<   2007年 10月 ( 14 )   > この月の画像一覧
いつが最後になるのかな。
『つぶろぐ』って更新カレンダーに反映されないのだ、と最近気がつきました。

後任の女の子(なんと同い年)と日々一緒に行動しています。
その後お茶をするのが楽しく。
実質的に10月でわたしのお仕事はおしまい。
明日はみんなに「辞める」と公表する前から怪しんでいた(らしい)別の部のオフィスの方と、名古屋出張中に「辞めるんです」と暴露した男性となぜか3人で飲みに行くことに。
場所はなぜか、西麻布のもつ鍋屋さん。

11月に入っても後任の方のサポートはしていくので、仕事から完璧に離れるというわけではないのですが。
いつが最終日かわからないので、最後の日のお菓子はいつ持って行けばいいのだろう、と考えています。

mamenoki』のロールケーキにしたいなあ。
むちゃくちゃ美味しいロールケーキなので、また食べたいのですが自分用だけに買うのはいくら大食いのわたくしでもちょっと。
やっぱり美味しいものはみんなで分かち合いたいものです。
[PR]
by rinkomatsu | 2007-10-30 02:06 | 日々の生活。
愛の形はいろいろだ。
今日の音。「YES」 "Close To The Edge"

約2年ぶりにドラミを動物病院へ連れて行きました。
理由は恥ずかしいのですが、血便が続いたためです。

ドラミが家に来た時からたまに血便をしていたのですが、元気だしとりあえず様子を見ようということでもう2年も経過。もう4歳になる彼女、そろそろ「人間ドッグ」的なことをしたいな、とも思っていたので踏み切りました。

大雨にもかかわらず病院は混んでいて、家に来た時から病気で今の動物病院を見つけるまでわたしと一緒に何軒も動物病院めぐりをしたためか、普通の子よりも病院嫌いな感を受けるドラミ。でも今日は落ち着いているかも、と思いきや、お尻に先生の指が入った途端威嚇、ひっかく、聞いたことのない声で鳴くなどさすがのドラミさんっぷりを大発揮。
先生もわたしもけっこうひっかかれました。

確かにお尻に指が入るなんてそういう趣味でもない限り嫌だと思うのですが、
「もうやだ」と強く思ったらしくお尻を洗ってもらう際もものすごい鳴きようで待合室にも聞こえる彼女の声。
他のにゃんこはおとなしく寝台に横たわっていたのに、何もされていないのにものすごい声のドラミ。教育が悪かったのでしょうか…。
確かに彼女は繊細な子で、話しを聞くに他のにゃんこよりもストレスに弱い気はあるな、と思っていたのですがここまであの病院で嫌がったのが初めてで、こちらもびっくり。
診察が終わって30分以上経っても全身で息をする彼女。
ごめんね、でも腫瘍ができている可能性があるから今度は内視鏡なんだよ…。

代々猫を飼っている同居の彼は「うちの猫も嫌がるけど、あそこまで抵抗しないし鳴かないよ。諦めるもん。ドラミはすごい」とやや呆れ顔。
ごめんね、ドラミ。でも病気をする前に発見したいし、あなたには長生きしてほしいのよ…。
ごめんよおお、とドラミの叫び声がするたび泣きそうになるわたし。
今はPCの横ですやすや眠っておりますが、今日の夜から整腸剤を飲ませて様子を見なくてはなりません。

こちらのエゴまたはドラミには理解できない形の愛vs家でのんびりしたいドラミ。
言葉が通じたらいいのになあ、と思います。

よく頑張ってくれたので、今日は甘やかしdayに設定。
なるべくお部屋に暖かい場所を増やして、ごはんにかつおぶしを加えたりおやつを多くあげるなどしていたらすっかり機嫌が直ったようです。
でもお薬ちゃんと飲んでね。
[PR]
by rinkomatsu | 2007-10-27 19:36 | 猫。
あなたはわたしに気づかない。
今日の音。「YELLOWCARD」 "SHADOWS AND REGRETS"

アメリカにいる時みんなに薦められたのが、某SNS。
かなり有名なところのものなのだが、そこに実はMr. Texasも登録している。
有名ゆえ、ネットナンパも多いそこのSNS。
今日も全く知らない人がわたしをお友達リストに加えていたので「そんな人知ってたっけ?」とチェックしたついで、彼をチェックしてみたら子供の頃のものに写真が変わっていた。
わたしは恥ずかしいので、まだ彼を「お友達リスト」に加えていない。
そのため小さいサイズでしか彼の子供の頃の写真が見られないのだが、あの人から薦められたそのSNS。ちなみに寮のDeanからも薦められた。
あんまり連絡がないのに友達リストに加えるのも…と今まで何もしていない。
友達リストに加わると、その人が写真を変えただとかその人と誰がやりとりをしているだとかがわかってしまうのだ。
彼の前の彼女とか、今誰と仲良しとか知りたくないもん。
わたしはそれほどまでに彼のことを知らないから、ちょっと情報が入ったら妬かなくてもいいやきもちが生まれてしまいそうで。

