<   2007年 11月 ( 20 )   > この月の画像一覧
生存確認。
今日の音。「Journey」 "Any Way You Want It"

京都氏のことが心配だったので、2日熟考した後彼の友人であるドンさま(ドン・ジョンソン似だとわたしは思う)の会社へ電話。
京都さんの会社へは電話できないし、プライベートのメイルも返ってこない。
今はお友達だけれど、わたしのような立場だった人間は彼に何かあっても知るのは最後の最後。

意を決した電話に快く対応してくれたドンさま。
「生きてるよ」と言って下さり、泣きそうになりました。
ただ、ドンさまにも最近連絡を取っていないらしい…。

わたしと京都氏のことをリアルタイムで知っているのは火鉢くん(親友)なので、忙しいのを知りつつ電話したのだが打ち合わせ中とのこと。
出張から戻った新人さんと18時30分からオフィスで会わなければ行けなかったのだけれど、どうしても行く気になれなくて骨董通りの『Starbucks Coffee』で音楽を聴きながら1時間ほどぼうっとしてしまった。

誰かにただこの話しを聞いてほしかったのだけれど、誰もいない。
年上のお友達にメイルを送りかけ読み返し、取りとめがなさすぎる内容で送れないなあ、わたしは何を伝えたいんだろう、とため息。

ただ無事で、まっすぐ前を見ていてほしい。
元気になったら連絡をくれればいいなあ、と思う。
[PR]
by rinkomatsu | 2007-11-29 14:42 | 日々の生活。
おとこをみるめ。
今日の音。「Oasis」 "whatever"

があんまりないぜ、とまた気がついたので、ちょっとうじうじしながら「みえるひと」のところへ。
さんざん日本酒を飲んだのですが、夜ご飯を食べておらず誰か捕まえようと友人に電話しても繋がらなかったり。出てくれた友人に『一蘭』の場所を聞き、1人で入店。この時点でわたしもう枯れてるわ、と思ったのですが博多で京都氏と食べた一蘭の味を思い出し、ふうふうしながらぼけっと酔った頭でいろいろ考えました。

朝起きたら顔がむくんでいて1人爆笑。
昨日は何年かぶりに煙草も吸っちゃったし、1人ラーメンしちゃったし、わたし意外とダメージ受けてる、と気がつきました。

また1つ気になることがあって。
京都氏と約1ヶ月ほど全く連絡が取れないので、迷惑を承知で京都氏友人の某代理店社長にお電話してみようと思っているのですが、心に浮かぶのは最悪の事態。
大丈夫かなあ、と空を見上げたらこれまたどよーんとしていてびっくりしました。

お洒落してがんばろ。
[PR]
by rinkomatsu | 2007-11-27 12:12 | 日々の生活。
かんがえごと。
今日の音。「Nelly Furtago」 "Powerless (Say what you want)"

「予定」だと思っていたものが予定ではなかったようなので、お昼ごはんを久しぶりにグランドハイアットの『旬房』で摂りました。
3連休最終日だったため、ほとんどお客さんはおらず。

同居の彼が伊勢えびのお刺身を注文したのですが、伊勢えびがまだ動いていてびっくり。
たまに和食店がする、こういうことってわたしには理解できないのです。
伊勢えびはまだ生きたまま、自分のお肉がヒトに食べられるのを見ているのだ! と気がつき真っ青になってしまったわたしを見かねて彼は頭を下げてもらったのですが、俗に言う「踊り食い」は味も落ちるしその生き物に対して敬意を払っていないと思うんですよね。

仏教で言う「業」は理解しているつもりですが、他の生き物から命を貰って生きていかねばならないわたしたち人間は、もうちょっとそのことに対して敬意を払ってもいいのでは、とぼんやり思いました。
b0012979_0493081.jpg

そんなお昼ごはんの後、六本木ヒルズの紅葉を少し見て家へ。
上の階のルーフバルコニーから空を眺めてぼうっと音楽を聴きました。
最近音楽がないと何もできないわたし。
『iPod』のplaylistをほぼ毎日変えて音楽を聴いているという音楽業界の方のような状態。
徐々に色を変える空や六本木ヒルズ、東京タワーや新宿のドコモタワーなどを見ながら音楽を聴くのは心の整理に最適でした。

