<   2006年 11月 ( 20 )   > この月の画像一覧
壁に耳あり障子に目あり。
今日の音はなし。

お仕事ばかりしています。
今日も東へ西へ。
冬に汗をかくわたしって…。

今日はとあるおじさまとお仕事で会った。その方は突然会社に電話をかけてきて
「小松さん、フランス出張のお土産は何がいいですか?」
と聞く方。
今日頂いたのは、フランスの味付きピーナッツ2袋(美味しかった)だったが「実は○○(某ブランド)で小松さんにお土産買ってきたんだけど、それをあげたら僕と付き合わなきゃいけなくなっちゃうからあげるのやめたんですよ」とにこにこいうおじさま。
あ、そうか、今度お土産を買い忘れたらからこう言えばいいのか(誰にだ)と思ったのだが、わたしはその某ブランドと先日もめた。
「○○ですか…」
と一気にテンションが下がるわたくし(もらえなかったから、ではない)に「何かあったんですか?」と仰るおじさま。

少し話したのだが、わたしのポイントは「会社の方針がそんなに簡単に揺らいでいいのか」ということ。「いいんですかね、前は全く問題なかったのに担当者が変わったらいきなり方針変えるなんて、どういう会社だって思われると考えないのでしょうか」と言うと、なにやら電話を取り出し耳に当てるおじさま。
「何をされてるんですか?」
「本体に電話しています」
本体!? 彼はそのブランド本体にお電話。某ブランドの本国の顧客なのだそうだ…。
しかも日本法人の打ち合わせにも参加する人。
まさに壁に耳あり障子に目あり、ざます。

そんなつもりで言ったのではなく、おじさま(以下=フランスさん)だから言ったのであって、上からどうこう言って欲しいとかそういうことではない、と説明。
「でも僕はそういう人が嫌いなので、『妙なのが入ったんだって? 噂だよ』って言うくらいはいいですよね? あー会って見たいなその人」
興味が湧いたらしい。

ダイナミックな彼。
ふー。
いつも会ったり話したりすると、そのパワーにやられる。彼ワールドに人を引き込むのがうまいのだ。そして今日、にゃんこを2匹飼っていることが判明! かわいいのだ…。ドラミに似ている子たち。うふ。

「今度ご飯食べに行きましょう! いつお暇ですか?」
仕事中にそんなことを言われると、なんと返していいのかわからなくなる元銀座の女(28)。
さくっと話しを変えると「ああっ、話しを逸らされた! どうしよう」。
百戦錬磨ですな、と告げると「小松さんの周りは変な人が多いんですよ。僕は正直ですよ」。
この人はもてるだろうなあ、としみじみ思う。

30分で終わらせるつもりが、彼に巻き込まれ1時間もお邪魔してしまった。

明日から12月。
「みえるひと」から聞いた、たくさんしなければならないことがあるので今日の夜は忙しい。

誰にでも共通なのが「金のいのししの置物」。
さっき調べたらDr.コパはグッズを作っていたが(さすがよね…)、金色のいのししの置物を、東南・南西・玄関の3箇所(玄関が東南か南西に位置していれば2つ)に置く。
その際、顔は部屋の中心に向け、下にはオレンジ・グリーン・黄色のものを重ねても・見せて置いても良いそう。そして毎日触るといいのだそうだ。

「みえるひと」によると、「その年の干支は魔除け」なのだそう。
インテリア的に「うーむ」な点はあるが、わたしは置物を購入予定。
インテリアよりも運! な方はぜひやってみて下さい。
[PR]
by rinkomatsu | 2006-11-30 23:32 | 日々の生活。
るん、な火曜日。
今日の音。「Pe'z × Nate James」 “Live for The Groove”

日曜日、三味線の先生が演奏を行う某邦楽コンサート(というのかなあ)が四谷であり、演奏を聴きに行った後、法律塾のゼミで一緒だった男の子たちとお茶。

その間、『OLD ENGLAND(オールドイングランド)』のコートがクリーニング出した直後なのにすごい汚れようで、○洋社に文句を言ったり(革部分がぼろぼろになっていて、生地に色が移った! 信じられん。汚れていない状態で出したのに…)、なぜか表参道に装甲車とたくさんの警察官がいるのを見たりといろいろあったのだが、みんなとお茶をしてかなり勉強のモチベーションは上がった。