好きだったら連絡する、好きだったら調べる、などと友達の男の子は言う。
確かにそうだと思う。
だからわたしは顔写真をSNSに載せ(そのSNSで顔を出すのはかなり一般的)彼から連絡が来るのを待っているのだが、来ない。ぐす。

彼は来年、本当に日本に来るのかなあ。
わたしの恋愛は今からっぽ状態で、たまにMr. Texasのことを思い出してにっこりする、という枯れ具合。女子・29歳としていいのだろうか。
好きな人からは連絡がなく、そうでない人からは連絡があるという矛盾。
効率よくいきたいもんです。

「ベージュ 東京」の上で開催されたシガーカクテルパーティでお酒を頂き、東京タワーや銀座からの夜景を見た後○イタブリアというもろデートコースだった本日。
そのお相手とは恋人同士ではないので、相手には失礼だけれどMr. Texasだったらいいなあ、なんてしつこく思ってしまったわたくし。
本当に枯れています。
[PR]
by rinkomatsu | 2007-10-24 23:46 | 日々の生活。
今気がつくこと。
○×イタブリア
昔「1、2を争うくらい」(お店の方談)通っていたお店。
アメリカから帰って来て、久々に行ったのだがやっぱり美味しかった…。
昔はスタッフをみんな知っていたのだが、今は主な人しかわからなくなった。
よく座っていたブース席から窓の外の緑が見えた。
このお店ってとても美しいお店だったんだ、と今更ながら気がついた。

○新宿。
わたしは合コンに行ったことがないのだが、昨日初めて「合コン」っぽい席へ参加。
系列の女の子と、1度一緒に仕事をしたサブカル系で有名な会社にお勤めの方と、その同僚の方。
高校時代からお店の前を通るたび、大きなえびが焼かれているのを見て「行きたい」と思っていた居酒屋さんへ。

好きな人の話しから仕事、人生(?)まで語り合うメロウな会。
テレビや雑誌などから伝え聞く合コンは、むちゃくちゃ盛り上がるものだと思っていたのだが、けっこうしんみり。
「合コンみたいですね」と言ったら笑いながら「違うんですか?」と言われた。
しかし。
1人=子持ち。2人=彼氏持ち。1人のみsingleという状況。絶対合コンじゃないぜ。

24時過ぎ、タクシーで帰ろうと思っていたのだが会話が楽しくてみんなと一緒に新宿駅に向かいながら周りを見た。
急いで駅の方角へ向かう女の子、駅から歌舞伎町方面へ歩いてくる男の子たち、お客を捕まえようとするホスト。
高校生の時からあまり変わっていない気がするけれど、あの時と同じ気持ちでこの道を歩くことはもうないんだな、とひそかに涙ぐんでしまった。

原宿で降りて、少し歩いたのだが冷える夜は郷愁にひたるのにぴったりだった。
これからどうしたいのか、どうなるのか。今まで何をしてきたのか。

近所のバーで1杯お酒を飲んでから家に帰った。

寒い季節は、色々なことを考える。
[PR]
by rinkomatsu | 2007-10-23 23:09 | 日々の生活。
さようならThe Oak Door。
昨日久しぶりにエドワード(仮名)と彼と焼き鳥『鳥長』へ。
隣に「女に子供堕ろさせた」「子供に会いに行ったら『また来てね』って言われて超ショック」「小さい証券会社の奴らは頭が悪い」「○勢丹に営業行ったら超高飛車」など大きな声でのたまう男どもがいて
「六本木だわ…」と遠い目。焼き鳥は美味しかったのだけれども。

その後「火曜日だから大丈夫だろ」とThe Oak Doorに向かったのだが、すごいことになっていた。

以前よりも客層が明らかに悪くなり、灰皿がないのに煙草を吸い床に落とすイギリス人男と若い女の子。大騒ぎする外人、飲み物も頼まずナンパ待ちをする日本人女子。
どうしちゃったのだ。