自分の決断がいいことなのかわからないのですが、最近の教訓から「ん?」と思ったら1歩退いてみる、ということをしています。
そして、考えてわかったのは自分の弱さ。
あんなに身軽だった10代の頃って嘘みたいだ。
20代、それもあと1年で30代突入という微妙な年にしてやっと、いろいろ邪魔なものがこの身体にくっついていることを実感しました。
習慣とか、期待とか、過去とか。

写真は日曜日の夕方、青にピンク色が少しずつ混ざっていった空の色です。
ごろんと横になって渋谷方面を見たり、六本木や赤坂方面を見たりしながら好きな音楽とともに空の変化を楽しめるなんて贅沢だなあ、と思いました。
楽天家な自分でよかった、とも感じて失笑したり。
空を見ていると自分の悩みやつらいことなんて本当に取るに足らないものなのだと実感し、だったらもっと頑張ろうと意欲が湧いてくるのが好きです。

ぼうっとした約2時間の間、渋谷方面の空に光る物体を発見。
じいっと見ていたのですが、消えたり出現したりする。
眼鏡なしだと映画の字幕を読み間違えるわたしの視力も怪しいのですが、明らかに消えたり出現したりしていたあの光は一体…。

こういうことに気がつくということは、まだまだ大丈夫だということです。ほ。
[PR]
by rinkomatsu | 2007-11-26 00:59 | 日々の生活。
諏訪大社。
b0012979_1564016.jpg

へ、また。
七五三で賑わっておりました。

大河ドラマの影響もあり、最近おまいりする人が増えているのだそうです。

諏訪はやっぱり寒かった…。

マフラーを忘れ、セーターを前後ろに着用、降りる駅を買い間違えていただめだめ小旅行でした。

写真は、諏訪大社へ行くと必ず行く温泉のお宿にいる鳥。毎回行くと近くまで来てくれるので、勝手に友達だと思っていますが種類が謎。噂では女の子らしい…。
[PR]
by rinkomatsu | 2007-11-24 15:06
ありがとうございました。
今日の音。「Mew」 "Am I Wry? No"

うれしかったんだけど、楽しかったんだけど。
一応一緒に住んでいる人がいる身のわたしは人を好きになってはいけないんだなあ、と当たり前のことを実感しました。

好きな人を悲しませたくない、しかもそれがわたしのせいというならなおさら。

好意を抱く人に「もう会わないほうがいいと思います」と連絡をするのは当たり前だけれど、つらい。
それからメイルが返ってこない。当たり前だ。

わたしはその人の電話番号を一応知っているけれど、今まで電話をしたことがない。
向こうからもかかってきたことがない。
連絡はいつもメイルで、だった。
だから、自分の主義ではないのだけれどメイルで意思を伝えた。

29になるまでに、いろいろなことを抱え込んでしまったなあ、と三日月を見て思った。
小さな意思が大きな負荷を伴ったり、そんなに重くないと思っていたものが1人で動かせないほど重量を増していたり。
自分の意思だけでは済まないほどのしがらみがあったり。

でもそれらも、いつかほどけて身軽になるのだと思いたい。

これからもっと活躍するであろうその人。一緒に過ごせて楽しかった。
いろんな感情を呼び起こして、いろんな感情を思い出させてくれました。
でもそれはとっても単純な「好きな人と一緒にいるのは楽しい」ということなのだけれど。
[PR]
by rinkomatsu | 2007-11-21 01:39 | 日々の生活。
ねむ。
今日の音。「THE LAST GOODNIGHT」 "PICTURES OF YOU"

ねむ。
あまり寝ていません。
それなのに元気なのは心が満足だからでしょうか。

おじいちゃんの命日だったのですが、お墓参りに行けず。
明日早起きして行く予定です。
起きられるかな…。

ミシュランの星、発表になりましたね。
8店舗の3つ星に銀座の「小十」、「ロオジエ」、「すきや橋 次郎」などが入っていますが、全体的なセレクトには「?」です。
5人の調査員が調査をしたそうですが、外人が好きなレストランとやはりフランスびいきなところがあるなあ、と思いました。「それがミシュランway」と言われればそれまでなのですけれども、「ひらまつ」系列が多く星を獲得したのには本当にびっくり。それに「シェ・松尾」でさえ星get。リッツ・カールトン東京の「ひのきざか」(けやき坂=グランドハイアット東京でした。こちらも1つ星get。失礼いたしました)には絶句。
「タテル・ヨシノ」はわかりますが、和食系などはちょっとセンス悪いんじゃないの? と悪態をついてしまいました。