「小松さんて、この中で一番勉強してないのに何故か受かりそうなのは何でだろう」
と言われ。ふ。わたしもわかんないけど根拠のない自信だけはあるのよね…。

その自信を胸に、「みえるひと」にわたしは「司法試験に受かりたいです」という旨を伝えてわたし自身をみて頂いた。
わたしは、文学・芸術・法律家・教育家など、非生産的なことに向いており、政治家や自由業なども合っているらしい。「非生産的」に笑ってしまったが、(本当にそういう世界に向いているほうだなあと思っている→お金儲けが苦手なタイプ)「目立ちたがりだか寂しがり屋」などには激しく頷き。
「これは後押しだから、自分の努力が大事だよ」というみえるひと。
わたしは努力が足りんのだ。自分でもようくわかっている。

強制の契機を作るべく、今回みて頂いたのもあり。

仕事で某高級洋菓子店の新作試食会に参加した後で少し疲れていたのだが、あそこに行くと元気になるわたし。
同じくみて頂いていた大学の先輩(だそうな)の女性弁護士さんとみえるひとと一緒に1杯お酒を頂いてから『マクドナルド』のグラタンコロッケバーガー(好物。毎年出ると食べる)を買って帰ったのだが、昔よく通っていた富士フイルム裏のレストラン『C(仮名)』にとうとうバーが開いたので(仲のいいスタッフが、春頃から開くと言っていたのだが)偵察がてらお店へ。
暗証番号で開く扉。
暗い照明。
いわゆる「口説きバー」なのだが、レストラン同様居心地は良くて、もう何年もCには通っていたためスタッフも知っているしお酒も何があるか知っている。
わたしには快適なぼけっと1人で飲める、バーであった。

趣味のいい店内(やや「せれぶ」ちっくにはしているけれど、そこは「わざと」なので)では男女が攻防戦を繰り広げており、そんなのに関係のないわたしはしばしぼけっと。
みえるひとに会うと、なんだか気分が違うのだ。
話し込んで何時間経っていても、煙草の煙がすごくても、眠くても気分がいい。
これからがんばれるなあ、とか、もっとこうしよう、とか明るい考えがたくさん浮かぶのだ。

久しぶりにサーヴィス・内装・味ともに良い「えろ」なバーで美味しいお酒を飲んだので気分が良いのだけれど、せっかくなので勉強してから寝ます。
るん。
[PR]
by rinkomatsu | 2006-11-29 01:27 | 日々の生活。
SATSUKI。
今日の音はなし。

『Valentino』ファミリーセールで『ホテルニューオータニ』へ。
久々に『SATSUKI』でごはんを食べたのだが、とても期待していたメンチカツが、あんまり、美味しくなかった…。ぐす。
でもペンネのグラタンとカレーは美味しかった。(つまみ食いです。わたくし1人で食べたものではありませぬ)

最近、「しみじみと美味しいもの」を食べていない。ぐす。

今日は家でけんちん汁を作りました。
(「あるある」を見てからまだ野菜+こんにゃくは続けています)
秋だから、天ぷらとか炊き込みご飯とか焼き魚とか食べなきゃなのになあ。

明日は美味しいものを食べようと思います。
[PR]
by rinkomatsu | 2006-11-26 00:31 | レストランなど。
素敵な金曜日。
今日の音。「GO! TEAM」 “LADYFLASH”

□毎年恒例となっている、『The Oak Door』でのThanksgiving dinner。
今年も10人で個室を使い、ゆったりたくさん食べた。
写真は七面鳥1羽では足りず、追加で頼んだドラムスティック。
b0012979_1113661.jpg

The Oak Doorに行った人ならわかると思うのですが、あそこのお皿でこの大きさのドラムスティックですから、骨は25cmくらいあります。

□メキシコ大使のチャリティーディナーで『Roppongi Hills Club(六本木ヒルズクラブ)』へ。
わたしは広尾の『La Jolla(ラ・ホイヤ)』がTEX-MEXだけど美味しいなあと思っていたのだが、本当のメキシコ料理はソースにすんごく凝っていて、美味しいもの好きの友人F(某ヘッジファンド勤務)が「みんなあんなにチーズとかかかっていなくて、ソースに凝っていて美味しい。フレンチみたいなんだよ。これは本当のメキシカンフードで美味しい」と大喜びだった。

