu | 2004-11-16 18:15 | 日々の生活。
サイモン・ラトル&ベルリンフィル公開リハーサル。
今日の指揮者。「サイモン・ラトル」

朝9:15分から会場。
上野の公園口にはたくさんの人。
10人枠だと聞いていたのに、受付を終え進んでゆくとたくさんの人が。
某ラジオ局の枠が10人だったらしい。

わたしの前には関係者らしき男が「第二ヴァイオリンにビール渡したら、トイレ行きたいって言っちゃってさあ」「本気でやってないよな」など、マニアックな音楽を聴きに行くと必ずいる薀蓄輩が。うるさいなあと思いつつ、ホールの扉が開くのを待つ。
これがパス。
b0012979_17445326.jpg

どんどん多くなって来た列、東芝EMI関係者でチケットを貰ったような人が多い感じ。

席につくと、後ろにくすくす笑う若い2人が。
「あの日と違う人だね」「何の曲やるんだろう」と言いながら、弦を変えたりする人を見ながらくすくす笑う。
サイモン・ラトルが出て来て始まってもしばらくうるさくて、後ろを振り返って牽制してもうるさい。何かするたび「あー」とか「くす」、「あ、でもさあ」など。後で話せ。貴重な経験なんだぞ。
周りには楽譜を見ながらリハーサルを真剣に聴いてる人もいたのに。

林真理子氏が、日本の音楽鑑賞マナーの悪さを憂いていたが、ここでもそうなのかと愕然。

ベルリン・フィルは上手で、サイモン・ラトルの一挙手一投足に音楽がひっぱられている感じ。そして動いている音の様がぐわっと見えるような迫力。

おお、この曲が作られた時代の背景や何を言わんとしているか心に勝手に浮かんでくるよ…。

オーケストラはNew Yorkで観たオペラ以来。
上手だと安心して聴けるので眠くなるし、普通でもうとうとしてしまう。ただ下手だと眠れない。上手すぎても。
New Yorkでは「フィガロの結婚」でぐうぐう寝てしまったが、今日の演奏もちょうど良くて、あんまり寝ていなかったこともあり眠くなってしまった。

45分間のリハーサルはあっという間だった。
指揮者は怖そうでわがままな人なのかと思っていたけれど、オーケストラに好かれているみたい。茶目っ気もあって、かわいい人だった。
棒を振ると背中から出てくる迫力。めがね越しでもわかるエネルギー。

おしゃべりしながら見てる人もいたけれど、ものすごく楽しかった。(眠くなってたけど)
小さい頃ヴァイオリンをしたいと言い、ベーシストの父とハモニカ奏者でクラシックギターが趣味の祖父は「タイプじゃない」と反論、とっても悲しかった。
今からでもヴァイオリン習おうかなあ、と思ってしまうくらいいい音のヴァイオリン軍団だった。
(他のパートの人も上手だったけれど、ヴァイオリン好きのわたしにはたまらんかった)
体調も万全で、眠くなければもっと楽しかっただろうなあ。
でも鳥肌立ちまくりでした。
[PR]
by rinkomatsu | 2004-11-16 18:00 | 素晴らしいもの。
アムリタ10周年パーティ。
今日の本。「筒井 康隆」 “悪魔の辞典”

土曜日。

西麻布のアムリタが10周年。
すっかりパーティ好きになってしまったREM guy(彼と一応同じ会社のヘッドトレーダー。REMのヴォーカルにそっくり)と、六本木ヒルズのオフィスで仕事中だった正恵さんと彼とわたしで参上。

Tシャツを貰い、カウンターでぼうっとしていたら今日のライヴ出演者のムッシュかまやつとデザイナーのコシノジュンコ氏がいた。
ムッシュは風邪を引いているそうで、出番の前に歌って帰ってしまった。

いつもは外人が多いアムリタだが、この日は謎の日本人ばかり。
あなたいつもどこで何してるの? な人たちが。
姉妹店だったミケアムリタで仲良くなった人たちも参上し、ステージで踊ったりしていてびっくり。わたしはがんがん人に押されるのでものすごく機嫌悪くなってしまい、早く帰りたくなっていたのだがREM guyは『桃梨』(ももなし)というバンドを大層気に入り、CDまで買ってバンドと英語で一生懸命交流し「best place ever!」と笑顔で楽しんでいた。

その後もドン小西やF.O.B coopのオーナー(だと思う)などが参上、店を混ませていた。
正恵さんも疲れていたので、わたしたちは23時過ぎに帰ることに。
REM guyは「まだいたい」と言い、桃梨のCD片手に残っていた。

朝、彼に電話してみるとCDをなくし、話していた女の人が「熱い」と言って彼に渡したファーを置いて帰ってしまったらしい。気がついたらcloseの時間、REM guyは宿酔いなのだそうだ。「火曜日のライヴには行かないと。S(彼の名前)も来てね」とREM guy。
あんな混み混みの中で楽しんでしまうREM guy。非常に前向きな姿にわたしたちは感銘を受けた。「凛ちゃんもっとにっこりしないと、一応パーティなんだから。30になってもそうだったらわたし怒るよ?」と笑顔で正恵さんに言われてしまったわたし。気をつけます。
それにしても昨日は疲れた。
何でみんな知らない人にぶつかってまでお酒飲めるんだろう…。
[PR]
by rinkomatsu | 2004-11-14 16:39 | パーティ。
Prada スカートパーティ& misaharada。
今日の本。「筒井 康隆」 “悪魔の辞典”

金曜日。
彼の会社のREM guyは会社で「今日は有名な帽子デザイナーのパーティに行くんだ!」と気合十分だったそうな。
Pradaでもパーティがある、と言われそちらへ先に。

顔は知ってるけど話したことがない近所の写真家や、パーティで会ったことがある外人に謎の日本人、編集者、GQの斉藤さんなどがひらひら舞うスカートを見に来ていた。
(今も展示されているので興味がある方は表参道プラダへどうぞ)

表参道のあのプラダビル全部と入り口のこけむした広場みたいなとこを使ったパーティ。
フィンガーフードも美味しく、マンウォッチングも楽しかった。
スーツのイタリア人、見たことあるモデルらしき子、外人男性モデル、顧客っぽい謎の人たち。
REM guyは「あの子かわいいなあ」と言いつつ「じゃあ声かける?」と動きかけると「いいの、いいの、こんど」と顔を赤くしていた。シャイなのだ。

彼はブローカーでない業界の人と話せるのが嬉しい、と良いとても楽しんでいたみたいであった。20:30頃原宿の『test』で行われている『misaharada』のパーティへ。
こっちはプラダと違って若い人ばかり。プレスの人と会って昔のことなどちょっと話していたらデザイナーが。
わたしには目もくれず、REM guyと彼に「後でまた来ます」と英語で話し、わたしが名刺を渡したらさっさとどこかへ行ってしまい、他の人と話していた。
「笑顔が変だ。ボトックスの打ちすぎ?」
「何で君には何も言わなかったんだろう。外人好きなのか?」
ひどい彼ら。
おなかがすいたので隣の『天』にて軽くご飯を食べ、『シャドネイ』で葉巻を吸ってモヒートを飲み帰って来た。

プラダで散々安いスパークリングワインを飲み、帽子屋でビール、『天』で焼酎に『シャドネイ』でモヒートに葉巻少々。
土曜日の朝、わたしは宿酔いであった。

後日撮った写真。表参道プラダビルそびえ立つ、の図。
b0012979_13294258.jpg

[PR]
by rinkomatsu | 2004-11-14 16:27 | パーティ。