<   2005年 12月 ( 11 )   > この月の画像一覧
ぐす。
今日の音。「NICKELBACK」 “PHOTOGRAPH”

久しぶりに泣きました。
何かあるとすぐ泣く女は大嫌いですが、昨日道と駅で泣いたわたしは傍から見ればそういう女だったのだと思います。

でも、泣くと楽になるなあ、と今更ながら涙の効能を実感しました。

昨日は見知らぬ女の人にとあるお店で頭突きされ(大げさに言うと)たり、電車で子供がひざの上に乗って来たり、帝国ホテルの横の道で酔ったサラリーマンに歩いているにもかかわらずぐるぐる周りを5周されたりと奇妙な目にばかり遭いました。

今日はいいことあるといいな。

ちょっと女のふりをしようと思い、ニットワンピースの下にはくタイツを新調。
まったくわたしらしくない、「女よ!」的なタイツも買いましたが、男らしい性格をカバーするためには女らしい格好をしたほうが得、と銀座時代思い知り、最近やっと面白がって女の人のふりをしてます。
買ったのはこの2つ。
b0012979_16455474.jpg

値札がついたままでかっちょ悪いですが、明日はいて化ける予定。うふ。
[PR]
by rinkomatsu | 2005-12-29 16:48 | 日々の生活。
Happy Hanukkah!


遅ればせながら、Happy Hanukkah!

年末、ばたばたしておりますが密度が濃いです。

・着物で25日外出。『梢』へ。相変わらず飲み物出てくるの、遅い。
ランチだったので24日、Park Hyattに泊まったカップルがプレゼントの袋(Hermesばっか)を持ちお昼に降りてきていたのは「未だ東京って…」であった。
でもみいんな、バブル時って感じな「頑張っちゃってます!」なお洋服。
普段は何をしていて、どこに生息しているのか知りたい。

・25日帰宅するとエドワード(某外資系銀行勤務)と彼が生ハムを食べながら待っていた。
1978年のDom Perignonのゴールドを空け
「Happy 10 thousand days!」
何のことやら、何かたくらんでいるのは知っていたが、と着物姿で首をかしげると
「今日で君が生まれてから10 thousand daysたったんだよ。ロマンティックでしょ?」
と彼。
ごめん、わたし女の皮をかぶった男だから、「きゃあうれしい!」とかならないの。
「よく数えたね」と言ったらがっくりしていた。ほんとだよ、でも。暇だったのね。

エドワードと『SAMURAI FICTION(サムライフィクション)』を鑑賞、『サルヴァトーレ』でpizzaを取り『Ca' del Solo』のサンジョヴェーゼを空け、『RAVENS WOOD』のTELDESCHIもごくり。(これはワイナリーで買って来た)
日曜日なのに、土曜日みたいな夜だった。

・『Mr. Stamps』でチーズフォンデュを食べた。
エドワード(某外資系銀行勤務)、Jack(仮名。某ヘッジファンド勤務)、F(某ヘッジファンド勤務)たちが「え! 凛はあそこのフォンデュ食べたことないの?」と驚き
「もったいないなあ」と首を振っていたフォンデュ。
いつもステーキとエスカルゴだったのだが、あそこのフォンデュ、白ワインの香りと味がする、大人向けのお料理。美味しいのだ。
無言でパンをお鍋のチーズにからめまくるわたし達。
美味しかった…。

・佐川急便が、再配達のお願いをしたにもかかわらず来なかった。
19-21の間、と言って、オペレーターの男の子も繰り返したのに。
今日の朝電話をしてそれを告げたら、ただ謝られただけだった。
こうやってミスはばれず、また繰り返されるんだろうな。
荷物はドラミのフードなのだが、急を要する荷物だったらどうしてくれるんだろう。

本人に怒らないと意味がないのだが、その人は名乗らなかった。
大抵ミスをする人は名乗らない。ふん。

今度から、佐川が配達してくるものは代引きにせず、振り込んだりしてから配達してもらおうと思った。


いっぱい書きたいこと、あるのだけど年末って「師」でもないわたしさえ忙しくてびっくりする。
ばあっとまとめて書く予定です。
[PR]
by rinkomatsu | 2005-12-27 10:21 | 日々の生活。
Merry X'mas!
今日の音。「Jackson 5」 “I Saw Mommy Kissing Santa Claus”

こんにちは。

箱根から帰ってきました。(1泊でした)
夜雪が降り、とても綺麗だったのですが強風で富士屋ホテルの歴史あるガラス戸はがたがたと悲鳴を上げ、音に弱いわたしは3時間ほどしか眠れませんでした。