森さんご夫妻(奥さん初めて見た)なども参加。
意外とメキシコの白ワインが美味しくて感激。
メキシコ人のデザイナーが手掛けたスカーフがえどわーど(某外資系銀行勤務)に当たり、
要らないと言うので「お母さんにあげれば?」と言ったら
「19の頃から彼女にはもう何もあげていないから、いきなりプレゼントしたら『わたし死ぬの?』って言われるよ」と言い、わたしにくれた。
しかしこれ…。わたしの趣味では、まったく、ない。
b0012979_1204073.jpg


□わたしが仕事をしている「もの」が、新聞に大々的に取り上げられた。
それでもっと仕事がしやすくなるかなあ、と思ったら、その日に某大手ブランドPRからすんごい日本語のメイルが来た。
あの会社、というかあの人。
以前の担当者は好意的だったのだが、多分わたしのことが嫌いまたは「新しいもの」についていけない人なんだろうなあ。
その人からのメイルには「ターゲットも絞りにくく、こちらも把握できないためあなた方は私共にとってリスクだと考えます」と。(仕事内容がわかってしまうので詳しく書きませんけれども)
今までどのブランドからも、そんなお言葉は頂戴したことがなく、また以前の担当者さんからは「新しい人間が入ったのでこれまでより仕事が円滑に勧められると思います。どうぞよろしくお願いいたします!」(←こう書いてきてくれた)と言われていたのに、事実上の決別宣言。
会社の方針としてそれっていいの? そんなにころころ変わっていいの、ねえ? と、わたしは思う。

ま、そういう人間をそういうポジションに据えるということはその会社は「そういう会社」と見られても仕方がないし、事実そうなのかもしれない。

ただ、「一流」と言われているのならばもう少し言葉の使い方や人への応対の仕方を学んで頂きたいと思うのだ。
どこで誰がつながっているかわからない。そして一時的な感情でものすごい言葉を丁寧っぽい言葉のオブラートに包んで放てば、それは後まで残る。

わたしの仕事はニッチだが、今とても注目されていて(自分で言うのもおかしいのですが)問い合わせ・認知度がかなり上がってきている。
だから鼻にかけているわけでもなく、わたしは司法試験という目的もあるため仕事をしつつも自分のやっていることを冷めた目で、他の視点から見ている。
その世界の中のみの視点だけではないため、企画の評判が良かったりするのだろうな、と分析しているのだが、ま、自分でいろいろ言ったって手前味噌だし。

わたしとしては、「あんな鼻にかけてる人」と仕事をしたくはない。
あのブランドを落としたくらいでわたしの仕事は揺るがないのだ。
社長にももらったメイルを転送したのだが「たまーにいるんだよね、ファッション業界は。ふうん。でも古いなあ」と言っていた。

悪いんですけど、ターゲットを絞れないって言ってるのはあなただけで、こちらはお客さんがとどういう人たちか分析を日々行っているのですが。
すーぱー彼女の意見としか取れないメイル。それは上司にもccされていて、わたしはその上司に会ってみたいと思った。

オフィスの人は「ふうん、新聞も読まないのね」と呆れていた。
確かに、仕事上で「?」なところはあった。
ま、いいです。
どこかで会っても「ごきげんよう」って感じで挨拶しましょ。

メイルについて「何でこういう物言いをするんでしょうか。わたしには理解できません。挨拶に伺ってもにこりともしないんですよ彼女。作り笑いでも笑顔って大切だと思うんですが」と言うわたしにみんなは「小松さんって意外と気にするんだね」。
気にするというか、その感情の出所を知りたいのだ。
な・ん・で、そんな失礼な言い方すんの?
ここにコピペしたいくらいのメイルであった。

また、「お前わたしに言ったこと嘘じゃん」くらいの勢いで「驚きました」とも言われたしね以前。
あのね、上司とは前からビジネスしてんの! あんたの上司には説明してあんの! 上司に聞けばいいじゃん。自分の理解不足・勉強不足なくせに最終的に「驚きました」+「所詮○○じゃないですか」的なことを言われたこと、根に持っています。
それに今更「企画内容をお送り下さい」って…。
ま、人種差別でも話題になったブランドだもんねえ。立派な態度でございますこと。
(普通、この業界ではビジネスで付き合いがある会社とは電話で今度の仕事内容などを話し、情報などを下さい、とかお願いすれば事足りるので、「企画書」なんてありえないのだ)
わたしはもう、買いません。

金曜日にblogで愚痴るわたしって、暗い?