いくらスタッフが良くてもお客があれでは。
どうしてもThe Oak Doorに行かなければならない時は、外のテーブル席かレストランのテーブルにお酒を持ってきてもらうのが賢いなあ、と思った。
エドワードも「もうThe Oak Doorは死んだね…」と唖然。
場所もよくて天井が高く雰囲気の良いバーって見つけるのは大変。
好きだったわたしには悲しい現象なのだが、The Ritz Carltonのバーなんて問題外だし六本木という場所も問題なのかも。
あまり飲みに行きませんが、落ち着いてぼうっとできるお店の1つはあそこだったので残念。
良いバーを探さなくては。
[PR]
by rinkomatsu | 2007-10-17 22:11 | レストランなど。
みえるひと。
のところへまた行ってきました。
「大吉方」という神様へのお願い事をまた、行うためです。

みえるひとは今後のことなどについて書かれた紙をくれるのですが、いろいろうれしいことが書かれていて「がんばろ」と思っていたところに
「今年受けてたら受かってたかもね」とみえるひと。
「今年はぎりぎりな感じだなあ」う。
「でもそれで受かればいいじゃない。どっちか受かるでしょう」というみえるひと。
実は司法試験以外にも1つ試験を受けるのです。
どうなるでしょう…。

何はともあれ、10月いっぱいできっちり辞める、ということを明日社長に伝えます。
お給料未払いは「いくらうっかりとはいえ、そういううっかりってありえない」と友人・先輩は皆言います。そうよね…。
11月からは勉強に専念。
そして自炊にも力を入れます。
やっぱり食べ物から得られる活力って大事だと思うのです。
今日はポトフを作りました。
食べながら『NHK』で『ワルキューレ』を観てドミンゴの上手さに涙するわたくし。
何だか秋だなあ、と感じてしまいました。
今日も勉強頑張ります。
[PR]
by rinkomatsu | 2007-10-15 23:15 | 日々の生活。
名古屋出張。
名古屋へ出張してきました。
b0012979_023595.jpg

右側のビルは建設中の『モード学園』、左は『ミッドランドスクエア』です。
b0012979_0234918.jpg

関連会社の方たちと交流、2次会は『台湾ラーメン』(写真。まるまる1杯食べちゃうと次の日はにんにく臭が抜けないらしい)が有名な中華料理『味仙』へ。
3次会まであってホテルに帰ったのは3時以降。
次の日もいろいろあり、お仕事が終わってせんぱいに会いに大阪へ。

初めて神戸に連れて行って頂き、『六麓荘(ろくろくそう)』という「ものすごい家が建っている」街へ。
おうちを見るのが好きなわたしは大興奮で、しかもそのおうちの住人と見られる方が玄関口で誰かと話しているのを「ああいう人が住んでいるのか」としげしげ見たり、あの丸い懐かしい形のポストや公衆電話が存在していることでも不思議に納得。
なんだかハワイに住む友人Jack(Jack Johnson似)が住む高級住宅街のようでした。

ばたばたと東京へ帰ったのですが、京都から新宿のキャバクラで働く女子2人が隣に乗車(彼女たちの会話から)。
ぼうっとしていたわたしの隣でお菓子を食べ散らかし自分の写真入り仕事用名刺の出来をチェック、車内でお化粧を直し名古屋で下車、「どーでもいい面子でしょ」と言っていた合コンへ向かっていきました。
ああいう子たちってまだ存在するんだ、とびっくり。
香水をたっぷりつけお化粧もばっちり。ほとんどすっぴんであったわたくしとはものすごいコントラストであったことでしょう…。

関西で不思議だったのは、みんなブーティ(アンクルブーツ)をしげしげ見ていたこと。
関連会社の人も「関西ではあまりブーティを見ない」と言っていたのですが、何でだろう。
前回みんなで集合した時Tシャツにジーンズで「小松さんの仕事っぽくない」と言われてしまったので、今回は『United Arrows』のタキシードジャケットに『GAP』の白いTシャツ(やっぱりTシャツ)、『FARAONE MENNELLA by R.F.M.A.S.』ゴールドのロングネックレスに『Giorgio Armani』の黒いフレアのミニ、『Prada』のスエードブーティという装いだったのですが、今度は「銀座のママみたい」と東京の会社ではない方に言われてしまいました。
イメージとしては銀座で働く宝石会社女性仕事帰りにレセプション出席、という感じだったのですが…。