今日はイヴです。
が。
なぜか義兄のご両親とうちの家族とサミット(とわたしは呼んでいる)で、親子3代で通っているお寿司屋さんに集合。

彼には「何でイヴに家族と出かけるんだよー」(注: 彼はアメリカ人…)
と文句を言われ、他にも文句・疑問の声が。
しかし本当に出かけるのである。

みなさまはどのようなイヴ&クリスマスを過ごされるのでしょうか。
[PR]
by rinkomatsu | 2005-12-24 13:07 | 日々の生活。
箱根。
今日の音。「The Young Rascals」 “Groovin'”

明日から箱根で1泊してきます。
が。
朝から着付け教室でお昼過ぎ出発。
16時頃宿に到着予定…。

わたしはあまり箱根にいい思い出がなく、20時に着いたり怖い思いをしたり、睡眠不足で宿酔いになったり。
(自分が悪い)
明日からの旅はどうなるのだろう。

ロマンスカーは展望室。うふ。

早く寝ないと。
[PR]
by rinkomatsu | 2005-12-21 03:40 | 旅。
かぜ。
をひきました。ごほ。

最近、self defenseのクラスを取り、着付け(習い中)に通い、某ネイルサロン(神田うの御用達…。最近客層が悪い)にて巻き爪の補正テープを貼ってもらったのだが、すべての場において「ごほごほ」としている人たちが!

ネイルサロンなんて、屋内なのにサングラスをかけてStevie Wonderを気取っている女が口も押さえずごほごほ。うう。

そのうちの誰かから、うつされました。うがいしてたのに。

今日は古い仲間の飲み会at 銀座、友人彼女Utah(芸能関係)のBirthday party(surprise!)、年上のお友達さまとのお食事、と予定が拮抗し、Utaの彼氏の007(新しい007にそっくり)から「絶対来てくれ」と言われてしまったのでsurprise partyに出ることに。

このままのわたしで大丈夫なのだろうか…。
まだプレゼントも用意できておらず(昨日から風邪のため)、これから渋谷or表参道にてプレゼント探しの旅に出なければならず。
みんなにうつさないように、マスクをしてゆくべきか真剣に悩み中。どうしよう。

皆様もお気をつけくださいませ。
--------------------------------------
メイルのお返事、少々お待ちくださいませ。すみません。
[PR]
by rinkomatsu | 2005-12-17 15:54 | 日々の生活。
表参道の実態。
b0012979_22563533.jpgb0012979_2256508.jpgb0012979_22565932.jpg








1日の乗降者数、約30万人。
ブランドショップが立ち並び、「お洒落な街」として知られているが、土・日、休日明けはこのような状況がそこかしこで見てとれる。

自分で出したごみを片付けられない人が、高いとされるブランド品、また、お洒落とされる服屋さんでお買い物をし、本当にお洒落といえるのだろうか。
自転車のかご、お稲荷さんの境内、ポストの上などごみは置き放題。
ごみを出したくなければカフェに入ればいいし、ごみで困るならコンビニエンスストアなどを探してごみを捨てるべきだと思う。

自分が住んでいないから、とごみを放置していくのは感受性のなさを露呈している。
わたしがドラえもんだったら、その人が放置したごみをその人の部屋に送る機械を使用する。

お洒落な街に来て自分もお洒落なのだ! と主張するのはいいけれど、本当のお洒落さんは服装だけでなく、マナーも素敵である。
うわべだけは、すぐに見抜かれてしまうものだ。

家の近くでチキンラーメンのカップが放置してあるのを見た時には、心底驚き脱力した。
植えてある草にも悪いし(熱かったら死んじゃうじゃん! )、何より人の家の敷地内にごみ、捨てる? 外見だけ磨いても、見る人が見たらわかっちゃうのに。

お洒落に使う時間を少し社会秩序勉強にあててくれてもいい、と思う。
[PR]
by rinkomatsu | 2005-12-13 22:21 | 日々の生活。
猫ときつねのあいのこ!