今日、仕事の後マッサージに行ってから渋谷のマンガ喫茶へ。
前述のPRと同じような女が実名で載っている『働きマン』を読もうと思ったら、3巻しか残っていなかったので『バカボンド』を読んだ。

金曜日。
渋谷で1人、漫画喫茶。
でものんびり雑誌を見て、マンガを読んで情報収集+リフレッシュできた。
が、24時前に仕事のメイルがあり、歩いて帰ろうと思っていたのにタクシーで帰宅、少しお仕事をした。
わたしも立派な「働きマン」です。

そんなわたしを和ませてくれる愛猫、ドラミ姫。
帰って来たら廊下で何かが落ちたので、しっぽがたわし、の図。
ぶるんぶるんしているので、ぶれています。
b0012979_14575.jpg

[PR]
by rinkomatsu | 2006-11-25 01:53 | 日々の生活。
予期せぬ時に好きな人たちが現れて。
今日の音。「My Chemical Romance」 “Welcome to the Black Parade”

American Apparel(アメリカン・アパレル)』のスウェットにジーンズ、『lucien pellat-finet(ルシアン・ペラフィネ)』と『VANS』のコラボスニーカー、アメリカ・エアフォースのジャンバー(コヨーテのファー付き)といういでたちで、今日は愛するネイルサロン『e(仮名)』に行き巻き爪をカット、ケアとカラーをしてもらっておうちで仕事、夜『トラジ青山店』へ行ったら仕事仲間だった人と遭遇。

彼は今某メディア系に勤務していて、わたしの仕事にも恩恵を与えてくれている。

すっぴんで髪を大胆(おおざっぱともいう)にまとめているだけのわたくし、彼を発見やばいと思ったのだが帰り際にさらっと挨拶して帰ろう、とのんきに構えていたらトイレに立った仕事仲間(以下旦那)に発見され、少しお話し。

彼の連れは、もろわたしの仕事に関係のある人で、「すっぴんなので近づかないで下さい! 恥ずかしい」と今更ながら照れつつも名刺を頂き、いろいろお話しをした。

旦那は同い年。
どんどんいろんな仕事をこなして出世してゆく彼を見ていると、いい男だなあ、と思う。

「妙な格好で誰にも会いたくないなあっていう時に、誰かに会っちゃうんですよね」というわたしに2人は深く頷いていたが、家に着いて旦那の連れにメイルをした後、いいことだったのかもしれない、と思った。

旦那も、その連れの方も忙しい。そしてわたしも。
あんまり会う機会がない、でも仕事でクロスする間柄がプライベートでばったりって、なかなかあることではない。
他愛のないお話しなどにかなり、人間性が出るもの。1度会ってお話ししておくと、今後の仕事上のお付き合いや、その他のこともかなりスムースになる。1度も会ったことがなく、電話とメイルだけのお付き合いだと「この言い回しはどういう考えがあってのこと?」というブレも減るし。

わたしは計算高いほうではないが、するなら楽しく(お互い)仕事をしたいタイプ。
旦那の連れの方が勤務する会社とは、以前お付き合いがあってこれからも必ずお世話になるところ。連れの方も素敵な人で、とても楽しかった。

肩はまだ痛くて、あのハワイでのトドみたいに「よいしょ、よいしょ」と身体を動かさないと寝返りも打てないだめだめヒトなわたくし。
こんな時でも、笑顔にさせてくれる人がいて、わたしの好きな人たちは元気に生活しているんだなあ、と思うと楽しい。
自分の好きな人が、こちらが予期していない時に現れて元気をくれるの、大好き。
今日も良い日でした。
[PR]
by rinkomatsu | 2006-11-22 01:09 | 日々の生活。
信じられない。
11/18、読売新聞の夕刊に掲載されていた記事がwebにも載っていたのでコピペしてこのblogに載せます。(以下、読売新聞からの引用)
-------------------------------
ネコ殺害映像をネット公開した20歳男を書類送検

自宅の浴室でネコを殺したとして、埼玉県警生活環境2課と新座署は20日、水戸市の無職男(20)を、動物愛護法違反の疑いで、さいたま地検に書類送検した。

 男はネコを殺害後、インターネットの掲示板に、ネコの死がいの写真を公開。全国やカナダ、ドイツなどから、捜査を求める電子メールや手紙計243通が県警に届いていた。

 調べによると、男は4月15日午後3時半ごろ、当時住んでいた東京都江戸川区の自宅アパートの浴室で、公園で拾ったネコの頭部を踏みつけるなどして殺害した疑い。男は「猫は小動物に危害を与える。正義感から殺害した」と話しているという。
-------------------------------