これで一段落、のはずです。
お給料が2か月分未払いなので、10月できっちり辞めさせていただきます、と明日ボスに伝えるつもりです。
がんばらないと。

○黒川紀章、亡くなりましたね。『つぶろぐ』につぶやいたのですが、9月頃同じ和食店の隣の席になぞの女性といらっしゃいました。
ほとんど会話のない食事後、おもむろにヘリコプターのカタログを見ていた彼。
生きる気まんまんに見受けられたのですが。。。
ご冥福をお祈りいたします。
[PR]
by rinkomatsu | 2007-10-15 00:28 | 旅。
ぱらっと。
b0012979_038482.jpg

最近22時過ぎに帰宅して朝寝る、という生活だったのでドラミがすんごい甘えっこに変身。
勉強部屋にある『DELL』の妙に画面の大きいデスクトップ(何インチか知らない…)を使っていたらキーを叩く腕の上に乗る始末。かわいいのですけれども、どうしたのさドラミさん。

今日はお仕事でやんちゃな男の人にたくさん会いました。
伝統のあるおうちで育った人には特有の「におい」があるのですが、そういう意味でサラブレッドの彼らにはその香りがぷんぷん。
初対面の人に対する人懐さとか振る舞いとか、なんだかとってもわたしの好きな感じで仕事ながら楽しい時間を過ごしました。

女の子の構い方もよい意味で慣れている彼ら。わたしはある程度の人数の男の人たちが一緒になって冗談を言ったり普通の会話をしているのを聞くのが好きです。

たっぷり楽しそうな男性を見た今日、明日への元気をもらいました。
怒涛の週末は明後日でやっと終了。がんばります。
[PR]
by rinkomatsu | 2007-10-12 00:49 | 日々の生活。
心を亡くすと書いて忙しいと読む。
今日の音。「Lifehouse」 "First Time"

家に、頂いた『クリスピー・クリーム・ドーナツ』のオリジナル・グレーズドが12個あるのですが、夜食にする元気もありません…。
b0012979_0431258.jpg
本日は1日仕事で外出。明日も外出。そして金曜日は出張(このお仕事で初。うふ)。
今日は30分くらいしか勉強ができません。大丈夫なのだろうか…。

こうやって働いていると、薄給ぶりも悲しくなるのですが時間がないことにがっかりします。
後任もまだ決まっておりません。ぐす。

しかし今日オフィスに戻ったらわたしの仕事の業績がものすごく上がっている、と報告を受けみんなからほめられました。
何やら数字が倍くらい上がったようなのですが、お給料に跳ね返りませんから。はは。
でも業績が上がったのはうれしいです。

こうやってちょっとずつ目の前ににんじんをぶら下げられて走ってしまうのがわたしみたいな人なんだろうな、と思いました。

なんだか今年いっぱいこの仕事を続けることになるような気がします…。
[PR]
by rinkomatsu | 2007-10-11 00:46 | 日々の生活。
TV漬けの日々。
模試などがあるのですが、普段あまり見ないテレビ画面にはりついています。
それはこの2つのせい。

○24。
アメリカに行く前『iTunes』でダウンロードしていた『24』のseason 5をやっと観ています。
『JIL SANDER(ジル サンダー)』のお姉さんから今日本のテレビでもやっていると聞き、同じくらいのところを観ているので2人で「○○が黒幕では」などと言いつつまだわたしは半分しか観ていません…。
アメリカではseason 7が1月からオンエア。
いつまで続くのだろう。
24はわたしにとって、ものすごくアグレッシブな暇つぶしです。

○Chuck。
b0012979_1533223.jpg

New Yorkにいた時に始まったNBCのドラマ『Chuck(チャック)』。
コンピューターおたくが大学時代の友人から送られて来た国家機密ファイルを見たことで彼の頭の中にすべてのデータなどが入ってしまい、アメリカのシークレットエージェンシーとなる、というお話し。
まだ2話しかダウンロードできないのですが、Chuck役のZachary Leviがかわいい。
ちなみにChuckに近づくCIAのエージェントYvonne Strzechowskiもかわいくて目の保養になります。

上の2つは積極的に観ているのですが、超暇つぶし要員は
○gossip girl。
アメリカで大ヒットした本『gossip girl(ゴシップガール)』がCWでドラマに。
freeだったのでpilotをダウンロードしたのだけれど、まだ観ていない。
New Yorkのpark avenue princess(親が莫大なお金持ちでPark Aveに住んでいる女の子)の生活を書いていて日本語訳も出ているのですが、映画にもなるらしい。
お金持ちの世界系の話しってヒットするのは何故だろう。『有閑倶楽部』や『花より男子』(ちょっと傾向は違うけど)しかり。日本版のgossip girl的なお話しが出れば売れるのであろうか…。
[PR]
by rinkomatsu | 2007-10-09 15:54 | 日々の生活。