CNNで発見。
http://www.cnn.com/2005/TECH/science/12/06/indonesia.new.species.reut/index.html

WWFは2003年に見つけていたのですが、密猟などの恐れから発表を控え、最近研究のため捕獲に乗り出す事を決定したので発表しました。

写真もへたくそで、非常に珍しい動物ということが見て取れます…。
焦ったのね、カメラマン。

まだまだ地球には、人が知りえないことがたくさんあるんだなあ、とうれしく思いました。

絶滅しないよう、人と共存できればいいなあ。
研究も捕獲も、彼らになるだけ優しく行われれば、と望みます。
[PR]
by rinkomatsu | 2005-12-11 14:20 | 動物愛護。
みえるひと。
今日の音。「New Order」 “Krafty”

ちょっと前まで、外泊and日々飲み歩きな日々で、シナプスをぶちぶち殺していたのだが、最近やっと復活。
わたしは極端なので、自分が満足、またはこれは駄目だわ、と認識するまで物事を続けなければ次の段階に進めないタイプである。

その、酒と薔薇(ドライフラワーになってるかも)の日々、会いたかった人に会えた。
それは「みえるひと」である。

某先輩から「あの人のとこに前の婚約者と飲みに行ったら“結婚してもいいけど別れるよ。あ、結婚、するかなあ…”って言われてさ、やっぱり別れたもんね、する前に」
彼の婚約破棄を予測した御仁なのである。
某政治家、某国の代表、某スポーツ選手などもその方の顧客。
足をぽきぽき折ったり、父がトラブルに巻き込まれたり、実家がもめていたりと何だか身辺が妙なことになっているなあと思っていたので、ぜひぜひ見ていただきたい! と夜中24時から身体が空いたわたくし、先輩と待ち合わせてその方のお店へ。

本業が「みえるひと」なのだが、夜はお店をやっておられる。
もう「みえるひと」は酔っ払っておられ、2人ほどいたお客さんと歓談されていたのだが
「こんばんは。凛です」と挨拶したわたしのほうへぐるっと振り向かれ
「あとでいじめてあげるからね」とにっこりされた。

その後。
お客さんは帰り、わたしと先輩、「みえるひと」だけになったお店。
わたしは「みえるひと」に
・ものすごくお金持ちになる
・頭の回転が速い(これはとてもうれしかった。うふ)
・男の人に食べさせてもらうのではなく、食べさせてあげる人。
・膀胱、子宮のトラブル注意
・苦労するけど必ず大成功する(どの分野でだろう)
・彼とは別れる。(結婚してもいいけど別れる)
・来年いいのが出てくる
と言われた。ただ、誕生日を言っただけで。

それからいろいろお話しし、「持ったほうがいい色」「つけたほうがいいアクセサリー」などを教えていただいた。

わたしは膀胱炎2度やっているのだが、「みえるひと」にそれを告げると
「そうだろ。わかるんだよ」と。
何故か「ピンクのパンツを履け!」と言われた。
そもそもパンツ、あんまり好きではないわたし。が、「みえるひと」、そういう方に会ったのは初めてだったのだがにっこり傍にいられ、また一緒にお話したいなあ、と生意気にも感じてしまった方で、こっそり「ピンクのパンツ買おう」と決意。
が、「みえるひと」から「凛持ってないだろ、ピンクのパンツ。でしょー」と追い討ち。
はい、持ってません。

先輩は「お前気に入られたな。良かった、連れて来て」と仰っておられ、「みえるひと」から初詣にお誘いいただいた。

すっかり酩酊された「みえるひと」をおうちまで送るべく、先輩とお店の片づけをして「みえるひと」を真ん中に、2人で腕組をして支え、おうちまでお送りした。
その前に、「みえるひと」は自身の半生や顧客のことを、言ってもまったく問題のない範囲でお話しされ(と言っても、ワイドショーとか週刊誌は飛びつくような話しがごんごん出ていた)先輩は「初めてでこんなに○○さんが話すなんて凛、すげえなお前」(なにがだ)
と妙な感心の仕方をしていた。

そうだ、と父のことをお聞きしたのだが、もうぐてんぐてんだった「みえるひと」、しかし
「なに? それ早く言ってよ! でも酔っ払いすぎてわかんない」
と非常に気になる発言を残されていた。
「早く言ってよ」と言いたくなるくらい、父は今…。

ものすごく気になっていたら、それから3日くらいして父のほうに片付けなければいけない問題がまた浮上。
わたしは「みえるひと」から名刺をいただいていたので、1回5万円の見料を用意しお電話したのだが、要約した話しを聞いて
「それだったら○○さん(先輩)にお祓い(彼はお寺の人)してもらったほうがいいよ。わたしはそういうほうじゃないから」
と仰った。「みえるひと」は未来が見えるらしい。
悪いことが続く、とか何か妙な縁、などを断ち切ったり浄化することは出来ないのだそう。
そもそもその名刺、「本当に(力強く)困ったら来なさい」と頂いたもの。
先輩の友人が何人か「みえるひと」のお店に行った時も
「あんたは帰れ」「必要ない」などと誰一人、名刺をもらったことも、気に入られたこともないらしい。
と言うよりも、その名刺を使って「みえるひと」にお願いしなければならないくらいわたしに危機が訪れるということ、であろう。将来。こわ。