どんな人間でも、命の価値を勝手に決め自分の考えでその命を粗末に扱っていい訳がない。
「正義感から殺害」、ではわたくしも正義感からあなたの毛髪をむしりとっていいのでしょうか…。

と、妙な例を出しましたがこういうことって理論が空回りしがちな団体の方がいろんなことを言うのをたくさん見ました。

わたしも家に猫がいるので、こういうニュースを見るとかなり腹が立つのですが、そもそも他者の命を自分の勝手な価値観で犯したり、生存が危うい状態にしていいのか、ということが論点だと思います。

日本の法律下ではいけない、とされているので動物の命も自分の勝手な考えで命を奪ってはいけません。(と書くと、法整備されてなきゃいいのかよ、とかいろんなことを言う頭のあったかい人もいますけどね。法ってルールであり、マナーや道徳観のあらわれなので。ここまで言えば普通は解ると思うんですけどねえ)
それに、「ネコ」って大きなくくりですが、その殺したにゃんこが他の「小動物」に危害を加えていたかどうかなんてその20歳無職はわかっているのだろうか。調べたのだろうか。
IDとかつけて判別していたのだろうか。

自分の勝手な考えで法を犯し、その上命まで奪っておいて「正義感」なんてのたまう人間、わたしには信じられません。

もしその動物のことが嫌いだったり許せなくても、攻撃する必要はないと思うのです。
見ない、近づかない、これが1番だと思うのですが、そう考えない人もいるようです。
嫌いなことにエネルギーを割けば自分も相手も疲れて損だと思うのですが。

殺されてしまった猫たちの冥福を祈ります。
痛かっただろうなあ…。ごめんね。
[PR]
by rinkomatsu | 2006-11-20 20:59 | 動物愛護。
命日。
おじいちゃんの命日でお寺へ。
朝から肩がおかしかったのですが、早稲田のとんかつ・すき焼き屋さん『はせがわ』へ行き(姉の旦那さんおすすめだがわたしには六本木にある旧とんか亭『かつや』のほうが美味しいと思えた)、吉祥寺の『DEUX LIMONS(ドゥ・リモンズ)』でケーキを食べた頃にはかなり痛くなっていた。

実家でのんびりした後はもう最悪で、恵比寿のマッサージ『東洋治療院』へ駆け込んだのだが鍼は予約がいっぱい。
とりあえずマッサージをしてもらって、明日の鍼予約をしてきた。

「肩のぎっくり腰」と言われたくらい、肩が上げられず、タクシーの振動でも痛い。
肩甲骨と背骨の間に、直径3cmくらいの錐を入れられているように痛い。
息が止まるし、深呼吸しても痛い。

命日にこれって…。
わたし、呪われたりしてる? って思うくらい、痛い…。
[PR]
by rinkomatsu | 2006-11-19 21:38 | 日々の生活。
浅草その2.

この間書いてからずいぶん経ちましたが、着物屋さんの踊り発表会で浅草へ行きました。
その後、わたしが愛してやまないラーメン店『あづま』へ。
http://g.pia.co.jp/front/contents/pdetvie/SH13629

いっつも「あれ」(1,300円)が気になっていたのだが、この間聞いてみたら
「おかずです」と。それ以上聞けなかった。ぐす。
お酒のつまみみたいな感じなんだろうか。
また想像は膨らむ…。

ここのラーメンはすんごくさっぱりしているのだ。
そして、ご主人が素敵。笑顔が素晴らしい+美味しいのだ。うふ。
お店はでいと向きではございませんが、美味しいもの好きの女の子と、またはいろんなレストラン行っちゃってるもんね、な子に変化球を投げたい時によござんす。
わたしはいつも「チャーシューメン」でございますが、「DXラーメン」がおすすめ、とみんな言いますね。


その後、「うずら」(人形焼の顔がなく、丸いもの)を買いに『紀文堂総本店』に。
おばあちゃんと旅行に行くと、ここの人形焼をよく買って来てくれたなあ、と懐かしくなった。

「その2」なんてしたくせに、内容はたいしたことないわあ、としみじみ。
気力低下中、です。
[PR]
by rinkomatsu | 2006-11-18 17:25 | 日々の生活。
デリバリー考。
※小松凛の経験・私見で書いておりますので、すべての方にこのようなことが起こるとは限りませんのでご容赦下さい。

わたしはよく出前をとる。
料理する時間が惜しい時や、宿酔いの時、勉強中など普通の人よりも多分、その回数は多い。
青山に住んでいるので、ベットタウンより出前の選択肢が多いように思うし、実際いろんなお店がある。そして、いろーんなお店といろーんな配達人がいる。