ドラミは今日1日入院中。一緒に眠れず寂しいので、New Yorkの『FAO』で昔買った、『Steiff(シュタイフ)』のこぶたと寝ます。
おやすみなさい。
[PR]
by rinkomatsu | 2007-11-19 22:28 | 日々の生活。
Curiosity killed the cat.
今日の音。「Giuseppe Verdi」 "La Traviata"
Sutherland ・Pavarotti・Manuguerra
"Un di felice, eterea (Alfredo)"

習慣化してしまったものが突然なくなると、悲しくなる。
いつも送られてきたメイル、電話、たとえばおやつ。

最近不思議な出会いをした人がいて、メイル交換が楽しかったのだが出会い方が出会い方だっただけに友人は反発しており、おそばを食べすぎ具合が悪いというわたしに「食べすぎと飲みすぎとリリー(仮名。出会った人)だけはやめとけよ」と言う始末。

本当はその彼がどういう気持ちかわからないのだが、その人からのメイルは新鮮なものだった。
彼がわたしに言う情熱的な言葉がどこまで本当なのか、気持ちの出所はどこなのかを知りたいと思っているのだけれど、知って何になるのだろうとも思っている。
出会ってすぐなのに、何も知らないくせに「付き合おう」と軽々しく口にする魂胆が知りたい。
しかし、「知りたい」と思わせた時点でその彼の勝ちだなあ、とぼんやり思う。

知らないものは知りたくなる。

まだよく知らないけれど妙に心惹かれる人との夜遊びはとても楽しい。
まだ暗い朝のひんやりした通りを歩いて家路に着く途中の星空や、街のしんとした佇まいが一段と美しく見える。

メイルがこないといっても、Mr. Texasのように何週間という単位ではなくて半日程度の話し。
もう、負けは決定しているのだろうか。
[PR]
by rinkomatsu | 2007-11-14 23:55 | 日々の生活。
銀座。
仕事で行った銀座のクラブ、なぜか少し手伝うはめに。

久々の銀座、楽しかったです。

帰りには5年ぶりに「いけたに」のおそばを。
3種盛りの量が半端じゃなくなっていてびっくりしました…。
[PR]
by rinkomatsu | 2007-11-14 00:17
さむ。
寒すぎてごはんを作る材料を買いに行く気力もないです…。
でも腹ぺこ。ぐす。

ごろごろしているとドラミが身体の上に乗ってきます。
寒いのね…。
[PR]
by rinkomatsu | 2007-11-12 21:27 | 日々の生活。
香水。
今日の音。「Peter Gabriel」 "The Book of Love"

季節ごとに使う香水がある。
ほぼ1年中使っているのは『BVLGARI(ブルガリ)』のプール オム エクストレーム。むっとした夏でも使えるのでプール オム時代からもう10年も愛用しているのだが、秋や今日のような寒い日にふとつけたくなるのが『CK be』。

銀座時代、素敵なお客さんがつけていたのがこの香水。
え、男の人が? と思っていたのだけれど、少し甘めということ以外違和感がない。こっそり真似をしてもう何年も経つ。

ちょっと「濃い」日にしたい、と思ったら高校時代から使っている『The Body Shop(ボディショップ)』のホワイトムスク。香りでこんなに気分が高揚するんだ、と初めて知ったのがこれ。

先日CK beのボトルを手に取って「ああ、秋になったんだな」と気がついた。
秋の街、コートを羽織る瞬間に自分の好きな香りがするとうれしくなる。
身体が動いた瞬間、好きな香りが自分を包む喜び。
こんなちょっとしたことでもうれしいなあ、と思うのはMr. Texasから一言メイルがきていたからでしょうか。
[PR]
by rinkomatsu | 2007-11-11 02:32 | 日々の生活。