わたしはきちんと断ってくれたことにも、酔っ払って尚且つあのチャーミングさで、しらふだったらどうなのだろう、会ってみたい、と「みえるひと」のファンになってしまい、初詣も参加のお約束をした。

わたしは昔から銀座の大ママとか、頑固なおじいちゃんとか「ひとくせある」人たちにかわいがっていただいていて、「みえるひと」もむちゃくちゃ癖のあるお方なので気に入られたのだと思われる。

「お金持ちになったらよろしくー」とにこやかに仰っておられたが、その他にも「死ぬな」とか数々気になることを仰られておられた。
どうやら前途多難なよう。

こういうことを信じない人も多いと思うのだけど、わたしは自分が好きな人、「この人なら」と思った人から言われたことであったら素直に信じるタイプ。
ので、「みえるひと」に「なにをしたほうがいいですか?」と教えていただいたことは即座に行った。

・玄関に、オルゴールや音の鳴るもの(ドアベルなど)を設置し出入りする際音が鳴るようにする。(いい情報が入って来て、悪いことは音に浄化されるらしい)
・玄関に観葉植物を置く。
(これも悪いことを吸い取ってくれるらしい)

実際「みえるひと」のお宅はしてあった。
また、「この色とこの色とこの色を身につけなさい」「なんでこの指に指輪してるの? ここにもしなさい」など、他にも仰られたことは実行。(素直っていうかおばか?)
色は、折り紙をお財布の中に入れておくだけでも違うのだそうだ。
幸い好きな色だったので、折り紙を買って来て二つ折りにしてお財布の中に入れてある。

「みえるひと」に会ってから、いろんなことがぐいーんと急進した感じ。
父のトラブルも、綺麗に解決しそうな感じがする。もう弁護士I氏(凄腕)の予約も取り付け、相手側が動く前にきちんと準備出来そうだし。

ものすごいpowerを持った人は、周りも動かすんだなあ、とこの1週間しみじみ思っている。
が、「みえるひと」と会った後、お店で飲まされていたわたしたち、先輩の友人がお店を開けたというところの開店祝いに紛れ込み、朝まで飲んだ。
わたしが覚えているのは5時まで。
起きたら先輩の家で、朝10時であった…。
[PR]
by rinkomatsu | 2005-12-10 04:22 | 素晴らしいもの。
久々ドラミ登場。
b0012979_463862.jpg

初携帯投稿で、ドラミ登場です。
[PR]
by rinkomatsu | 2005-12-09 04:06
いいの?
今日の音。「Mew」 “Am I Wry? no”

もう師走。
待ち合わせなどでぼうっとバーから外を眺めたり、空を眺めたり、浮き足立っているカップルたちを見て思うのは
「先生何してるのかな」
しつこいんだけど、不完全燃焼なので。
人ってかなわなかった恋とか初恋にこだわるものよね…。

火鉢くん(某携帯電話会社勤務)に言ったら
「連絡取れよ!」
…。1度メイルしたし、電話もしたよ?
「何ヶ月前だよ」
3ヶ月前です。
もう、忘れられちゃってるかも。ホノルルマラソン出てたりして。(スポーツ好き)

火鉢くんは、連絡を取ることを勧める。
「そこまで好きならがんばれ」
というのが理由らしい。

上手に、返事が来るようなやつ。
って、なんて言ったらいいんだろう。
なんて書いたら?

先生はわたしが某出版社にいたことを知っているので、
「プロって怖い」なんて思われちゃったらいやだし。
うじうじうじ。

結局こわいのだ、また返事が来ないのが。
彼が読んだという確証のないメイルを送るのはさびしい。
グリーティングカードで送ればいいのだけど、陳腐な気がする。
多分そこまで必死じゃないし、迷惑かけたくないという妙な気の使い方もしている。
もう既に迷惑をかけたというのに。

先生には、また会いたい。
話したい。
だから正しい言葉というのがあれば、それを使いたい。

でも何と言っていいのかわからない。
今もその言葉を探している。

そもそも、またメイルして、いいのだろうか。
[PR]
by rinkomatsu | 2005-12-08 00:17 | 日々の生活。