よくないのは『PIZZA SALVATORE CUOMO(ピッツア・サルヴァトーレ・クオモ)』。
必ず何かを忘れるか、すんごく遅い。
人の顔を見ないで商品を渡す人もここの人。
どこの人間か名乗らないのもここの人。
かっこいい子も多いが、だめな人も多い。
サラダのドレッシングを2回忘れ、近所に銀行がないのでカードで、と支払いを頼んでいたのに機械を忘れ、取りに行くこと2回。まったく…。
受け付ける人も「…」な人が多い。
ピザはすぐしわしわになっちゃうし、あんまり美味しくないのになあ。
雇う人をもっと絞ったほうがいいと思うのだが、ま、親会社があれだからなあ。

お弁当屋さんでいいのは『京香(きょうか)
以前出前を頼んだ際、1時間かかってもこないなあと電話してみたら忘れていたみたいで、「もういいです」と言ったのだけれど全部ただで届けてくれた。
お弁当でありながら、『めし処あいざわ』のレベル。
おすすめは「から揚げ弁当」です。

カレーハウスCoCo壱番屋』も美味しい。
青山からしか配達してもらったことがないが、ご飯も炊きたてだし手作りっぽい銀色のランドセルみたいな保温器に入れて持って来てくれるのも素敵なのだが、何よりみんな一生懸命な感じがするのだ。とっても丁寧な配達人さんが届けてくれる。

驚くほど態度が良いのが『RAJ MAHAL(ラージマハール)』。
英語でオーダーしたら、届いたかどうかの確認の電話まであった。
わたしは渋谷本店が好きなのだが、オーダーもそこで承っている。
持ち帰りでも、お店で食べても、デリバリーでもくれるのが、パリパリのおせんべいみたいなものにスパイシーなナッツがのっているもの。「パパール」かなあ。
あれ、美味しいんだよなあ…。
ほうれん草のカレー「サグチキン」がすーぱーお勧めです。

外人受けNo.1のピザ屋が『Pizzakaya(ピザカヤ)』。
New Yorkerの友達(男性)から教えてもらったのだが、ものによってはけっこうしょっぱい。
が、アメリカのピザ! という感じである。オーナーは外国人だし。
そもそも証券会社で働く外国人たちがお金を出し合って始めた店。
わたしはあまり好きではない…。

フライドチキンがとっても美味しいのが『Homework's』。
時間もかかるが待つだけの価値はある。ドラミもここのチキンが大好きで、届くや否や、みゃーみゃー言って走ってくる。
すごい肉汁なのだ。うふ。ケチャップをつけて食べるのだが、美味しいのだー。
ハニーマスタードでも美味しいだろうなあ。じゅる。

配達の人が悪いお店からは出前をとりたくありません。
某ピザ屋は、ドラミをずうっとなでていました。まず飼い主に許可を取ってから触れ!
ドラミはピザの匂いをくんくんするのに忙しくて気にしていなかったが、その人も忘れ物をしたのと態度が微妙でわたしは好きではありませんでした。
なるべくあそこからは取りたくない。
[PR]
by rinkomatsu | 2006-11-16 23:06 | レストランなど。
今日のドラミ。

b0012979_155844.jpg

お風呂に入っていたら、ドラミが自力でドアを開けて入って来ました。
隣には、家で履いている『Mukluk(マックラック。ムックルックという日本人もいる)』が。

この間、『Park Hyatt』で行われた『sisley(シスレー)』の新しい香水イベントでまんまと香水を買ったわたくし。
香水を付けるとドラミは「くっさーい」という顔をして逃げてゆくのですが、特にsisleyの新しい「SOIR DE LUNE(ソワ・ドゥ・リュンヌ)」のにはすごい反応。ほぼ天然香料なのよ! と言っても「むー」という顔で逃げてゆく。

でも、お風呂に入れている『クナイプ』などには平気なドラミ。
合成香料好きですか?

最近寒いのでなるべくお風呂に入るようにしていますが、1時間ほど入ってしまうので夜何もできなくなってしまいます…。
いいのか悪いのか。まあ、お肌にはいいだろうなあ。

写真は、たまたまお風呂に入る前携帯電話で話していて、お風呂場に置いたのを忘れてお湯に浸かってしまったために撮れた写真です。
[PR]
by rinkomatsu | 2006-11-16 01:18 | 猫。